先に借り入れがあるとローン審査に通るかどうか分かりませんか?

先にお金の借り入れがあると、ローン審査に通るかどうか…これについて分かる方を募集しています。

融資に関する情報って、様々なものを共有しているんですよね?そうなるともちろんすでにお金を借りているという場合、新しく融資を受けるならどんなものでも不利になると思います。私も実は今現在融資を受けており、返済中です。返済自体は順調なのですが、これを完済する前に新たな出費があって、その為にお金を借りたりローンを組んだりしないといけない事もあるかもしれません。そう考えると、不安です。

先にお金を借りていた場合でも、ローン審査って通るものなのでしょうか?世の中には複数の融資があって毎月返済している人も居ると聞いた事がありますので、それで言えば可能なのでは無いかと思っています。けど、そういう人は毎月凄い収入がある場合も多いって聞きますし…私は単なる一般市民なので、その観点でお答え下さい。お手数をかけてすみません。

ローンに寄りけりなので確認しておきましょう

一切の借金もした事が無い…そんな人は多そうに見えて、実は少数派とも言えます。借金と言うとどうしても現金を直接借り入れるものばかりを想像するのですが、例えば買い物でも分割払いも借金の一つの形です。分割して払うにはまず信販会社などが審査してOKが出た場合、信販会社が代わりに購入代金を支払い、その立て替えた分を代わりに私たちが分割して返済していくのです。これは、現金融資と何ら変わらない側面があると言えます。

現金融資はともかく分割払いは多くの人が経験しており、知らないうちに分割ローンを使っていたという話もあります。で、問題はこの借り入れがあるという状態が珍しいわけでもないのに、その状態にてさらに融資を受ける必要性がある場合です。お金を借りている時にさらに借りれば、どんな用途であれ一月に返済する額が増えてしまうという事になります。金融業者もその状態が良いものとは捉えませんので、普段よりかは少なくとも借りにくくなっているのです。

しかし、ローン審査と言ってもその基準は用途や金額で変わってきます。例えばちょっとした買い物でも分割ローンなら、さほど厳しくも無いし返済が難しいわけでもない事も相まって、すでに借り入れがあっても普通に融資を受けられるケースが多々あります。返済能力が高い…つまり収入が多かったり今までの返済実績があるのなら、このキャパシティは増えていきます。とりわけ、簡単なローン審査なら多少返済能力が普通であっても結構大丈夫なわけです。

ですが住宅ローンみたいな大型の融資の場合、単体の返済だけでも毎月多くの収入を必要とします。最低限の生活費を除いて尚それくらい返せる余裕が欲しいのなら、もちろん他に借り入れがあると難色を示すでしょう。無論収入が多いのなら大丈夫であるケースもあるのですが、それこそ質問さんが言っているような収入が多い人くらいだと思うべきです。

一般市民という観点で言えば、このようになりますね。無計画に借りるよりも余裕を持たせた、手堅い返済ができるような立ち回りを意識すればOKです。

【参考ページはこちら】
絶対にローン審査に通れる金融業者はどこ?

借り入れがあるとローン審査通る可能性が低くなる

借り入れがあるとローン審査通る可能性が低くなると言われることがありますが、これは考えてみれば当然のことです。その前に、なぜ審査が行われるのかをきちんと理解しておく必要があります。その目的の一つが返済できるかどうかを判断することです。銀行にしても貸金業者にしても、返済できない人に貸そうとはしません。これは考えれば当たり前のことでしょう。

ですから、返済できないと判断されれば借りることはできないのです。これが審査の目的なのですが、審査の基準はそれぞれの金融機関でかなりの違いがありますから、同じ人であってもある金融機関では借りることができなくても、別の金融機関なら借りることができる場合もあります。審査の甘い金融機関なら借りることができるわけです。

借り入れがある場合にはなぜ審査に通りにくくなるのかと申しますと、それは目的を考えればすぐに分かることで、返済しにくくなるからだと考えられます。そもそも返済能力にはそれぞれで限界があります。たとえば、月収が20万円で、生活費が15万円かかる人を考えてみましょう。この人の場合、お金を借りたとしても、月々5万円しか返済することはできません。これはすぐに分かるはずです。

もしもこの人が月々6万円返済しなければならないローンを組もうと思っても、それは無理な話です。金融機関はもちろんこのような人を審査には通さないのです。これについても考えればすぐに分かることです。すでに借り入れがある場合に審査に通る可能性が低くなるのも同じように考えればわかり宇ことです。

やはり月収が20万円で、生活費が15万円かかる人を想定します。この人が消費者金融から借り入れをしていて、そして月々1万円ずつ返済していると仮定します。この時点でさらにローンを組んだとしても、そのローンには月々4万円ずつしか返済することはできません。月々5万円返済しなければならないローンを組むことはできないのです。組もうと思って申し込みをしたとしても、審査の段階で落とされます。

