おまとめローンの審査が通りやすい会社ってどこですか?

今おまとめローンを検討しています…C(仮名)と申します。おまとめローンを使うくらいなのでもうバレバレだと思いますが、借金返済が毎月たくさんありすぎてもういっぱいいっぱいです。借金をし始めた頃は有名企業に入社できて返済も楽勝だと思っていたのに、いきなり子会社に飛ばされて待遇も悪化してしまうなんて…。

というわけでおまとめローンにて借金を一つにして返済していきたいのですが、このおまとめローンの審査に通りやすい会社を探しています。昔ならともかく、今の私では審査が厳しいおまとめローンなんて組めないのが明白ですので…おまとめローンの審査も色んな金融業者によって違うみたいで、中にはまとめようとしてどこの審査にも通れず、破産してしまったなんて怖い知らせも聞いております…。

おまとめローンの審査に通りやすいところなら、もうこの際どこでも良いです。あ、もちろん闇金とかは勘弁してください…よろしくお願いいたします。

消費者金融のおまとめなら実は簡単かもしれません

大手企業には子会社がつきものではありますが、まさか子会社と親会社ではそこまで待遇が違うとは…私が勤めているのは中小企業なので、そういう話とかはさっぱりなのでびっくりです。Cさんがいつかは親元に戻れるようにお祈りいたします。

そして給与が良いうちに借金をして後から景気が悪くなって返せなくなる…というのは、非常に良くあるケースです。しかもそれで何の対策もできないと自己破産しなくてはならない可能性も出てきてしまい、今後の生活が大きく制約されます。そうならない為にもきちんとおまとめローンから検討されているというのは、非常に賢いと言える選択でしょう。是非とも応援したいところです。

おまとめローンと言えば、やっぱり検討されているのは銀行でしょうか?銀行は元々総量規制の対象外であり積極的におまとめを宣伝しているところも多いので、まずは銀行からと考えるのも当然かもしれません。しかし、実は消費者金融もおまとめローンを扱っているという事を忘れてはいけません。特に質問者さんみたいに、審査に通りやすいおまとめをしたいというのなら尚更ですね。
(⇒ローン審査に絶対通れる金融機関を教えて!

消費者金融というのは元々、銀行に比べて審査が通りやすいという事で有名です。ゆえに銀行よりも今回の場合では優先するのも当然という話ですが、もう一つ注目なのが『おまとめローンなら総量規制の対象外になる』という点です。これは消費者金融であっても適用されているルールですので、おまとめローンだからと消費者金融を選考外にする必要はありません。

消費者金融のおまとめローンというのは積極的に宣伝しているところは少ないですが、きちんとおまとめ専用プランを用意している会社も大手では多いので、そちらを調べてみてはいかがでしょうか?

おまとめローン審査通りやすい会社の見つけ方とは?

消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者や銀行が行っている個人向けの少額融資は、キャッシングと呼ばれており多くの人が利用している人気の高い商品です。担保や保証人、利用計画書等は不要であり、面倒な準備を行う必要はありません。

審査は、多くの金融業者が加盟しており、それらの利用履歴を保管している信用情報機関への照会が中心です。短時間で合否が判明するので、即日融資も期待できます。このために、今日中にお金が欲しいという緊急のケースにも対応する事が出来ます。

キャッシングは、20歳以上で安定した収入を得ている人を対象としています。アルバイトやパートタイムも対象に含まれており、これらで収入を得ている学生や主婦も利用可能です。幅広いスタイルの人に向けられている商品であり、生活に潤いを与える事を目的としています。
(⇒年金受給者もローン審査に通れる?

このように、魅力的な商品内容を持っているキャッシングですが、担保を必要とする商品と比べた場合には、高い金利が設定されています。これは、無担保で短時間審査を行っているというメリットの裏返しとなっている部分です。つまり、返済不能となった場合の保証がないにもかかわらず時間をかけての調査を行う事が出来ないからです。

業者側には貸し倒れのリスクが生まれてしまうので、出来る限り早い段階で元本を回収しなくてはならないという事情が生じます。このために、利用する側からすれば、返済の負担は大きくなるという事です。短い期間の利用に向いている内容と言えます。

ただし、このようなキャッシングのデメリットを解消できる商品も用意されています。それは、おまとめローンと呼ばれている借り換え目的の金融商品です。同じ金額の借り入れがある場合は、金利が低いほど加算される利息は少なくなり、返済総額も少額となります。

このように、有利な条件に変えるために、金利が低い商品から新たに借り入れを行い、金利が高い商品を完済するという方法が借り換えです。このような利用が可能となっている理由は、利息に関する法律である利息制限法の内容が関係しています。

利息制限法は、弱い立場にある借り手を保護するために施行された法律で、上限金利を設定しています。10万円未満の場合は20パーセント、10万円以上100万円未満は18パーセント、100万円以上は15パーセントです。キャッシングは、基本的にはこの範囲内で金利が設定されています。

