分割ローンの審査でも会社へ在籍確認があるのでしょうか…

私の趣味は仲間とのツーリングです。ツーリングと言うとバイクを想像しそうですが、私たちの場合は自転車でのツーリングです。社会人になってからというものの座り仕事なので体を動かす機会も無いという事で、特に休みの日などは各自愛車を持ち寄り、そしてツーリング用のコースをみんなで和気藹々と漕いで回っています。バイクほどでは無いかもしれませんが、風を感じる事ができるし、何より運動なので非常に健康的で充実しています。

なので次のツーリングも謳歌しよう…そう思っていた矢先に、酷い目に遭いました。何と私の自転車が盗難に遭ったのです。チェーンなども複数利用しての厳重な保護をしていたのにも関わらず、翌日には忽然と姿を消していまして…何でも外国からの自転車窃盗団?みたいなのが私の住んでいる地区に潜伏しているらしく、被害も甚大との事でした。外国人集団らしく、すでに外国に愛車が売られているかも…そう考えたら憂鬱でした。

しかし、ツーリングに行けないというのが一番堪えるので、新しい愛車を購入するしかありません。以前の愛車にも愛着がありましたが、幸い似たような型番で前々から目を付けていた車種があったのでそれにしようかと思っていたのですが、これが凄く高いです。でもローンを組めるという事ですし、他に贅沢品も購入していないしいいかなと考えたのですが、よく考えたらローン審査ってカードローン審査みたいな融資のものと同じなんですよね?

だとしたら、噂に聞く在籍確認というやつが私にも訪れるのでしょうか…会社への電話は出来るだけさけてもらたいというのが本音です。実際に分割ローンでもかかってくるものなのでしょうか?

買い物でのローンなら無い事も多いですよ

ツーリングですか、確かに良い趣味ですね。私の趣味はほとんどインドアなので、最近になってお腹が出てきたという実感があります…質問者さんを見習って、もっと体を動かす習慣を身につけた方が良いのかもしれませんね。自転車でのツーリング、参考にさせてもらいます。

自転車でも高級機となると結構なお値段ですし、ローンを組まないといけないっていうのは良くある悩みですね。そして今回は在籍確認についてですが、カードローン審査の場合は確かにこの在籍確認は欠かせません。担保も無い信用融資ならお金を返してもらえない事には利益になりませんから、仕事と収入の有無を確認するという意味では当然のことです。

ただ、今回は買い物での分割ローンを組まれるという事で、この心配というのはあまり無いかもしれません。というのも、買い物での分割ローンはその購入しようとしている物…今回で言えば自転車なのですが、こちらがすでに担保になっている状態です。

最悪返済が出来ない場合は自転車を差し押さえて損害の補填としますので、ある程度は金融業者としても安全な融資です。ゆえに、分割ローンでは行わないケースが多いです。私も10万くらいの物をローンで買った時、二回とも確認無しでした。

あまりにも高額すぎると在籍確認があったり保証人の設定をさせられたりしますが、お値段次第では特に問題が無い、と思って良さそうですよ。
(⇒どうしてローン審査は在籍確認が必要なの?

ローン審査の最終段階で行われる会社への在籍確認とは?

毎日の暮らしはたくさんの出費に始まり、出費に終わるもの。それこそ毎月の給料やボーナスだけでは全く足りず、時には銀行の定期預金を切り崩したりしながらやりくりしていくことが求められることも多いでしょう。

たとえば就職したての新入社員ならば初任給は様々な保険料や所得税なども差し引かれた上でバイト時代のそれさえも下回る額になることだって考えられますし、その上、人付き合いや接待などで飲み会や食事会は数多く開催されるので財布の中身は出て行く一方になることは避けられません。

しかしこれらの出費は社会人としてまさに儀礼ともいえるごく当たり前のもの。こうしたきっかけで人と人とが顔を合わせて関係性を紡ぐことによって将来の自分を支える糸口が生まれていくことは言うまでもありません。

それではこういったお金を捻出するにあたって、私たちはどのような手段を採ればよいのでしょうか。挙げられる選択肢はいくつかあるものの、たとえば親や兄弟にお金を借りたりなどすると、かえって親族に心配をかけることにもなりかねません。

また血のつながった者どうしの馴れ合いが災いして、ついつい返済が遅れてしまったり、お金の貸し借りが常態化してしまい徐々に関係性が悪化してしまうことも考えられます。これらは一人前の社会人としてはあるまじき行為。お金の必要な時に親や兄弟の助けなど借りずに、あくまで自己責任のもとで不足額を捻出できてこそ一人前の大人と言えるのではないでしょうか。

その意味でも、お金の不足時には消費者金融などを活用してスピーディーに借り入れ手続きを行うのが適切でしょう。たとえば、その代表格として圧倒的な支持を受けているのがカードローンやキャッシングといった手法です。

カードローンとはその名の通り、一枚のカードを活用した借り入れ方法で、事前手続きでカードを発行しておくことで、お金の必要時には近くのATMに駆けつけて機器操作することで簡単に融資が受けられます。

一方のキャッシングとは別名振り込みローンともいわれ、お金の必要性にあわせて申し込みを行うことで、この申請が許可されるとすぐに銀行の預金口座に一括振り込みが行われるという手法のことを指します。いずれも申し込み手続きが簡単で、審査も素早く、なおかつ融資スピードも迅速なところが人気の秘訣で、多くの利用者に愛用されています。

