すでに借金あるのに車ローンの審査に通る?自信無いです…

すでに借金がある状態でも、車ローンの審査には通るのでしょうか…自信が無いです。

私は近々車の買い換えでローンを組む予定の者です。最初の車は安かったしその時は他に借金とかも一切無い状態だったので、簡単に車ローンを組む事ができました。しかし、今はちょっと理由があってカードローンにてお金を借りており、一括返済は難しいので毎月少しずつじっくりを返済を進めています。先に完済してから申し込むようにすれば良いのかもしれませんが、それが出来ないのですね。

借金がある状態では別にローンを組む事っていうのがとても難しく、車ローンの審査に現状通るかどうかが不安です。車を買い替えないと毎日の生活にも影響してしまいますので、困ります。借金があっても車ローンに通れるか、もしくは通れるようになる方法があれば教えて下さい。何卒よろしくお願いいたします。

借金の額によっては厳しいですが少額なら大丈夫です

あー、確かに借金がある状態でローンを組むっていうのは、単純に返済が増えてしまって大変になるっていうのは仕方が無いっすよね。で、大変になる人に貸し付けるっていうのは融資する側としても避けたいっすからね。我が儘に聞こえるかもしれないっすけど、貸し付ける側は余裕がある人にだけローンを組んでもらいたいっていうのが本音っす。返済に常に困らないような人ほど楽に借りられるってわけっすよ。

じゃあすでに借金があると車ローンが組めないかというと、そうとも言い切れないっすよ。借金額が少ししか無い人に新たにローンを組ませたとしても、そんなに返済の負担っていうのは増えないっすからね。それならローンを組んでもらってお金を払ってもらう方が金融業者としては良い判断っす。返済能力っていうのを単純に数値化したとして、その数値に余裕があるなら借金があっても貸し付けるのが金融業者の基本なんすよ。

一つの目安としては、年収の半分を超えてしまうとこれ以上ローンは組めないと言われているっすね。年収で融資額が制限されるのは消費者金融のカードローンとかくらいで、車ローンには実質的に年収による制限は無いっす。だけども、年収を圧迫する借金の割合が多い人は、例え規制が無くても返せなくなるのではと考えて貸さなくても不思議じゃ無いっす。だから、今の年収に対してどれくらい借金が残っているのか、一度見直してみると良いっす。

年収に対して借金がさほどでも無いのなら、車ローン自体が通りやすい融資だけあって意外とあっさりローンが組めたりするっす。何事も諦める前にチェック、そして申し込みをしてみて下さいっす?。

【参考ページはこちら】
自動車ローン審査、通る人と通らない人の違い

借金あるのに車ローン審査通る?事前にチェックしたい4項目

自動車を購入する予定がある方は、自動車購入用の資金として多額の費用を用意しなければいけません。資金を用意する方法としては、まず、自動車購入用の貯金をする事が挙げられます。しかし、この場合は自動車の販売価格と同額の資金が貯まるまで長期間貯蓄を続けなければいけません。

そこで、自動車の販売価格と同額まで貯蓄をしなくても、自動車を購入する資金を用意する方法があります。それが車ローンです。車ローンは、自動車を購入する方を対象に展開されている、使用用途を制限した融資サービスです。自動車の購入代金として利用できる他、車検や修理といった関連サービスの利用にも可能な場合もあります。

車ローンを提供しているのは、カーディーラーと提携している信販会社やクレジット会社です。カーディーラーで自動車を購入する際に、支払方法として車ローンの利用を申し出る事で利用する事が可能です。

自動車ディーラー以外にも信用組合が展開する車ローンがあり、自動車の購入を予定している方の申し込みを受けて融資を行ってくれます。また、銀行や銀行系列の会社が提供する車ローンもあり、意外と多くのローン会社が様々な顧客を想定して多様な車ローンプランを開発し、提供しているものです。

ただし、どのローン会社の車ローンも、必ず車ローン審査というものを行っています。車ローンを申し込む利用希望者全員に無差別で融資をしていれば、必ずローン返済が滞る顧客が現れるものです。ローンの返済をしてもらえないとローン会社は焦げ付きを抱える事になり、不利益が生じてしまいます。そこで、車ローンの利用者を対象にローン返済能力の審査を行うのです。

車ローン審査は、ローン返済を滞らせてローン会社に不利益を与えると思われる顧客を、ローン契約前に振り落すプロセスです。その中には、既に別のローンを組んでいるかどうかも含まれています。この為、車ローンを使用したい時の不安になる事の1つは「借金あるのに車ローン審査通る?」という事になるのです。

住宅ローンや教育ローンといった形で借金をしている方の場合、新しく車ローンを契約できるかどうかが分かりにくいものでしょう。しかし、ローン契約をしている方が見落としがちな4つのチェックをしてみる事で、事前にある程度予想をつける事ができます。
(⇒様々なローンの審査基準が知りたい!

