ローン審査が通らない理由を教えてくれないのですが

お金に困ってしまったのでローンの申し込みをしました。しかし、残念なことに審査に落ちてしまったのです。失意の中でその会社に理由を聞いてみたのですが、教えてくれませんでした。一般的にそういうものなのでしょうか?また、教えてくれない理由は何なのでしょうか?モヤモヤして仕方がありません。

公にしないという決まりがあるからです

審査に落ちてしまった理由を知りたい気持ちはわかるわ。理由がわかれば次の対策も立てやすいでしょうし、誰だって「何故なのか?」と思う物よね。けれど、プライバシーもあるし、大体の金融会社では落ちた理由を聞いても「答えられない」と言われてしまうのよ。教えてしまうと、それが利用者の有利にもなるし、審査基準を知ることにも通じるから、決まりとして教えられないことになっているわね。
(⇒ローン審査に落ちた人の特徴とは

業者側が答える理由として特に多いのが、「社内規定なので」ということよ。これは大抵マニュアルに沿っているから、社員はそのマニュアルを破るわけにもいかないし、教えてくれないというわけね。そう言った時は、しつこくせずにすぐに引き下がることよ。ただもし聞くとすれば、怒ったりせずに穏やかに接すれば、聞きだすことも全く不可能ではないわね。何にせよ、落ちた理由というものを全体として聞くというのは困難だし、自力で信じられる情報を集めて、受かれるようにしていくことが大事ね。

それに、理由がわからなくても推測することはできるわ。理由の一つとして挙げるとしたら、職業が関わってくるわね。アルバイトとかパートなどの非正規雇用の人だと通過できない可能性があるのよ。公務員とか会社員などは安定した収入が見込めるから、通過する率も高くなるわ。あとは、他社借り入れがないかということも大事な点になってくるわね。他から多くの借金をしていたら、返済も大変になるから審査では落とされる可能性が高いということになるのよ。

一概には言えないけれど、固定電話がご自宅にあるかどうかもポイントになるし、あなたがどんな生活をしているかも問われるわけなの。そして些細なことで審査に落ちてしまうということもあり得るということなのね。あと、さらに言うならば、今までに金融会社などから借金をしたことがない人も審査に通過できないということもないとは言えないわね。借金をしたことがないと、お金のやりくりをきちんとしているように感じないかしら。

けれどね、借金を一度すれば信用情報機関に借金の情報が登録されるわけだけど、借金の履歴がないと返済の記録も残っていないということよね。つまり、新に申し込んだ人が本当に返せるのか、返済の実績もないから、かえって疑問を持たれてしまうというわけなのよ。こう言う時は、事前にクレジットカードを作って信用情報機関に載せてからローンを申し込むといいわね。ローンに落ちた理由は教えてはもらえないけれど、信用できる情報を掴んで再度挑戦してみてね。

【参考ページはこちら】
ローン審査に通らなくてもカードローンで代用できる?

ローン審査が通らない理由は教えてくれないがキャッシングは味方

大手の会社に就職していても、何がきっかけで倒産の危機を迎えるかわからない現在の世の中です。2008年にはリーマンショックの影響で実際に多くの企業がリストラを余儀なくさせられる事態にも陥りました。近年その状態からは上向いては来ましたが、何かの不祥事がみつかったり世の中の流れから、たちまち売り上げが悪くなり危機を迎えるということがいくら大手の企業でも起こりうるのです。だから毎月の給料で余裕で生活ができると思っていても、いつどうなるかわからないのです。

また毎月安定した収入があっても個人的に大きな病気やけがなどで急なお金が必要になるときや、子供の高額な入学金など締め切り日までに準備することが難しい時、冠婚葬祭が続いて生活費が足りなくなるとき、思わず賭け事に手を出して出費が増えてしまった時など、いつどんなことでお金に困ることがあるかもしれません。

そのように自分ではどうにもできなくなった時には誰に、どこに頼っていけばいいのでしょうか。
家族や親せき、友人などに相談をして借りることもできますが、「金の切れ目は縁の切れ目」といわれるように身近な人だからこそ借りにくいものです。

そこで、そのようなことを気にすることなくお金を借り入れることができるのが、消費者金融や銀行カードローンです。最近ではテレビコマーシャルでもよく見られますが、かつては、「高い利息でお金を借り入れ借金取りが押しかけて来て夜逃げや一家心中の恐れもある」というイメージでサラ金や闇金などといわれていたころとは違い、適切な利息で借り入れることができ借金取りなどが来ることはなくなってきました。

それは消費者金融に関しては貸金業法という法律で、消費者金融側も借り入れるほうも守られているからです。利息制限法で利息の上限が決められ、総量規制によって借り入れの限度額も定められました。借りいれ限度額は希望者の年収の3分の1までの額と決められ、それ以上の額は借り入れることができません。そのために生活苦になるくらい借金の返済に追われるという事態を招かずに済むのです。

