どうしてもおまとめローン審査に受かるにはどうしたらいい?

おまとめローンって審査は普通より厳しいのでしょうか?私は今、120万円の借金があるのですが、全部で4社と取引をしています。返しても返しても全然減っている気がしないし、毎月4社分の返済をしていくのは正直経済的に大変ですし、手間もバカになりません。

1社に纏めてしまった方が得なんじゃないかと考えているのですが、1社でこの金額を貸してもらうという事はかなり審査が厳しくなるのじゃないかと思います。でもどうしても一つに纏めたいので、審査の通りやすい所、または通す方法があれば教えて下さい。

審査自体は普通より厳しいという事はありません

おまとめローンをしたいという事であれば、まずおまとめローンの事を良く理解しておいた方が良いでしょう。複数社に有るローンを一つにまとめる事がその名の通り、おまとめローンになるわけですが、この一番の利点としては、手間が省け、ローン残金がわかりやすくなる、という事でしょう。

いわゆる多重債務に陥ってしまう人はいくつもの会社に毎月膨大な金利を支払わなくてはならないので、借金が減った気にならない、という心理的に追い込まれてしまう事に一つ問題が有ります。それを解消する単に一つにまとめてわかりやすくするというのがおまとめローンの役割といったところでしょうか。

しかし実のところ、一つにまとめたからと言って必ずしも金利が低くなり、返す金額や年数が減ったりするという訳では有りません。あくまで返済計画をわかりやすく、より計画的に考えられるようにするという事がおまとめローンの目的で有る為、返済金額、金利、年数を減らす事に目的が有る訳ではありません。そこの所を十分理解した上でするべきでしょう。

とはいえ、質問者のケースの場合ですと金利が低くなる可能性も十分考えられます。というのはまず一つに法的に100万円未満の貸付と100万円以上の貸付では金利が変わってくるからです。

100万円未満の上限金利が18%に対し、100万円以上になると15%になります。おそらく質問者の方の場合、4社いずれも100万円以下の貸付と考えられますので、この点だけでも、もし1社でのおまとめローンが可能であるとすれば、3%分金利が得になる事がわかります。

では実際の審査の話なのですが、おまとめローンの審査自体、通常の審査より厳しいという事は有りません。ですが、通常より特に優しいという訳でも有りませんので、注意点は同じと考えた方が良いでしょう。まず契約先が4社というのはかなりのマイナスポイントです。

通常3社までが審査に通る上限と言われていますので、できれば3社に減らしてからの方が良いでしょう。また返済遅延や未返済などの履歴がある人もNGになります。後は通常と同じですが、在職歴が短い(半年以内)、年収が低い(総量規制に引っ掛かる)などもNGになるから注意ですね。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ってあるの?

現在120万借りれているという事は、逆に言うと120万円まで借りれる能力が有るという事ですので、可能性としては充分有ると思います。おまとめローンの会社選びも重要ですが、その点は、ネットでの比較検証サイトなどで良く下調べをした方がよいでしょう。

どうしてもおまとめローン審査に受かるためのポイント

キャッシングは、カードを作れば簡単にお金の借入が出来る便利な借入方法です。便利である反面その便利さがあだとなりお金を借り過ぎてしまう人が増えています。キャッシングの利子を支払う為に、他の業者から借入をして自転車操業の状態に陥ってしまう人が増加傾向にあります。

複数の業者から借入をしていると、毎月の返済日も異なり、金額もまとまっていないので金利が高い状態にあります。その為、利子の支払いに追われてしまい元金が減らないまま利子の支払いだけになってしまいます。

そんな方におまとめローンです。おまとめローンという言葉を耳にした事がある方は多いかもしれませんが、おまとめローンは複数の金融機関から借入を行っている債務者の債務を1つにまとめ返済の負担を減らす事を目的に作られた金融商品の1つです。

おまとめローンは、多くのメリットがあり複数の金融業者からの借入をまとめる事で金利を安くする事が出来ます。それまで複数の業者からの借入で返済日が、異なる為に返済日の管理が大変です。

もし、返済にコンビニや提携先のATMを利用している場合には、業者によっては手数料が掛かる業者もいます。返済するたびに手数料が掛かっていては、長い期間払い続ける事で、手数料も大きな金額になってしまいます。

複数の業者から借入をしている人が、ローンを1本化しておまとめローンにする事で多くのメリットがあります。しかし、おまとめローンの審査は通常のローンよりさらに厳しい審査があります。金額が大きな金額になる為ですから、この審査の厳しさはしょうがありません。

現在では銀行や消費者金融などは、様々な金融機関や賃金業者でおまとめローンが取り扱われています。その中で、銀行のおまとめローンは金利が低いですが金利が低い分、審査が厳しいです。その為、銀行のおまとめローンの審査で落ちてしまう人は多いです。

銀行の審査に受かれば一番金利が低く安心出来ますが、複数の業者から借り入れを行っている人はやはり、銀行のおまとめローンを通過が厳しいのが現実のようです。いくら金利が低くても、審査に通過しなければ意味がありません。

しかし、どうしてもおまとめローン審査に受かる必要があり人もいるはずです。銀行の審査に落ちてしまっても他の信販会社や消費者金融などでもおまとめローンがあります。信販会社も銀行ほどではありませんが、やはり消費者金融よりは審査が厳しくなります。

