ローン審査だダメな場合は審査は早いと言うのは本当なのですか

私は既に4件消費者金融を利用していますが、まだ総量規制には余裕が有るので、先日更にもう一件カードローンを申込みました。即日対応と言うところで早ければ1時間で審査結果の連絡が来るはずでした。落ちる理由も特に無いので別に審査結果を気にすることも有りませんでした。連絡はメールで直ぐあり時間的には1時間もかからず30分程度しか掛りませんでした。その時は早いなと思ったものです。ところがメールは審査に落ちたと言う連絡でした。

一瞬頭が混乱して何かの間違いだろうと考えたのですが、相手は金融機関です、こんなことを間違うはずが有りません。私が審査に落ちたのは間違いないようです。その後友人に審査に落とされた話をして、それにしては審査結果の連絡は早かったんだよねと言うような事を話していたところ、その友人曰く審査が早く終わるのは審査を途中で止めてしまったという事であって、落ちる場合には審査が早いと言うようなことを言っていました。これは本当なのでしょうか。

一概には言えませんが基本的な問題が有れば審査は早いでしょう

審査では最終的な判断で落ちると言う場合も有るので、落ちる場合必ず審査が早く終わると言う話にはなりません。金融機関側でも時間をかけていろいろ評価した挙句、審査に落とすと言う場合も有って、かえって審査時間が延びると言うことだって良く有ることです。しかし基本的な問題で例えば法的に規制の対象になっている人や、年齢が合わないような場合にはそれ以上審査を続行する必要は有りませんからすぐに終わってしまってもおかしなことではありません。

あなたの場合はすでに4件利用しているという事ですので、その点で審査には通らなかったはずです。ですから審査はこの借り入れ件数の確認の部分で終了で、すぐに終わったとしても不思議な事ではありません。いくら総量規制に掛からず法的には問題が無いからと言っても今度借入すれば5件目という事になって、普通に考えれば返済は非常に苦しいと思うはずです。むしろ4件目を借りられたのが不思議なくらいでは無いでしょうか。

借り入れ目的が良く分からないので緊急性があるのかどうかわかりませんが、現在の4件を1つに纏められれば1件の借入となり、月々の返済を減らすことが出来て、だいぶ余裕が出来ますので、新たな借入をしなくても良いのではないでしょうか。ですからあなたの場合には新たな借入先を探すのではなくて、銀行に行っておまとめローンというローンの相談をした方が良いと思います。このローンは1つに纏める為のものですから件数をどうこう言われることは有りません。

ただし4件分纏められるような大きな借入になりますから、審査はその分厳しくなります。しかしあなたの場合には4件借りてもまだ総量規制には余裕が有ると言っているので収入基盤はしっかりしているようですから返済能力の点では問題は特に無いように思われます。あとは信用情報中に滞納などの問題が無ければ融資してもらえる可能性が高い筈です。ですからすぐに4件分の資料を持って銀行に相談に行ってみてください。

【参考ページはこちら】
昔に比べてローン審査は厳しくなってる?

ローン審査がダメな場合は審査は早いので結果が直ぐ出る

ローン審査の基準は様々で、内容が公開される事はありませんが、複数の金融機関で審査を受ける事によって、共通する基準を知る事は出来ます。ローンを利用する為には審査が欠かせませんし、審査で融資が認められる事が条件ですから、審査を通る事が難しい場合は、原因を特定して対処する事が大切です。

ローン審査がダメな場合は審査は早いですし、結果から対処を行う事は考えられますが、原因を詳細に知らされる事はないので、自ら問題点を探す事が求められます。明らかに基準を満たさない原因があれば、問題解決は簡単に行えますし、問題点の修復を行い再び審査を受ける事によって、融資が認められる可能性は高まります。融資が認められればお金の利用価値が与えられますし、目的に応じた利用が可能になるので、審査結果で諦めない事が大切です。

収入金額が問題であれば、新しい仕事を見付ける行動が起こせますし、良い条件の仕事が見付かる可能性はありますが、転職直後はローン審査で不利になるので、時間が経過するのを待つ必要があります。(こちらもご参考に→転職後すぐにおまとめローンできる?)時間によって解決する問題は、待つ事が出来る事ですから、審査が通らない原因不明な問題に比べても、対処法は簡単になります。収入の不安定さも金額と同様の問題ですから、仕事の変更や融資可能なタイミングを待つ事で解決します。

主婦で収入があるとローンの利用は可能になり、収入に合わせた限度額が認められますから、目的がある場合は利用を考える事が出来るので、融資を利用する選択肢が得られます。十分な収入があり返済が可能であっても、融資が認められない事はありますし、審査を通過しない事には原因があるので、問題解決を行って対処します。過去のローン利用や雇用に問題が無ければ、家族に原因がある可能性が考えられるので、原因を探る事が先決です。
(⇒結婚しているとローン審査で不利になる?

