おまとめローン審査基準は普通のカードローンとどこか違うの?

私は消費者金融に借入が4件も有って毎月次々に4件の返済が入りお金を用意するのも大変ですが、返済日を忘れないようにするのも大変で、時々督促状を貰うことも有ります。これまではどうにか支払ってきましたが、今後もこれが続くと思うと気が滅入ってきますし、収入に変動が有ると返済できなくなってしまう可能性も有り、はっきり言ってビクビクしているような状態です。この状態を見かねたのか会社の上司がおまとめローンと言うものが有る事を教えてくれました。

調べてみると複数の借入を借り替えることによって一つにまとめることが出来るというものでした。まさに私にぴったりのローンなのですが、私の場合すでに4件も借りており、他のローンを申込んでももう審査に通ることは無いと言われています。このためおまとめローンも審査に通らないのではないかと心配です。そこでお聞きしたいのですが、おまとめローンの審査と普通のカードローンの審査ではどの様に違うのでしょうか。よろしくお願いいたします。

基本は両方とも同じで返済能力と信用情報の審査が行われます

通常のカードローンもおまとめローンも審査の基本は返済出来るのかどうかという点です。審査では返済能力と信用情報がチェックされるのも違いは有りません。しかもおまとめローンと言うのはあなたの様に多数のローンを一つに纏めて、返済が苦しくなった人を救済するために作られたものですから、他のカードローンの様にすでに沢山借りているから貸さないと言う性質のものではありません。そういう意味では審査は緩いという事になります。

ただしあなたが4件の借入をどの程度の金額で行っているか知りませんが、当然4件分をまとめた金額よりも個々の借入は小さい筈です。小額を借入する場合の審査と言うのはそれ程厳しくは有りませんが、金額が大きくなっていくと金融機関のリスクは大きくなりますから、それに伴って審査は厳しくなっていきます。したがっておまとめローンで大きな金額を借入する為にはそれだけ審査は厳しいと思ってください。ですから申込んでも必ず審査に通る保証はありません。

しかしあなたの場合、会社員である上にその4件の借り入れ以外には何らかの負債は無さそうですし、忘れる事によって督促状は貰うものの今のところ返済に困っているわけでもなさそうなのでそれ程厳しい審査にはならないのではないでしょうか。ですから利用するにしてもしないにしても一度現在の借入の契約書などを持って銀行に相談に行ってみてはいかがでしょう。おめとめローンで借り換えが出来れば返済は一件になって楽になるので迷う必要はないでしょう。
(⇒おまとめローン審査に受かるには?

ただし注意する点も有ります。月々の返済は一件になるので楽になるのですが、よく言われるように利息が減るかどうかはケースによって違います。一件に纏めたことによって返済期間は延びますから、その分利息を払い続けなければなりません。銀行ですから金利は今までよりも低くなるので、その分利息は減る計算になりますが、期間が延びることによって逆に利息が増えることになるので差引して減る人と増える人が出てくることになります。

おまとめローン審査基準と利用が可能な場合のメリット

ローンの利用が複数行われている状況には、おまとめローンが役立ちますから、利用を考える場合は審査基準を満たす事で、利用が行えメリットが得られます。おまとめローン審査基準は金融機関が決める条件で、内部で管理が行われますし、外部から知る方法はありませんから、入手出来る情報から探る事が役立ち、基準を満たす為の努力に役立ちます。

おまとめローンは複数のローンを一本化する事で、返済状況の把握と金利の条件を有利にしますし、返済の支出が複数あって把握が難しい場合にも、まとめて扱い管理する事が大切です。審査基準を満たす為には、返済能力が欠かせ無いので、まとめた後の状態を考える事により、おまとめローン審査通過の可能性が高められます。便利なおまとめローンも審査で認められなければ利用できませんから、過去の返済実績が認められる事が大切です。

遅延を発生させる事無く利用が行えていれば、金融機関からの評価が落ちる事はありませんし、融資の継続を困難にする条件は発生しませんから、新規のローンが必要な場合にも、不利な条件になる事は避けられます。条件を不利にするのは自らですから、信用を保つ返済の継続が、今後の利用に対して価値になる事によって、ローンの利便性を維持する事と金融機関からの信用の継続に繋がります。金融機関の立場になって考える事で、審査に必要な条件が見付かります。

おまとめローン審査基準は返済の能力と意思の確認に利用され、ローンの利用状況も確認されますし、全てのローンをまとめる事が可能な点が確認されて、最終的な審査の判断が行われます。ローンの利用金額を合計した結果が膨大であれば、おまとめローンの融資が認められる可能性は低くなりますし、金融機関から融資が断られる事になるので、利便性を得るチャンスは失われ、返済計画の見直しが必要になるので行う事が大切です。

ローンの合計金額が大き過ぎる場合は、おまとめローンの利用範囲に収まる返済を行う事で、再び審査を受けた場合は通過の可能性がありますし、メリットが得られる事に繋がりますから、諦めずに返済を続ける事が役立ちます。複数のローンで返済が行われていれば、毎月の支出は大きな負担になりますから、早めにおまとめローンへと切り替える事で、負担の軽減が効果として表れます。金融機関は顧客に対して利便性を提供する事で、結果として利益を実現しています。

