おまとめローンの審査は甘いのか厳しいのかどちらですか

私は37歳の会社員です。現在消費者金融3社に180万円ほどの借金があります。総量規制ギリギリです。遊びなどで使ったわけではなく、家族の問題でどうしても必要になって借りたものです。ただ借りたときには何とか返済できていたのですが、最近になって給料が目減りしてきていて3件もの返済はかなり厳しい状態になってしまいました。このためもはや自己破産する以外どうする事も出来ないかと諦めかけていたのですが、おまとめローンと言うものが有ると言うことを知りました。

そこで私もこのおまとめローンを利用して3件を1件に纏めてしまおうと考えています。1件にできれば月々の返済額も少なくできて楽な返済が出来るのではないかと思うのです。ただ心配なことが有ります。すでに総量規制ギリギリまで借入しているような人間に対してそう簡単にローン審査が通るとは思えないのです。そこで質問なのですが、このおまとめローンの審査と言うのは甘いものなのでしょうか。それとも厳しいものなのでしょうか。

基本的には金額が大きければ大きいほど審査も厳しいと言えます

確かにおまとめローンは審査が厳しいと言う噂が有ります。しかしそもそもおまとめローンというのはあなたのような人を救済するために用意されたものですからあまりにも審査が厳しくなってしまうと利用できる人がいなくなってしまいますので、そんなに極端に厳しいと言う訳ではありません。

しかしあなたの場合全部で180万円という事であれば平均すると一件あたり60万円の借入という事になります。しかしおまとめローンで全額を返済するとなると一件で180万円の借入をしなければなりません。

もちろん審査では高額の借入の方が厳しくなるのは普通の事です。総量規制は適用にならない銀行でも貸してくれるのは精々年収の半分程度まで、しかも信用力も備わっていなければなりません。ですから普通に借りるとしたってこれまでのものよりも審査は厳しく感じるのは致し方の無いことです。このためおまとめローンというのは審査が厳しいと噂されることになってしまったわけです。結局厳しさをどう捉えるかの問題と言えるでしょう。(こちらもご参考に→審査が甘いローンをお探しの方におすすめ記事

ただあなたの場合は37歳の会社員で180万円で総量規制ギリギリ言っているわけですから年収は540万円程度になります。したがって社会的信用や収入を考えれば銀行の方でもおまとめローンを断わる理由は無いように思います。いろいろ考えていないで、取引のある銀行に行ってまずは相談してみてはいかがでしょうか。駄目であれば例えば2件分を纏めるとか借入金額を小さくすることもできるでしょう。いろいろと交渉してみてください。

ただ纏められたとしても、気を付けなければならないのは一般的におまとめローンを利用すれば1件に纏められて返済が楽になり、さらに金利が下がって利息がお得になると言われていますが、確かに返済は一件で楽になるのは間違いありませんが、借入金額は変らない訳ですから、返済期間は後ろに延びることになります。金利がどの程度下がるかにもよりますが、返済期間も利息の計算では重要な意味が有りますので、必ずしも利息がお得になるとは言えなという事は覚えておきましょう。

【参考ページはこちら】
どうしてもおまとめローン審査に受かりたい!

おまとめローン審査甘い条件に自分が当てはまるにはどうする?

いくつのも金融機関を通してお金の借入れをすることは、その分利息を抱えることになるので返済では借入れと高い金利の両方が債務者の負担となります。このような状況下から抜け出すためには対策として、支払いをひとつにし1社の金融機関からの借り入れのみに絞ることが提言できます。

ひとつにまとめることは低金利での返済へとつながり、債務者の精神的負担を減らし返済を楽にすることも可能です。このように多重債務者に最適となるおまとめローンですが申請をおこなっても審査が必要となります。審査から落とされてしまっては融資を受けることができないのです。おまとめローン審査甘い条件を事前に確認することでそのおまとめローンのたくさんのメリットが期待できます。

ここではおまとめローン審査甘い条件にするために注意を払うべきことをいくつか挙げていきます。まず、おまとめローン審査を数を撃てば当たるとばかりに何社もの金融機関にその申し込みを行うことは、信用機関にその申し込みが残ることで審査が通る確率を下げてしまいかねないという事実を把握してください。少なくとも3件までに抑えることが示唆されます。

また既におまとめローン審査に申し込み後その審査に通らなかった人は、次回のおまとめローン審査申し込みは少なくとも2カ月間の間を設けて連続しての申し込みは避けるようにします。半年の空白を作ることはさらによい働きの方向にむかいます。

次に現在の借り入れ件数が多い場合は問題となりますので借り入れ件数は前もって減らしておくことも大切な事です。なぜ借り入れ件数の多い少ないが問題となるのかは、金融機関が債務者に見る返済能力がこの数字よって示し表わされてしまうことにあります。仮に同じ融資額でおまとめローンを申し込みした時に、借入れ件数が多い人は審査が通りづらくなるリスクを伴うのです。

業界ではこの借り入れ件数が3件以上では審査が甘いものにはならないとされていることも十分考慮し、少ない件数を保つことを心がけてください。次に自身の職の勤続状況も重要な課題となります。勤続年数が長ければその分おまとめローン審査甘い条件に当てはまることができます。