つまり、元本が大きくなるほど金利は低くなるという事です。複数の業者から少額ずつの借り入れがある場合には、一本化する事により金利を大幅に減らす事が出来ます。例えば、5万円ずつ20社から借り入れがある場合は、20パーセントの金利が上限であるのに対して、一本化した場合は15パーセントが上限となります。

差し引きで5パーセント低くなるという事であり、1年間で利息は5万円少なくなるという事になります。実際には、さらに金利は大きく変動するので、返済額をかなり少なくする事が出来るようになります。しかも、おまとめローンは信用が悪化しないという事もメリットです。

キャッシングの返済が苦しくなった場合に、状況を改善するための方法として知られているのが、任意整理や自己破産、民事再生等の種類がある債務整理という手続きです。これらは、返済額や期間を有利な条件に変更してもらう事により負担を減らすという内容です。

任意整理の場合は、将来金利をカットして返済するので、全て元本に充てられる事になります。通常の返済よりも大幅に減額する事が可能です。さらに、自己破産の場合は、返済できる状況にはないという事を認められる事と引き換えに、その責務から免れるという方法です。このために、借金を完全にゼロにする事が出来るので、返済から解放される事になります。

ただし、債務整理を行った事は信用情報機関に記録されてしまい、削除されるまでの間はブラックリストに載っていると表現される状態となってしまいます。この期間は、ローンを組んだり新規の借り入れが出来なくなるので、現状を改善するためには非常に有効ですが、将来の生活に対しても悪影響を及ぼします。

これに対して、おまとめローンは借り入れ総額は変化しないので、信用が悪くなる事はありません。契約内容を有利な条件に変更してもらうのではなく、有利な条件を設定されている商品に変更するという内容だからです。逆に、信用が良化する可能性があります。同じ金額の借り入れがある場合は、業者数が少ないほど信頼度は高くなるからです。

ただし、逆に言うと信頼が高くなければ大きな金額を借り入れるのは難しいという事であり、通常のキャッシングよりも審査の難易度は高くなっています。このために、おまとめローン審査通りやすい会社を見つけるためには、工夫が必要となります。

おまとめローンは、キャッシング同様に多くの金融業者が取り扱いを行っています。その中で、おすすめなのが、消費者金融等の貸金業者が提供しているおまとめローンです。これらは、貸金業法に基づいた内容の商品であるという事がメリットとなっています。

貸金業法は、2006年に変更されており、2010年に完全施行しています。新たに加えられたのが、年収の3分の1以内に借り入れ総額は制限するという内容の総量規制という規則です。この規則は、安易な借り入れにより返済が困難となり、トラブルに見舞われるのを防止する事を目的としています。

つまり、利用する側を守るために施行された規則なので、有利な条件に変更する場合は例外事項に該当します。金利を低くする事により返済の負担を軽くするというおまとめローン等の借り換え目的の商品については、例外事項に該当するために、総量規制の対象からは外れています。

このために、年収の3分の1を超えた金額を利用する事が出来るという事です。総量規制オーバーにより、新規の借り入れ先を見つけられない様な人でも申し込む事が可能です。通常のキャッシング同様の手続きとなっているので、インターネットやフリーダイヤルから審査を受ける事が出来ます。

おまとめローンの審査も、基本的にはキャッシングと同様です。運転免許証やパスポート等の本人確認書類の用意が必要であり、短時間で結果が判明する事になります。ただし、注意しなくてはならないのは、あくまでも返済目的の商品であるという事です。

借り換えは、前の商品を完済する事が前提です。完済しない場合は、借り入れを増やしてしまう事になります。当然、毎月の返済額も大きくなるので、さらに困難な状況となります。目的を明確にした上で、商品内容と合致した利用を行わなくてはなりません。

また、おまとめローンとして提供されていない商品の中にも、同様の利用が可能なキャッシングもあります。特に、魅力的なのが、銀行が行っている商品です。銀行は貸金業者には分類されていない金融機関であり、総量規制の対象からははじめから外れています。このために、年収により借り入れが制限される事はありません。

銀行の商品は、貸金業者のキャッシングと比較すると数パーセント低い金利が設定されています。つまり、さらに低い金利に変更する事が可能になるという事です。このような条件で商品の提供を行えるのは、審査の難易度を高くしているからですが、通過しやすい内容のものも用意されています。

多くの地方銀行は、地域に根付いたサービスを行っています。このために、銀行の営業区域に住んでいる人や勤務地がある人に対しては、優先的に商品を提供しています。この様な事情があるために、地元にある地方銀行の商品は、狙い目という事になります。

このように、おまとめローンはいろいろな商品選択が可能であり、工夫次第では非常に有利な状況に変える事が出来ます。商品内容や設定条件等の多様な項目を十分検討する事により、適切な内容のものを見つけだす事につながります。

【参考ページはこちら】
おまとめローン審査は普通のローン審査と何が違う?