これらの借り入れを実施するにはネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送、ファックスなどを使って申し込みを行わなければなりません。スピーディーな対応を求めるのであれば日数のかかる郵送などではなく、スマートフォンやパソコンからのネット申請や、オペレーターを介した電話申請などが適しています。

また、カードローンの場合、専用カードを受け取らなければATMの使用ができませんので、店舗窓口や自動契約機を利用して手続きを行ってその場で審査結果を待ったり、あるいはネットや電話で申請して審査通過の連絡が届いてから店舗窓口や自動契約機に出向いてそこでカード発行を受けるなど、自らのシチュエーションに応じたやり方を選択することが必要です。

いずれにしても、これらの借り入れを行うには金融会社が定めたローン審査をクリアしなければなりません。その段階には主に3つのステージがあると考えて良いでしょう。まずは第一のステージとして挙げられるのが、申請内容をもとにした返済能力のチェックです。

申請時には必要事項として氏名、年齢、職業、勤務先、年収、勤続年数、現在の借り入れの有無などを記載しなければなりませんが、特にその中でも職業や年収などが厳しくチェックされ、希望融資額にふさわしいだけの収入があるのかどうかが精査されることとなります。もしもこの時点で条件にあわないと判断されれば残念ながら審査落ちということにもなりかねません。

第二のステージとして挙げられるのは信用機関への照会です。消費者金融ではそれぞれの金融会社が情報を持ち寄って設立された信用機関というものが存在し、そこで全ての借り入れ情報や借り入れ履歴などが保管されています。

消費者金融としてはローン審査の際に最も知りたいのは、申請者が過去にどのような借り入れを行ってきたかという情報で、もしも返済が滞って問題化していたり、あるいは自己破産などの法的手続きをとっていたりなどすると、その人はブラック扱いとなって審査通過が極めて難しい状態となります。

また、信用機関では現在の借金額も分かりますので、これらのトータルが貸金業法で定められた年収の3分の1という総量規制ラインを超えていないかどうかも簡単にチェックすることが可能です。もしもこのラインを超えて融資を行うと、その消費者金融は罰せられることになりますので、こうしたチェックは常に厳密に行われることとなるのです。

さらに信用機関には借り入れのみならず、申し込みを行った履歴も情報管理されているので、短期間に焦って様々な消費者金融に借金の申し込みを行って断られていたりなどすると、その切羽詰まった状況が一目瞭然となり、申し込みブラックとして処理されてしまいます。これもまた審査落ちする原因となりますので、申し込みの際には無闇やたらに行わずに、ひとつひとつ慎重に行うことが重要です。

さて、ここまでくるとローン審査もあともう一息です。最終段階として待っているのは、申請者が在籍する会社への確認の電話です。これは申し込み時に記載された勤務先情報に間違いがないかどうかの確認を行うもので、審査担当者が実際に平日の営業時間内に電話をかけ、その申し込み人物が本当にそこに在籍していて、なおかつ勤務実態があるかどうかを確かめることになります。

ただしこの場合、審査担当者は自分が金融会社の人間であるなどと明かすことはありません。あくまで個人名で連絡し、借金に関する話もいっさい行いませんので、電話に出た相手に借金に関係のある通話であることを悟られる心配もありません。その点においては申請者にとって安心と言えるでしょう。

いずれにしても、この在籍確認では電話に出た相手に対して申請者に代わってくれるように依頼し、その取り次ぎがうまく成されるかどうかでその大部分が決まります。もしも難なくスムーズに取り次ぎが行われればその時点で全ての審査過程はクリアできたと考えてまず間違いないでしょう。

しかしながら逆に、電話に出た相手が「そのような人は会社におりません」などといった反応を返すと、在籍確認が取れなかったとして審査落ちの原因となってしまいます。もしもそのようなケースが予測されるような場合には、事前に電話確認が取れない可能性があると報告した上で、審査担当者の判断を仰ぐとよいでしょう。

加えて、企業によっては外回りが多くて電話に出ることができなかったり、またデスクワークではなく作業中心の仕事ゆえに電話がかかってくること自体が不自然に受け取られる場合もあるでしょう。契約社員やアルバイト、パート、日雇いなどの職務形態であればそれは尚更です。(こちらもご参考に→ローン審査に通りやすい職業ランキング

普段は電話がかかってくることなど全くない人にそのような在籍確認の連絡があると、何らかの不審点として電話番号をチェックされて、借金関連の電話であることが判明してしまうようなことにもなりかねません。こうした事態を防ぐためにも、電話確認を避けたいと願う場合にはあらかじめ審査担当者にその旨を告げておくことが大切です。

このような場合、電話確認の代わりとして企業名が印字された給与明細書を提示したり、あるいはその他の保険証などの公的証明によってその企業に勤務していることを裏付けることで問題なくローン審査をクリアできる場合もあります。

こうして審査を終えると消費者金融側からメールや電話にて連絡が入りますので、正式な契約手続きに入ることが可能となります。キャッシングであればそれから数時間後には振り込みが受けられますし、カードローンであれば案内に従って自動契約機や店舗窓口へ赴いてカードを受け取ったり、あるいは受け取り方法として郵送を指定するのも可能です。

【参考ページはこちら】
在籍確認の電話で審査に通る・落ちるが決まる?