新入社員ですが安定収入は有りますローン審査が通らないのは?

私は今年新卒で入社した会社員です。給料が出るのでやっと独り立ちできたと喜んでいます。ただまだ就職したばかりで蓄えが有りませんから、しばらくは給料内で生活するか、学生時代のように遊びまくりたい時には借入するしかありません。ところが卒業してまだあまり時間が経過していないのに、学生時代の仲間からはまた派手に遊ぼうと言うお誘いが毎日のように来ます。今は断っているのですが、私も遊び人ですから我慢できなくなり結局カードローンを借りることにしました。

ところが銀行と消費者金融各2社に申込みをしてみたのですがことごとく断わられてしまいました。私は入社直後とは言っても会社員で安定収入が有る筈なのに、これ等の金融機関はその点が分かっていないらしく、審査をした挙句駄目だと言っています。これでは当分遊べないので大変困った状況です。そこでお聞きしたいのですが、安定収入が有るにもかかわらずこれ等の金融機関がローンの審査を通さないのは何故なのでしょうか。

入社直後では信用しろと言う方が無理なのではないでしょうか

まだ給料出ていないのですよね。はっきり言えば自分自身でもいくら貰えるか分からない状態でしょう。それで金融機関に貸せと言う方が無理なのではないでしょうか。金融機関が貸せるのは返済の見込みが有るから貸すのであって、まだどの程度収入が有るのか分からない状況でそんな判断が出来るわけないじゃないですか。例えば大きな金額を借りる場合には年収を証明する書類が必要ですし、それが無ければ給与明細を2か月分程度出さなければなりません。

あなたの場合はまだそういう書類が無い筈ですから小額の申込しかできませんが、それでもこの例を参考にするなら、少なくとも2か月分程度の給料が出てからでなければ、判断はできないという事です。たとえばもし借入したとして、給料が思いのほか少なかったりしたら返済はどうするのですか。

自分で心配にならない方がおかしいと思いますよ。普通の感覚を持っていたら、返済出来るかどうかわからないから少なくとも数カ月は実際に生活してからでなければお金を借りようなどとは思わないでしょう。

それからもう一つ問題なのは計4件の申込みをしたという事です。この申し込み情報は信用情報中に記載が残ります。短期間に何件も申込みを繰り返すと、この人はお金に困っているのではないかという判断をされてしまう為、以後申込みブラックと言う状態になり、何処を申込もうが審査には通りません。

ブラック対応と言う業者も有りますが申込みブラックの場合には厳しいようです。この状態は申込みの情報が消えるまでの間続きます。

この期間は6か月を超えない期間と決められており、早い場合には一か月長い場合には六カ月にわたってあなたは申込みブラックの状態です。ですから次に借り入れられる可能性のあるのはこの期間が経過した後という事になります。その間収入を良く確かめて、期間経過後、その収入の範囲内で返済もして行けるという事であれば融資の申し込みをしても良いのではないでしょうか。また返済は難しいと判断したら借入は止めた方が良いと思います。

【参考ページはこちら】
女性だとローン審査に通りにくいってホント?

ローン審査が通らないのは?計画的な利用が将来を左右

ローン審査が通らないのは?疑問に理由がありますし、金融機関の審査が厳しすぎる可能性は考えられますが、多くの場合は利用者に問題があるので、利用状況を考える事が役立ちます。計画的な利用を行えば、将来的なローンの利便性は維持出来ますし、新しくお金が必要になりローンの利用を行いたい場合には、自由なローンの選択が出来る事は大切です。

金融機関の選択肢やローンの自由を維持する為には、信用を守る返済と計画が重要な要素ですから、金融機関に対する誠実な返済プランを実行する事で、将来的なローンの利用を有利に出来ますし、ローン審査が通り易くなる可能性は高まります。ローンの利用状況と返済をクリーンに保つ事によって、社会から信用が得られますから、お金に関する責任感と実行力により、様々な場面で困った場合に役立ちます。

審査には基準が設定され、金融機関の価値観によって決定されますから、内部的な管理の方法として、ローンの申し込みが行われた際に融資に適するかをチェックします。審査基準は金融機関により異なるので、同一の審査基準が共通するわけではありませんし、提供されるローンサービスの内容にも影響しますから、返済の実行力を優先する場合は厳しく審査されます。過去に遅延を発生させた場合は、長期的な影響を残す事があるので、一度でも返済は遅らせない事が大切です。

返済を発生させた事が無くてもローン審査が通らないのは?他の理由があり、返済能力以外の問題が審査に引っかかっている可能性がありますから、融資の条件を見直し確認する事で、融資の利用に適するかの判断を行う事が出来ます。事前に条件を良く確認する事は、審査に必要な時間の無駄を省く事になり、ローンの利用開始までに必要な労力の削減に繋がるので、事前の確認によりローン審査が通らない状況を避ける事に役立ちます。

雇用状況で収入源に対する信用が確認される事もあるので、アルバイト収入が有っても雇用が不安定であれば、長期的な返済は難しいと判断されますし、融資を行う条件を満たさない事になります。断続的なアルバイト先の変更によっても、継続的な仕事が難しい印象を与えますし、持続して収入を得る事が難しくなるので、同じく融資に適さないと判断されます。主婦はアルバイトとは事情が異なりますし、家族や夫が収入を得ている可能性はありますから、パートを行えば融資の確率は向上します。