勤続年数が短くても大手企業に勤めているから大丈夫だと油断してはいけません。たとえ大きい会社に勤めていても、勤続年数tという長い時間がポイントとなりますので、これにより勤続年数が低いものであれば小さな小会社での長い勤続年数の方が審査では勝ります。

勤続年数が3ヶ月から半年を満たさない日数であったりした場合は、審査が通らないと指摘されています。この短期間の日数に勤続年数が当てはまる心当たりのある方は、約1年を目安に勤続の年数をつくってからの段階で審査を受けることが、審査に通る可能性を高めます。

またこれは年収についても同じことが言えます。勤続年数と年収において安定性があるという事実が、金融機関の行うおまとめローン審査にとって大きな判断材料となります。ブラックリストの存在も忘れてはいけません。自己破産や延滞は自身ではないと確信していても身内などの親戚がこのブラックリストに入っていないとは限りません。今一度それらを踏まえて確認作業が必要です。

このブラックリストに一度記載されるとその記録は1年から10年も残ってしまうともされています。この記載がある状態では情報を取り消すこともできないので、審査を難しいものにすることに結びつき大変不利な状況を作り出します。ブラックリストに記載されないためには、どんな支払いの延滞にも気をつけるようにし3カ月の延滞などもってのほかです。

支払いの延滞では、見落としがちなケースもあります。それが携帯料金の支払いです。どんな些細な支払いも把握しておくことで延滞の問題を避けることができます。もしもそのようなケースが自分の立場にあるのなら信用機関での情報が残る年数は自己破産で約5年、延滞で約1年となることが多いと理解してください。

おまとめローン審査甘い条件下では、虚偽の内容申告は決して行ってはいけません。書類の提出においては正直に今の現状を報告しなければならないのです。たとえそれが自身にとって芳しくないことであっても例外ではないのです。上記でも述べたように審査を通して金融機関がみるのは、融資を行ったと仮定したときに、この人がちゃんと返済を行ってくれるだろうか、その返済の能力をしっかりと持っているだろかという、信頼関係が前提なのです。

嘘の内容はこのことに傷をつけ自らをかえって追い込む状態となってしまいます。また審査が進むにつれて虚偽の内容はいずれ必ず分かってしまうのです。貸してもらう可能性を自ら下げてしまわないよう正しい内容で申し込むこともおまとめローン審査を甘くするための絶対条件です。

続いて総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか。この総量規制は個人が借り入れできる限度を規制した法律です。この限度額があるという設定は、お金を借り入れたい債務者にとっては限度額が設けてあることはネックと考えるならばそれは大きな間違いです。

法律による総量規制では借り入れの限度額は年収の3分の1までと規制されているのには、ちゃんとした理由が存在するのです。それは債務者が高い借り入れにより返済が困難となり生活が苦しくなってしまうようケースを事前に防ぐためです。この総量規制は債務者の負担を減らすために働きます。

ただしこの総量規制は例外もあります。債務者にとってその額が負担とならないローンであるとされれば、適用は及ばないのです。利用する側にとって不利に働かない場合ならば、年収の3分の1の限度額を超えていても、お金を借りいれることができます。総量規制はお金を借りる人を守る法律であると解釈してください。

ここまでおまとめローン審査を通りやすく甘い条件にするために、見直す点や注意すべきことを挙げてきましたがこれらは事前に変えることができる点として、大変おまとめローン審査の申し込み前に役に立つものとなります。最後にいつどのタイミングこのおまとめローン審査の申し込みをすれば効果的なのか知れば、完璧です。

このおまとめ1本化ローンの審査に最適な時期は、何かとせわしくなる年末の時期が申し込みのタイミングとして、審査を通る確率を高めるのに相応しい時期となります。この年末の時期は融資を行う側からすると年間売上目標の追い込みにかける時期でもあり、1年の最後の月に売り上げを伸ばそうと努力します。年間目標にまだ達していない状況ならば売りあげを獲得するためにも融資を行い増やすことに力をいれます。

この流れが起きる年末の時期は、それ以外の時期と比べても審査が通りやすく甘い条件となることから、審査が通るように漫然の対策を練っている人にもただこの時期を意識して年末に申し込むことだけで、誰でも簡単に実行することができます。

審査を通過するおまとめローン審査が甘いに自分が当てはまるにはこれらのことから分かるように、条件として多重申込みブラックの有無をチェック、借入れ件数を少ない数値で納めること、支払い延滞の注意と予防は今からで改善することができる条件であり、見直すことで予防効果をもっているのです。

ブラックリスト、勤続年数などすでに策を得られない現実においても、目安年数を把握することは次回の審査に落ちてしまう危険性を下げ、審査通過を取り戻すものとなります。嘘の含まれていない正しい情報は、おまとめローンの審査にあたる審査員にもよい印象を与え信頼を築くことができます。

これらのおまとめローン審査条件のポイントをチェックして当てはまるように努めることがとても大事です。そうすることで低金利の1本化ローンが実現します。今から申し込みを行う人はもちろんのことまた再度申し込みを検討している人にもこの通過条件が得策になります。