ローン審査に時間が掛かる事は、金融機関に対する評価としてマイナスになりますが、ローン審査がダメな場合は審査は早い金融機関であれば、審査を諦めて次の金融機関に向かう事が出来ます。ローンの融資その物を諦めるのではなく、前向きなローン利用を考えての行動ですから、審査が通らない原因を特定するよりも、行動によって結果を求める選択になります。複数の金融機関の審査で連続的に弾かれれば、共通した原因がありますから、原因特定が必要不可欠です。

利用目的が一般的であれば、金融機関から問題にされる事はありませんし、お金の使い方として問題は見当たらないので、融資の条件を一つクリア出来ます。生活を豊かにする為の融資利用は、前向きな理由の一つですから、ローン以外の審査を受ける場合にも、条件を満たす事が出来ます。書類の不備による審査結果もありますし、初歩的なミスですから、間違いがない事を確認した上で、審査を受ける事が大切です。

度重なる融資不可の審査結果は、原因が分からなければ精神的な負担になり、積み重ねたプライドに影響するので、自信に対する信頼が揺らぎます。信頼関係は人間同士の間で発生しますが、自身に対しても関わりがありますから、自信や希望を失わずに、前向きな姿勢を維持する事が必要です。社会的な評価は融資の許可だけではありませんから、他の面でも評価されますし、融資が受けられない事は、必ずしも自らに原因が有るとは限らないのです。

客観的に見れば原因が分かる事でも、自覚がない事によって原因が特定されない状況もありますし、第三者が指摘を行い難い事であれば、気が付く機会は得られなくなります。問題に気が付けなければ解決は出来ないので、何度もローン審査を繰り返しても結果は変わりませんし、何時までも融資を受ける事は出来なくなります。審査内容を知る事や実際の審査風景は、関係者以外が知る事は出来ませんから、第三者がアドバイスを行う場合は憶測を含みます。

ローン審査がダメな場合は審査は早い事は、簡単に審査結果を出せる情報がある事の証拠ですから、書類から確認出来る情報によって、審査結果が導き出されます。信頼関係の構築が難しいと判断されるので、返済に対する金融機関からの不安がありますし、収入や支出に関する問題点が発見される事により、融資は不可能だと判断されるのです。明確な審査の基準は分かりませんが、審査が甘いと評判の金融機関も利用出来るので、審査が甘い金融機関によって審査が弾かれれば、初歩的な問題が原因になります。

初歩的な原因はケースにより違いがあり、金融機関の審査担当者以外にも発見出来ますから、審査に必要な条件を見直す事や、目的に合ったローンサービスの選択によって、状況を変化させる事が出来ます。状況が変われば結果も変わる可能性が生まれますし、融資を現実にする希望を持つ事が出来ますから、簡単にローン審査を諦める前には、出来る事を探す事が現実的で、仕事の見直しもその一つです。

ローンは生活を豊かにする手段ですから、前向きである事は大切ですし、融資を受ける前に利用を諦めてしまえば、可能性は将来的に失われます。審査は金融機関にとって必要な手続きで、返済能力や信頼に関する情報を確認しますから、返済能力を身に付け意志を示す事により、審査を受ける自信が得られます。前向きな行動になるので、ローン審査以外の場面でも自信になりますし、行動力や努力は結果に結び付きますから、無駄にはならないのです。

ローン審査の時間が短い事が特徴の金融機関は、ローン審査がダメな場合は審査は早いですし、保証人や担保が不要な点でも、利用し易さを実現しています。利用し易い金融機関の特徴によって、利用者の増加に繋がり、入口が広く作られている事によって、ローンの利便性を手にする可能性が得られます。金融機関が甘めの基準を設定していても、返済に責任がある事は変わりませんから、経営に必要な返済や利益を得る為には、厳しい対応によって返済を迫ります。

過去のローン利用で返済の滞りが発生していれば、金融機関からの評価は下がるので、今後のローン利用の場面では、審査の段階で不利に働きます。単発的な返済の遅れに対する信頼の取戻しは、比較的簡単に行える事によって、長期的な問題に発展する可能性は少なく、他のローンに影響する心配はなくなります。心配する必要があるのは、繰り返される支払いの遅れですから、約束を破る結果になりますし、信用を失う行動になります。

返済が遅れる事には理由がありますから、明確で納得出来る理由であれば、相談を行い話し合う事により、遅れがマイナスに働く事はなくなります。無駄な支出によって返済が遅れた場合は、原因は自らにありますから、金融機関から受ける評価は下がりますし、度重なる場合は大きな問題になります。ローン審査がダメな場合は審査は早いですが、これまでの利用方法に問題がないかを確認する事により、利用状況を見直す事によって、問題の特定に繋げる事が出来ます。

審査と融資は返済の完了で終わりますし、金融機関との関係が続く限りは、返済を終わらせる努力が必要で、決められた金額を支払い続ける事が求められます。理由があって遅れが発生しても、最後まで粘り強く支払い続ける事により、今後に問題を残す事はなりますし、審査で弾かれる可能性も減らせます。収入には限りがありますし、転職や収入アップは簡単ではありませんから、限られた収入を活かすお金の使い方で、可能性を広げる事が必要です。

金融機関はお金の自由を増やし可能性を広げる存在で、信頼関係を築く事が出来れば、利用の幅は拡大しますし、限度額の向上にも期待があります。限度額は返済に対する信用度で決められますし、十分な収入があっても信用が大切ですから、信用出来る相手との長期的な関係によって、金融機関は限度額引き上げに応じる事が出来ますし、顧客の要望に対して柔軟な姿勢を見せる事が出来ます。ローン審査結果が早く出る事で、時間の無駄を減らす事に繋がり、利用に繋げる行動を起こす事が出来ます。