利用価値が高ければ自然と利用者は増えますし、審査が甘く条件が優しければ、利用者は活用し易くなるので、金融機関の入り口は広く余裕があります。審査を通過する可能性が高ければ、利用価値は高まりますから、必要な場合に利用が行えますし、急な利用にも対応出来ます。顧客の評判が良い事は金融機関の評価に繋がりますから、宣伝効果を生み出す事によって、新規の顧客獲得へと結び付きます。

新規でローンの利用を開始する時は、利用の実績や返済の評価が行えませんから、収入と返済の確実性を確認する作業として、ローン審査が行われます。無職は審査の初期で弾かれますし、一般的な金融機関で認められる可能性は低いので、利用の実現は難しくなります。収入を得ていても不安定であれば同様ですし、リスクを抱える事に違いはありませんから、金融機関の融資対象外として、審査の段階で弾かれる状況になります。

パート収入やアルバイト労働でも、不安定な雇用状況は融資の対象外ですし、短期のアルバイトや日雇い労働は不安定ですから、収入源としての評価は低く判定されます。おまとめローンを利用する場合は、既にローンの融資で許可が行われていますから、おまとめローン審査基準の収入源確保の条件はクリアしていると考えられ、弾かれる場合は他の条件が問題になっています。ローンの利用開始後に収入源を失っていれば、返済は滞り始めますから、信頼関係は時間と共に失われ、おまとめローンの利用は難しくなります。

仕事が継続して行われていれば、おまとめローンの審査基準を満たす事は簡単ですから、利用の実現に近い存在ですし、金融機関の顧客として重要で価値を持ちます。優良な顧客を得る事は金融機関にも価値がありますし、返済が必ず行われれば利益が安定しますから、経営の安定性に役立ちますし、双方にとって価値が与えられます。無理なく利用を行えば返済は出来ますし、継続してメリットが得られます。

複数に分散するローンの利用は、条件が異なる事や把握の難しさを生み出し、数が増える程にローンの利点が失われるので、利用するローンを減らす事は得策です。一つのローンに専念して返済を行う事が出来れば、利用し易さは高まりますが、おまとめローン以外で実現する事は難しいので、審査で通過できなければ利用は出来ませんし、返済に必要な支払いの難しい状況は継続しますから、効率的な返済の利率を得る事や有利な状況を実現出来なくなります。

おまとめローン審査基準の基本にあるのは、ローンサービスの規模で対応出来る可能性ですから、ローンが複雑に利用されている状況では対応が難しく、断る以外の選択が難しい判断になります。ローンの利用目的は様々ですから、利用の開始段階では現実的な返済計画で活用されますが、ローンサービスが追加され支出が増加する事と共に、返済計画の変更や支出の見込みは変化しますし、順調な計画の進行が行われるとは限らないので、利用者の混乱に繋がります。

冷静に利用状況が把握されていれば、無理なローンの追加は行われませんし、冷静に判断する事は可能なので、複雑なローンの利用状況は回避されます。ローンの返済を難しくする事は、利用者にとっての不利になりますから、通常は避けられる事は一般的ですし、余裕を失うローンの利用は考えられなくなります。必要に迫られた場合の融資とは異なり、ローンは生活に余裕がある状況で利用される事が多くあります。

余裕を持って生活に豊かさをプラスするローンですが、余裕を維持出来るのは冷静に判断出来る状況に限られますし、ローン以外の支出が正確に把握されていなければ、混乱を発生させる原因になることで、複雑なローンの利用状況に結び付きます。審査に必要な余裕を失った状態ですし、融資を行う事を難しくしているので、融資が認められおまとめローンが実現出来たとしても、十分なおまとめローンの価値を活かす事は難しくなります。

毎月の支出を把握する計画性に加え、生活の余裕を生み出す努力と工夫を行う事により、ローンを複数利用する状況が発生したとしても、綺麗な状態を維持して余裕は保たれます。ローンの利用に対する姿勢が正しければ、金融機関の判断は行い易くなりますし、おまとめローンの利用に適した顧客として扱われる事により、ローンが本来持っている利点を更に効果的に活用出来ます。融資は求めに応じて行われますし、責任と能力に対して認められます。

厳しくないおまとめローン審査基準の金融機関でも、無理なローンの利用が確認されれば、注意の対象として把握されますし、ブラックに陥る可能性が考えられる事によって、顧客として認める事が難しくなります。リスクを回避する事は金融機関の行動で、通常の判断ですから、顧客の側もリスクを回避する利用を行う努力によって、正しい判断を行う事が出来ますし、ローンが利用出来なくなりメリットを失う状況を回避できて、新たな利便性も手にする事が出来ます。

おまとめローンを利用する場合は、利用に適した条件が満たされている事の証明が欠かせず、メリットを得て利用する顧客の計画性次第ですから、ローンの返済に限らず絶対を把握する事により、無理なく継続出来る事とおまとめローンの利点に近付けます。ローンが本来持つ価値や意味を理解する事や、忘れずにいる努力を行う事が、計画性となって表れますし、困難な状況を避ける事が出来るので、金融機関との関係実現に適した姿勢です。

【参考ページはこちら】
ダメ人間でもローン審査には通れる?