問題なのは、返済能力がどれくらいあるのかは、金融機関側が独自に判断することです。ですから、たとえば月収が20万円あって、生活費が10万円しかかかっていない人がいたとしても、それとは関係なく金融機関が返済できる金額を独自に判断します。その判断の結果で審査に通るかどうかが変わるわけです。

ですから、自分の生活費を見てみて、月々5万円ずつなら返済できるだろうと予想したとしても、金融機関側が、「この人は月々3万円しか返済できないだろう」と判断をすれば、こちらの判断に基づいて審査が行われます。逆に、月々10万円くらいなら返済できるだろうと判断することもあり、この場合には借りすぎてしまうこともあります。

金融機関の審査基準はそれぞれで異なりますから一概には言えないのですが、それぞれの金融機関で異なることは知っておくべきです。また、ローンの種類によっても異なっていて、ある銀行でカードローンを利用する場合と住宅ローンを利用する場合とでは、審査の基準は大きく異なるということは知っておく必要があります。カードローンを組むことはできても住宅ローンを組めない人もいるのは、これが原因です。

それとは別に、法律によって上限が決められていることも知っておかなければなりません。貸金業法には総量規制が導入されていて、この規制では無担保での借り入れは年収の3分の1が上限と決められています。分かりやすくするために、年収が600万円の人を考えてみます。この人の場合、最大でも200万円しか借りることはできません。

ですから、もしもこの人がどこからも借り入れがない状態で申し込みをすれば、200万円を借りられる可能性はあります。しかし、すでにある消費者金融から150万円の借り入れがある場合、別の消費者金融に申し込みをしても、最大で50万円しか借りることができないのです。別の消費者金融の借入金額と合算して、年収の3分の1までという点に注意しておかなければならないのです。

これを考えれば、借り入れがあるとローン審査通る可能性が低くなることはすぐに分かるでしょう。ただ、これは貸金業法で定められている規制だという点には注意が必要です。貸金業法は貸金業者に対する規制であると言うことも知っておかなければならないのです。

お金を借りると言えば、たいていの人はまず銀行を思い浮かべるでしょう。それとともに消費者金融などを思い浮かべることが多いでしょう。銀行と消費者金融は根本的に異なります。銀行は銀行法という法律を根拠として設立された金融機関で、消費者金融は貸金業法を根拠として設立された金融機関です。この違いは非常に大きいです。

消費者金融は貸金業者と言われることもあります。貸金業者として営業するためには貸金業者として登録することが必要です。全国規模で営業するためには国への登録が必要で、一つの都道府県だけで営業するのならその都道府県への登録が必要です。基本的にはこのように、登録をしなければ貸金業者としては営業ができません。

消費者金融のウェブサイトや広告には、必ず登録番号が表示されています。貸金業者として登録をすれば登録番号が交付され、これが広告に記載されます。もしもどこにも登録番号が記載されていなければ、それは違法な営業になりますからヤミ金だと判断した方が良いでしょう。ヤミ金には近づかないのが一番です。

貸金業者として登録をすれば、もちろんですが貸金業法の範囲で営業を行わなければなりません。貸金業法には総量規制が導入されていますから、貸金業者は総量規制に基づいて貸付を行わなければならないのです。つまり、年収の3分の1までしか貸付を行うことはできないのです。

しかし銀行ではこれは異なります。銀行は貸金業者として登録されているわけではありませんから、貸金業法を守る必要はありません。また、銀行法では総量規制が導入されていませんから、つまり銀行には総量規制は適用されないのです。これが貸金業者と銀行との大きな違いだと言えるでしょう。

消費者金融は貸金業者ですが、貸金業者には消費者金融以外のものもあります。消費者金融でなくても、貸金業者として登録をすれば営業はできます。かつては貸金業者として登録して営業している貸金業者がたくさん会ったのですが、現在のところはそれほど多くはありません。多くはありませんが、信販会社の中には貸金業者として融資を行っているものもあります。

ほかの代表的な例がクレジットカード会社です。最近ではクレジットカードにキャッシングの機能がついていることが多いです。ここ最近で新しくクレジットカードを作った人なら、たいていはカードでお金を借りることができるでしょう。クレジットカードでショッピングをする場合には割賦販売という扱いになります。

割賦販売は代金を分けて支払うと言うだけのことで、融資とは別物として扱われます。しかし、クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りる場合には、貸付として見なされます。ですから、これを行うためには貸金業者として登録をしなければならないのです。そのため、クレジットカードでお金を借りる場合には消費者金融から借りる場合と、法律上の分類は全く同じになると考えておきましょう。

ですから、年収600万円の人がクレジットカードのキャッシングで150万円の借り入れがある場合、消費者金融に申し込みをしても、最大でも50万円しか借りることはできないのです。しかし、銀行から借りる場合には独自に審査が行われますから、50万円を超えて借りられるケースもあります。

このように、借り入れがあるとローン審査通る可能性が低くなるのには異なるいくつかの理由があります。もしも審査に落ちた場合には、どのような理由で審査に落ちたのかを考えてみる必要はあります。その上で改善をして新たに申し込めば、審査に通る可能性は高くなるのです。