消費者金融の方が、金利は高くなりますが高くなる分、審査に通りやすくなります。審査の条件も銀行ほど厳しくはありませんから、どうしてもおまとめローン審査に受かる必要がある人消費者金融の方がおあすすめです。どうしてもおまとめローンを利用したければ、やはり審査を通過出来る業者でなければ意味がありません。

消費者金融の方が、審査が通過しやすいと言っても同じように審査はありますし、通常のローンよりはやはりおまとめローンの方が審査は厳しいです。消費者金融の審査の通過する為に気を付ける事があります。

審査は、どの審査も同じですがまずは一定のステータスが無いと審査に通過する事は出来ません。それは、収入面と勤続年数です。収入面は、正社員でなくてもパートやアルバイトでも安定した収入があればおまとめローンの借り入れはする事が出来ます。

但し大手企業や公務員、専門職の方がおまとめローンの審査に通過しやすい傾向があります。ここで気を付けないといけないのが、勤続年数です。勤続年数が大きなポイントになる事はあまり知られていませんが、同じ会社で長い事働いていないと、信用を得る事が出来ません。

勤続年数は、業者により違いがありますが、短い所で3ヶ月から半年で、長い所では最低でも1年の勤続年数が必要になります。おまとめローンという大きな借入をしようとする場合には、やはり最低でも勤続年数は1年あった方がいいです。もし、勤続年数が足りない人は、その期間になるまで待つ事になってしまいます。

その他にも、過去に返済が滞った事があったり、不払いをした事があったり、借り入れている業者が多過ぎたりしても通過しにくくなります。借り入れている業者が多過ぎる場合には、申込をする際に出来る事なら完済出来る業者は完済して数を減らす事も大切です。

また、過去3ヶ月に複数の金融業者に借入の申込をした事があると審査に落ちてしまう事があります。
業者は借入の申込をした人の信用情報機関の情報を必ず確認しますから、短期間で複数の申込履歴があると要注意人物と判断されてしまいます。一度信用情報機関に要注意人物とされてしまうと半年間は、どの業者も審査に通過しにくい状態になります。

半年間はたとえ、どこか違う業者に申し込んでも審査に通過はしにくいです。それは、複数の業者に借入の申込を行わなければいけないほど、切迫した状態にあると思われてしまい信用が無くなってしまからです。

お金に困って、どの業者でもいいからと多くの業者に申込を行ってしまうと、結局信用が無くなってしまい審査に通過しなくなってしまいます。冷静になり、おまとめローンの審査の通過する為に、多くの業者に申込を行ってはいけません。

また申込の際に虚偽申告をしてしまったら、おまとめローンの審査に落ちてしまいます。虚偽情報と言っても、本当に嘘を書いたのではなく誤字や脱字でもそれが本当の情報と違うという事になり虚偽申告した事になってしまい審査に落ちてしまいます。故意に間違った訳でもないのにと思ってしまいますが、ローンの審査で本人の情報は大変大切なものです。

それを故意でなくても本当の情報と違うという事は許されません。特に連絡先の電話番号の間違いは、絶対に間違ってはいけません。金融機関からみれば、もし借入を行った人が滞納などした場合に、すぐに電話で連絡をして来ます。その際に直ぐに連絡出来ないと困ってしまうからです。もし、電話番号を今は使っていない携帯電話の番号などを書いてしまえば直ぐに審査に落ちてしまいます。

どうしてもおまとめローン審査に受かる必要がある人は、申込の時も丁寧一字一句間違わないようにする事は基本です。各金融機関でおまとめローンの審査の条件は違いがありますが基本的には、だいたい同じです。おまとめローンの審査に落ちない為に、落ちる要素を無くしてから申込を行う事がおまとめローンで通過するためには重要です。

あまり知られていませんがおまとめローンに通りやすい時期というのがあります。それは、年度末だといわれています。どんな仕事もそうですが、年度末の時期は年間の売り上げを少しでも多くしようとします。

これは、金融機関も同じ事で、年間の目標に達していなければ融資を増やして売り上げを確保しようとする動きが出ています。この時期におまとめローンを申込んでみると、通常の時期よりも少し可能性が高まるので申込もの時期も重要です

どうしてもおまとめローンの審査に受かる為には、勤続年数などが足りない場合には少し待たなければいけませんが、無事におまとめローンの審査に通過出来る事を考えればその待つ時間も重要です。

複数の業者に借入をして支払いを続ける事は、精神的にも大変ですしおまとめローンにしてローンを1本化出来れば月々の利子の支払いの金額が減り結果的には、完済までの支払い総額が複数の業者で支払い続けるより、おまとめローンにした方が安くなります。

支払い総額が安くなる事で、複数の業者に支払い続けるより早期完済も可能になって来ます。
多くのおまとめローンのメリットを考えれば審査の受かるための努力は必要です。

おまとめローンに受かったら、中には気を緩めてしまう人もいてまた別のキャッシング業者に借入をしてしまい、元に戻ってしまう人もいますが、おまとめローンは、借り入れが無くなるわけではないのでその点は気を付ける必要があります。

【参考ページはこちら】
おまとめローンの審査は甘い?厳しい?