その規則は借りる側にとっても安全な借り方で、貸金業の側にとっても返済が延滞されずに済むので借金取りに行かなくてもよくなり、どちらにとっても安心で安全な貸し借りができるということです。そのような理由で消費者金融は健全な貸金業ということで以前のような怖いイメージはなくなり、現在多くの方が利用しています。

一方銀行カードローンの方は貸金業法には当てはまらないのでそのような決まりはないのですが、も銀行ということで健全にお金の融資を行っているのです。借り入れ限度額は年収の3分の1までの額というものではなくて、各銀行が決めています。だから年収の3分の1の金額よりも多めに借り入れをしたいという人は銀行のカードローンに申し込んでみるとよいでしょう。

しかし消費者金融にしても銀行のカードローンにしても、返済能力がない人には貸すことができません。申し込み時にはまず年齢、年収、勤務先などの簡単な審査をし、それに通過すれば本審査に入ります。本当に安定した収入があるのかどうか、他の金融機関でも借金をしてきちんと返済できていないのではないか、申し込み時に申告する勤務先や年収のないように虚偽がないのかを確認する必要があるのです。それらの審査に通過して初めてお金を借りることができるのです。

審査の方法は各金融機関によって異なります。その方法は企業秘密でもあるのですが、申し込み時の申告内容の確認であることには間違いありません。申告した勤務先に実際に在籍しているのかどうかを確認するために申告した勤務先に電話をするという真さ方法をとっている金融機関もあります。その際には金融会社の名前は伏せて個人名で電話をするので勤務先に知られることはありません。

それらの審査方法できちんと確認をしたうえでお金を融資できるかどうかを決めるのですが、残念なことに借り入れが不可能となることもあります。その場合ローン審査が通らない理由は教えてくれないのです。たとえ聞いても教えてもらうことはできません。金融機関の審査方法を詳しく公開しないためでもあり個人のプライバシーに関わる問題でもあるからです。

しかし年齢や職業、年収、勤務先、他社でも借り入れなどをはじめに申告しているので、そのどれかの理由が借り入れ可能な条件に当てはまっていなかったということは自分でも考えることができます。

他の複数の金融機関から借り入れをしている場合や延滞経験がある場合は審査に落ちる理由とわかるのですが、中にはきちんと安定した収入があって今までどこにもお金を借り入れたことがないという場合にも審査で借り入れを見送らせる場合もあるのです。

それはクレジットカードも作ったことがないというような場合、過去のデーターが全くない状態なのできちんと返済ができる人かどうかの判断がつきにくいからです。だからどのような理由が審査に通過しないのかまったく見当がつかない時があることも事実です。

めでたく審査に通過した場合には即日でもお金を振り込んでもらうことができます。それでもいきなり多額のお金を借り入れることはできません。はじめのうちは少額から借り入れることができ、毎月返済をしてこそ信用され借入限度額も上がってくるのです。消費者金融などの貸金業における年収の3分の1までの額や銀行カードローンにおけるその銀行の限度額はあくまでも最終的な限度額なのです。毎月きちんと返済して信用度を高めていくことが大切になってくるのです。

このように借入には審査があるので申し込めば誰でも借り入れができるというものではないのですが、いざとなった時にお金を貸してもらえるところがあるということは心強いことです。もちろん日ごろからいざというときのためにお金をためておくことは大切です。

しかし貯金があっても曜日や時間の問題で貯金を下ろすことができない時もあります。そんなときでも対応してもらえる貸金業者があるのでそのような点でも安心です。また金融機関によっては初めての方に限りですが、一定期間内に返済すると無利息になるという特典があるところもあります。貯金が下ろせる時間になればさっさと返済することで、急場をしのげたということもあるでしょう。

消費者金融や銀行のカードローンでお金を借り入れたい時には急を要する場合も多いのです。するとあまり詳細を知らなかったり、他の金融機関と比較することができないまま近場で申し込んで後でもっとよい条件のところを見つけて後悔するということがないとも限りません。

「一定期間無利息」などの特典や「パートやアルバイトでも大丈夫」などの条件については各金融機関によって異なるので、もし借り入れをすることになったらこの金融会社で借り入れをしようということを日ごろから研究しておくことも必要なことです。一つのところに申し込んで審査に通らなかったら次に別のところと繰り返すと、ますます審査に通過しない条件を作ってしまうことにもなりかねないので、自分の条件に合っているところをあらかじめ知っておくことは大切なことです。

そしてお金を借り入れることができたからと、借り入れることが癖のようにならないように注意をすることも必要です。またj複数のところから借り入れをしていたら一つにまとめることをおススメします。利息は借入金額が少ないほど高く設定されます。複数個所の借り入れを一か所にまとめる借入金額は多くなるのでその分利息も低くなり毎月の返済額が少しでも減少されるのです。

また毎月の返済日もまちまちになるので一日にまとめた方が返済しやすいのです。これらのように工夫しながら少しでも返済が楽になる方法を考えるとよいでしょう。どうしたらよいかわからない場合には金融機関のスタッフや弁護士さんなどにも相談することもできるのです