支払いが大変なので、銀行系フリーローン審査甘い場所教えて!

こんにちは。質問させてくださいね。自分は31歳の、真一と言います。某ゲーム会社でプログラマーをやっております。

ゲームは本当に子供の頃から大好きな趣味で、今でも休み時間には会社の同僚と、他社ですが、某有名ゲームでモンスターを狩ったりしています。ゲームのプログラマーにはどんなイメージがおありでしょうか?やっぱり、不健康なイメージが強いのではないでしょうか?実際、うちの会社の同僚達のほとんどは、普段運動もせずに、だらだらと仕事をして、とても不健康そうです。

実は、ゲーム以外の趣味で、自分には健康オタク、と言うのがあるんです。体を鍛えたり、ダイエットに勤しんだり、サプリを買って、体の中から健康になってみたり。うちの会社はフレックス制なので、ほとんどの同僚はお昼ちょっと前に出社していますが、私は朝の7時には出社して、夕方5時には会社を出る様にしています。その方が、色々と夕方からの時間を有効に使えるからです。

ただ、ちょっとだけ弊害があって。健康グッズとかをとにかく集めるのが好きなんです。半分仕事の為である、ゲームを購入するのもバカに出来ないお金が出ていきますが。健康グッズも、物によっては結構な高額な品があるんですよね。

先月は、ちょっと、ネットでぽちり過ぎて、だいぶ健康グッズ祭りを自分で開いてしまいました。まあ、これでまた健康な体が維持出来ると思うと、仕方ない出費かな、とは思うんですけども。しかし、支払いはだいぶピンチになりそうです。

親元で暮らしているパラサイトですから、いざと言う時は何とでもなりますが。やはり、親に支払いを肩代わりしてもらうとかは、一応社会人をやっている身としてはプライドが許しません。

そこで、何らかのローンでお金を借りようと思っています。出来れば、消費者金融はイメージが個人的に悪いので、銀行系のフリーローンを希望しています。どこか、審査などが甘い、お勧めの銀行系ローンはありますでしょうか?よろしくお願い致します。

銀行系で一番甘い審査と言われているのは楽天銀行カードローンです

真一さん、お仕事ご苦労様です。何だか、文章を読んでいると、筋肉むきむきな真一さんがパソコンに向かってプログラムを打っている姿を想像してしまいました。

プログラマーだけでなく、日本の企業に勤める大体のサラリーマンは、基本的に不健康な気がします。正直、私もあんまり健康的とは言えませんので、真一さんを見習いたいと思いました。

そんな訳で、真一さんの質問にお答え致します。銀行系の審査は、基本的にその審査基準は社外秘となっています。ですので、断定は出来ませんが、クチコミなどの情報から、我々がお勧めするのは、楽天銀行カードローンです。独自の審査基準を持ち、他でダメだった方が、楽天銀行カードローンで審査を通っていると言う話をいくつも聞いています。

ですが、特に楽天銀行カードローンを選ばずとも、他の大手銀行系のカードローンは真一さんなら審査を通ると思います。ちゃんとお仕事をされていて、特に今まで融資の経験が無いと言うことは、かなり審査的には通りやすい状況と言えると思います。これを読んだら、是非どこかの銀行のカードローンに申込みをしてみてくださいね。

【参考ページはこちら】
審査が緩い銀行ローンを教えて!

銀行系フリーローン審査甘い場所を見つける方法とは?

フリーローンとは、資金使途を自由としている商品の事です。その中でも代表的なのが、消費者金融の専門サービスとして知られてきた個人向けキャッシングです。無担保型の商品であり、審査前に煩わしい準備は必要がありません。そして、何よりも魅力となっているのが審査時間が短いという事です。

審査結果は、基本的には申し込んだ当時中に判明します。このために、今日明日中という様な差し迫ったケースであっても、十分対応できる内容を備えています。現在では1000万人以上の人が利用していると考えられており、人気の高い金融商品として認知されています。

消費者金融は、元々はサラリーマンを対象としてサービスを提供していた金融機関です。このために、かってはサラリーマン金融とも呼ばれていた歴史を持っています。その後、対象を拡大した事により、現在ではアルバイトや主婦、学生等の様々な属性の人が利用する様になっています。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ランキング

消費者金融が人気を集めるようになったのは、1990年代以降です。テレビや新聞の広告を積極的に行うようになり、子供から大人まで企業名を知られてる大手業者も少なくはありません。また、それまでは店頭窓口からのみであった申し込み方法に、自動契約機と呼ばれる情報機器を導入した事も原動力になっています。

自動契約機は、個室内で一人で申し込み手続きを完了させる事が出来るので、担当者と顔を合わせる必要がありません。ただし、実際には個室内にはテレビカメラと電話が設置されています。このために、途中で分からない部分が生じた場合は、担当者により適切なサポートを受ける事が可能です。

自動契約機が導入された事により、気楽に申し込む事が出来るようになっています。基本的には、店頭窓口からの申し込みと同じ内容なので、結果が判明するまでのスピードは変化しません。消費者金融の魅力であった速さに利便性が加えられた事が、利用者数の増加へとつながっています。