パート収入でローン審査が通らないのは?主婦の疑問点で、夫も収入を得ていれば融資は可能なはずですが、過去の借入が問題になる事はありますし、返済が正しく行われていなければ、新規のローンと融資を断る事に繋がります。金融機関がリスクと判断された結果ですし、リスクに見合う利益が得られないと判断された状況ですから、ブラックに登録されていなくても、信用を失う過去の借入によって現在や未来に影響を与えます。

お金の自由を得る事はローンで実現出来ますが、利用方法が正しく守られている場合に限られるので、自らや金融機関に嘘をつかない事は大切ですし、約束に対する姿勢によっても、将来のお金に関わる自由度が左右されます。収入があればお金は自由に使い道を選べますし、十分な収入に余裕がある事により、投資や生活の充実は図れますから、豊かさへと繋げる事は出来ます。誰にとっても収入が順調に増加するとは限らないので、金融機関は存在価値を維持します。

価値ある金融機関のローン審査が通らないのは?利用が難しくなる原因で、利便性を手にする事が出来ませんし、お金の自由度も手に入りませんから、投資や生活の豊かさを実現する事が難しくなります。審査を受け易く融資を得る状態が維持される事は、将来に可能性を残す事になりますし、融資を受ける事が出来る選択肢が得られるので、将来設計は行い易く可能性を保ち続けます。信用を失う事は行動と結果によりますから、誠実さを維持する事は結果として跳ね返ります。

ローン審査が通らないのは?多くの場合は利用者に問題があり、金融機関から利用を制限される状況ですから、信用を再び取り戻す行動を行う事で、お金の自由を再び獲得する事に結び付きます。信用を取り戻すチャンスは返済で行えますが、利用前の段階で拒否されている場合は難しいですから、審査の条件を満たす努力を行っても通過できない場合は、申込み先を変える決断は必要になります。雇用状況によって選択肢は維持されるので、他に選べる金融機関がある事が役立ちます。

高齢者は収入が限られますし、長期的な借入は難しい状況なので、年齢が重なる程に利用は制限され、利用可能でも金額の上限は引き下がります。(こちらもご参考に→年金収入だけでローン借りられる?)無職は若くても可能性を奪うので、収入源が確保されない事と信用が得られない状況になりますし、返済能力は持たないと判断されますから、多くの金融機関にとって顧客として扱われなくなります。収入源を見付ける事が先決なので、アルバイトでも収入が有る事は条件になります。

アルバイトを見付けて仕事を始めても、短期間で実績は得られませんから、収入を得た直後に審査を申し込んでも通過する可能性は低くなります。一定期間の実績がアルバイトの継続と収入によって与えられますから、早めのアルバイト収入を得る事で、ローンの審査申込みが有利になりますし、融資によって恩恵を受ける事が出来る様になります。社会的な責任と恩恵はセットですから、収入を継続的に得る仕事が大切です。
(⇒ローン審査に通りやすい職業ランキング

収入があれば可能性は広がりますから、生活を豊かに行う出費が出来ますし、収入アップに繋げる投資に活用出来るので、スキルを磨いたり経済に関わる事がお金によって実現出来ます。お金がなければ自由は得られませんから、経済的に影響を与える事は難しく、欲しい商品も手に入らないので、生活が豊かになる事はなくなります。ローンは顧客のニーズに対応したサービスですから、利用目的と条件にマッチすると利便性が高まります。

ローン審査は基本が守られる事で融資が認められ易くなりますし、信用は行動によって結果となりますから、利用者の使い方によって左右されるので、結果の原因は自らに多くあります。金融機関に問題があるとしたら、管理情報に間違いがある可能性は考えられますし、過去に金融機関を利用した事があれば、審査が通り難い原因が金融機関にある可能性は十分です。ローンの利用が増加する事で、原因究明困難になります。

複雑な利用を行う事で、信用を失う原因を特定する事が難しくなり、現在も返済が継続されているローンがあれば、更に原因を持つ可能性は増加します。最初のローン利用から計画性が保たれていれば、問題が発生する事は少なくなりますし、リスクを回避する事により審査の通り易さは維持出来るので、将来に役立つ状況が維持され価値となります。転職を行い仕事を変える事で収入アップを図る事は、ローン利用を前提とした場合に役立ちます。

転職は仕事のチャンスが得られますから、条件が良い仕事とスキルのマッチングが行われる事で、新しく仕事が始められる様になりますし、収入の余裕がローンの利用に繋がります。収入のアップはローンの審査に有利ですが、転職直後は一定期間の評価待ちが発生するので、直ぐに利用する事は難しいですし、期間限定の不利な状況が発生します。一定期間後は以前よりも収入のメリットが向上しますから、利用限度額の引き上げに期待があります。

審査を受ける事は自由でローンの申し込みは決断によって行われますが、結果は行動次第で変わりますから、積極的に審査を申し込み続けたとしても、信用度が低ければ同じ結果が待ち受けています。信用は失う事が簡単に起こりますし、お金の信用は影響が大きいですから、約束を果たす事を優先して実行する事が大切で、約束を守る努力が評価される事により、金融機関と顧客の信頼関係は維持されローンの審査にある通り易さは信用と共にあります。