チェックすべきポイントの1つ目は、ローンの件数です。これが住宅ローンが残っているという程度であれば問題とされない場合が多いものです。もし、住宅ローンだけしか借金が無いのであれば、車ローンの審査が通る可能性はあると言えます。

ただし、様々なローン会社とローン契約を結び、数多くのローンを組んでいる場合は審査上のリスクとなるでしょう。ローン会社は、車ローンの契約希望者を事前に調査します。この際、顧客の信用情報が集められている信用情報機関がありますので、既にローンを契約していて毎月ローンを返済している方はすぐにわかります。多数のローン件数がある場合は、ローン会社にとって融資を躊躇する顧客です。

顧客が既に多数のローン契約を結んでいるという事は、車ローン契約を結んだ後も、また違うローン契約を結んでいく恐れがあります。この為、車ローンを契約した時点では顧客の経済状態に問題はなくても、その後に結ぶローン契約が重なっていき、経済状態が悪化する恐れがあるのです。この為、ローン会社は車ローンを結ぶリスクが高すぎると判断するのです。

もし、ローン契約が多いのであれば、車ローンの利用申し込みをする前に返済を済ませておきましょう。また、安易に新しいローンを契約しない事が賢明です。ローン件数が少なく無駄にローン契約を増やす意志が無い。そして、強固な経済基盤を継続的に持続できる顧客であれば、ローン会社にとっては信用できる顧客の条件の1つを満たしていると言えます。

2つ目は、ローンの総額です。仮に1件しかローン契約が無いとしても、そのローン返済で年収のほとんどが費やされるのであれば、車ローンの契約は難しくなるでしょう。

当然の事ながら、ローン会社はローン契約希望者に、継続的に安定した返済を実行できる能力と環境とを求めます。収入に比べて月々のローン返済額が多過ぎる方であれば、新しく自動車ローンを契約する事で生活が圧迫されてしまうでしょう。これでは、自動車ローンの返済が滞る恐れがあります。ローン会社にとっては、融資が焦げ付く恐れのあるリスクの高い顧客です。

月々のローン返済額が多すぎる場合は、まず、ローンを返済する事です。それによりローン会社にとってのリスクを減らす事ができれば、車ローンの審査に通る見込みが出てきます。ただし、この場合は収入が増える事によって問題が解消される場合もあります。

もし、自動車ローンの利用検討中に経済活動に余裕が出れば、これも車ローン審査に通る見込みが出てきたと言えるでしょう。ただし、転職して収入が増えたという場合は要注意です。ローン会社はローン審査の際に勤続年数を重視しますので、転職先でまだ1年も働いていないというのであればローン審査で不利に働くものです。

3つ目は、ローンの性質です。様々な商品を購入してはローンで支払っているならば、ローン会社はローン契約希望者をあまり信用しないでしょう。また、高価な嗜好品を購入して毎月多額のローンを返済している等の場合も、ローン会社にとって車ローン契約を結ぶのが躊躇われる顧客です。

しかし、近年は住宅ローンについては、審査上のマイナスにはならないケースが増えています。自宅を所有している方で、住宅ローンだけ組んでいる場合は、車ローンの審査についてあまり心配をする必要はありません。ただし、収入が十分で持続的に安定していて、住宅ローンと車ローンの同時利用が生活を圧迫しない程度の経済力は必要不可欠です。

4つ目は、ローン返済の滞納がないかどうかです。他のローンで滞納の履歴がある顧客は、ローン会社にとって車ローンを契約したくないタイプの1つです。この滞納には各種ローン滞納の他、クレジットカードの引き落とし不能や携帯電話の利用料金滞納まで含まれます。

こうした滞納履歴は信用情報機関に登録されますから、滞納はローン会社が顧客の調査をする際に必ずわかる事です。車ローンの契約を目指している方は、ローンの総額や件数だけでなく、しっかりとローン返済を行ってきたかを調べ直してみましょう。

ローン返済を滞納せず、クレジットカードの引き落としが確実に行われ、携帯電話の利用料金もしっかり払ってるのであれば、ローン会社はローン返済を確実に行っている実績を持つ、優良な顧客として判断してくれます。

4項目のチェックをする事で、借金あるのに車ローン審査通る?と不安に思っている方も、車ローン申し込み前にある程度の目安をつける事ができるでしょう。ただし、車ローンの契約を結ぶ前に、注意しておきたい事もあります。

金融業者は車ローンを含めて様々なサービスを開発して、提供しているものです。しかし、中には顧客の役に立つ事を目的とせず、不正に料金を取得する事を目指す悪徳業者が存在します。

例えば、ローンを一本化するという勧誘を行い、手続き上の必要と称して金銭を業者の口座へ振り込ませるといった詐欺が行われています。また、ローンの借り換えと称して利用を促し、最初の数回だけローンの肩代わりをして行方をくらますといった犯罪の被害も発生しています。

車ローンを利用する為に他ローンの返済を行おうとしている時や、車ローンを返済している間等は、こういった業者のサービスが魅力的に見えてしまうものです。しかし、怪しいサービスを行っている業者と接触すると重大な金銭トラブルに発展しかねません。

車ローンは信用できるローン会社のローンプランを利用しましょう。計画的な車ローンを利用する事で、自動車の購入資金はずっと用意しやすくなります。