さらに、インターネットが普及した事により、これを利用した申し込みも行えるようになっています。つまり、パソコンやスマートフォンを保有していれば、自宅から審査に申し込めるという事です。365日24時間対応している商品も多数存在しており、店舗や自動契約機に足を運ぶ時間がないほど忙しい人でも利用できる環境が形成されています。

このように、いろいろな魅力を持つ消費者金融のフリーローンは、現在では信販系企業や銀行等の他の金融機関も取り扱うようになっています。特に、銀行系フリーローンは、消費者金融や信販系企業の商品とは異なった特徴を持っています。それは、基準となっている法律が違っているからです。

銀行は、融資、預金、為替取引、投資等の様々な業務を行っている金融機関であり、融資を専門に行う貸金業者とは明確に違うものとして分類されています。このために、銀行法という専門の法律により規定されています。これに対して、消費者金融や信販系企業を規定しているのは、貸金業法です。

貸金業法は、1983年に施行された貸金業の規制等に関する法律がベースとなっており、業務の適正な運営を確保するとともに、国民経済の適切な運営に資する事を目的としています。事業登録や業務に関する規制、業界団体の設立等、内容は多岐にわたっています。

この貸金業法は、2006年に2回目の改正が行われており、2010年に施行されています。この改正のメインとなったのが、グレーゾーン金利の撤廃と総量規制の導入です。いずれも利用する側を保護する事を目的としており、これ以降は貸金業者の商品は内容が大きく変化しています。

グレーゾーン金利とは、29.2パーセントという金利の事です。これは、出資法の上限金利であり、貸金業者のフリーローンの貸付金利として採用されていました。利息に関する法律である利息制限法を超えている事が、グレーゾーンと名付けられている理由です。

利息制限法は、経済的に弱い立場にある利用者を守るための法律であり、無制限に金利が設定される事を防止するために施行されています。元本により上限金利が変動するという仕組みが採用されており、10万円未満は20パーセント、10万円以上100万円未満は18パーセント、100万円以上は15パーセントという内容です。いずれも29.2パーセントよりも低い数字となっています。

利息制限法を超えた金利での貸付は違法となるのですが、出資法の範囲内であれば刑事罰の対象とはなりません。この矛盾点を解消するために、出資法の上限金利が20.0パーセントまで引き下げられています。さらに、利息制限法の上限を超えて支払った金額は、過払い金として貸金業者に対して返還請求できる事が認められています。

過払い金とは、払い過ぎていたお金という意味の言葉です。利息制限法による貸付であった場合は、元本に充てられていた金額まで利息として消費されていた事が問題となっており、利用期間が長い場合はかなり大きな金額が発生しています。完済したとされて以降に支払っていた金額については、逆に貸金業者側に融資を行っていたと認定されます。

このために、金利が発生する事になり、単純な計算で正確な数字を算出するのは非常に困難です。最後に入出金を行ってから10年間は権利が継続します。過払い金の返還請求は、正当な権利である事が認められており、信用情報に記録される事はありません。

グレーゾーン金利が撤廃された事により、現在の貸金業者の個人向けフリーローンの金利は、10パーセント以上低い数字に変わっています。利用する側からすると非常に有利な内容です。100万円の借り入れがある場合は、1年間の利息が10万円以上少なくなるという事だからです。

しかし、利用者側に対しても安易な借り過ぎを防止するために、新たな規則が加えられています。これが、年収の3分の1以内に借り入れを制限するという総量規制です。総量とは、借り入れ全体という意味であり、1社からの借り入れだけを対象とした規則ではありません。

このために、借り入れ希望額や他社借り入れ残高によっては、所得を証明できる書類の提出が必要となっています。総量規制の範囲内であるという事を申し込み者の側が証明しなくてはならないからです。また、自身では収入を得ていない主婦の場合は、対象からは完全に外されています。

このように、2010年以降は、消費者金融や信販企業の個人向けフリーローンの商品内容は大きく変化しています。基準となっている法律が改正されたためであり、それに対応しなくてはならないからです。貸金業法に違反した業者に対しては、業務停止等の行政処分が実行されます。

これに対して、銀行系フリーローンは、これらの対象ではないので、以前と変わらない利用が可能な状況です。つまり、総量規制オーバーという状況にある利用者や専業主婦も新規の借り入れが可能という事になります。これは、銀行という金融機関の信頼度が極めて高いという事も大きく関係してます。

銀行は、利用する側が安易な借り過ぎを行える様な審査は行っていません。その代わりに、低金利で大きな金額を利用する事が可能です。ただし、銀行系フリーローンに関しては、担保を必要とする金融商品と比較すると柔軟な対応を期待できます。つまり、甘い審査が実施されているという事です。

特に、銀行系フリーローン審査甘い場所は、店頭窓口及び自動契約機です。これらの方法は、担当者と対峙する事が出来るからであり、直接の交渉が可能となるからです。基本的には信用情報機関への照会が審査の中心であり、基準に応じて合否が判明するという仕組みです。

ただし、交渉の余地が全くないというわけではありません。これは、銀行が提供している他の商品も同様です。機械的に判定されるのではないという事が、通過率を高める事につながります。