ローン審査が通らない時にやったほうがいいこととは

ローン審査が通らない時、私も何度もそういう経験があるんですけれども落ち込んでしまいますよね。せっかく借入をしてこういうことに使おうと計画していたにも関わらず、それが出来ないとなると「どうしたらいいんだ」と途方に暮れてしまったりします。

また別の業者の申し込みをするという方法もあるかと思いますが、ローン審査が通らない時というのは、いったいどういうことをしたらいいのでしょうか。何か特殊なやらなければいけないことなどがあったりするものですか?

ローン審査が通らない時は自分自身の見直しを行うべし

借金をしようと思って通らない時というのは結構つらいもので、せっかくあれをやろうこれをやろうと思っていたことすらもできなくなってしまいます。こういうことはできるだけ想像もしたくないかと思いますが、現実的にも起こり得ることです。では起こってしまったら、ローン審査が通らない時にはどうしたらいいのか?というと、まず直ぐに他の業者に申し込みをするのはやめておいたほうがいいでしょう。

他の業者に申し込みをすること自体が悪いことではないんですけれども、すぐに申し込みをしたら同じ目に合う可能性が高いです。なにも審査に通らなかった時代と変わらない状態で借り入れを再度行うということになるわけですから、それでは結果が変わらないことになりかねません。ですからちゃんと自分自身を見つめなおすための時間が必要なのです。

見つめなおすための時間というのは具体的に言えば消費者金融やカードローンを受けた時に、なにが行けなかったというのを考える時間です。考えて他の人に聞いてみたりすると以外に落ちた原因というのがわかるものです。どうして落ちることになったのか?ということもしっかりと捉えておけば、後々申込みをしたら審査に通りやすくなるというわけです。(こちらもご参考に→ローン審査に絶対通れる金融業者はどこ?

借金をする方法はいろいろありますが、もし審査に通らなかった時にやらないといけないことは同じ、だといえるでしょう。ですからどういうものであろうとも、審査に通らなかったならばまずは自分自身を見つめなおしてみてください。どこか必ず良くない部分が見つかるでしょう。その部分は借入を他社からしているということかもしれませんし、収入が少ないということかもしれません。

その原因がわかれば後は原因を潰せば借入をすることが出来ます。難しいことではありませんし少しでも借入出来る次回の確率を上げたいという人であれば、やっておいて損はないかと思います。借金したいと思った時にローン審査が通らない時があり、落ち込んだことがあれば尚更です。

【参考ページはこちら】
ローン審査に通れない原因が分からない!

ローン審査が通らない時にはチェックしてみましょう

ローン審査が通らない時には、何かしらの原因がありますので、それを把握するして改善することで、審査に通るようになるかもしれません。

ここではローン審査が通らない時にチェックすべきポイントをお伝えしていきますので、一度申し込みをしたが落ちてしまった方や、それから申し込みを使用とお考えの方は、チェックしてみてください。

まず、ローンとは借金をすることですので、収入がなくてはなりません。また返済していくには分割で長期間にわたり行っていきますので、長期間にわたり収入が見込めなくてはならないということになります。

長期間にわたり安定した収入が見込めるかの判断は非常に難しくなりますが、どのようにして判断をしていくのでしょうか見ていきましょう。

まず雇用形態が重要となります。当然正規雇用であれば会社との繋がりが強くなりますので安心ですし、最も安心なのが公務員となります。公務員であればリストラの心配がありませんので、今後もその収入が続いていくことが予想されます。

逆に低評価となっていまうのがアルバイトやパート、派遣社員、契約社員、自営業になります。まずアルバイトやパート派遣社員、契約社員などは会社との繋がりが弱いので、解雇されたり、自ら辞めることも簡単に出来てしまいますので、低評価とされてしまいます。

自営業の方はどんなに収入が多くても、やはり不安定な職業とされてしまいますので、年収の低い公務員と比べても低評価になることが多いです。

そのほかにも重要な項目があり、それは勤務年数になります。「安定した」という部分は特に判断が難しくなってしまいますので、それを勤続年数から判断していきます。

勤続年数が長ければ長いほど、今後も続いていくと予想されて高評価となりますし、短期間で職を転々としているような方ですと、申し込み後も職が変わってしまう可能性があります。

そうなってしまうと収入額も判りづらくなりますので、当然いくらぐらいの金額を貸すことができるのかの判断も難しくなってしまい、結果としてローン審査が通らないといったことが起きてしまいます。

そのほかにもチェックする項目はありますので見ていきましょう。当然のことですが、既に他のローンを組んでいたり、借り入れがある場合には、低評価となりますので注意してください。

住居形態も重要で、当然ですが持家があるのが最もよく、中でもローンを完済している場合には借金もない状態で、過去に返済している実績もありますので、業者も安心して貸すことができます。

持家であれば、ローンを返済中であっても高評価となりますので安心してください。賃貸の場合には住んでいる年数が重要となり、長がければ長いほど、当然今後もそこに住んでいる可能性が高くなりますので、高評価となりますし、逆に住まいが転々としている場合は夜逃げなどの心配もありますので低評価とされてしまいます。

そのほかにも意外な理由でローン審査が通らないことがありますので、見ていきましょう。例えば携帯電話の料金が未納になっている場合です。

こんなことでと思う方もいらっしゃるかと思いますが、それでもしっかりと支払わなくてはならない料金を支払っていないという事は、返済能力が無いと判断されてしまいます。

近年は機種の代金を分割で支払う方法をとっている方も多いと思いますが、これもローンになりますので引き落としの口座にお金が入っていないため未払いとなったりしてしまいます。これでも審査に通らない原因となりますので注意してください。

次に年金保険料が未払いの場合にも審査に通らないことがあります。日本では年金保険は20歳を超えると支払わなくてはなりませんが、当然20歳の時点では学生だったという方が多く、その期間は支払っていないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、この未払いの期間があると審査に通らないことがありますので、このような方は一度若年者納付猶予制度などを使用することができないか、市役所などで相談をしてみてください。

税金が未納になっている場合にも審査に通りにくくなります。車にかかっている税金や住民税などの支払いが滞っている場合にも、審査に通らなくなります。

これは支払いがクレジットカードからの引き落としの場合でも、支払いが滞っている場合には通らなくなってしまいます。要するに他の支払いが滞っていた場合には、返済能力が無いと判断されますので、これらの支払いを済ませてから、申し込みをするようにいたしましょう。

まだまだポイントはありますのでチェックしてみてください。上記のことはお金を貸す側になってみれば当然のことですので、気が付かないという事は少ないと思いますが、意外と気が付かないことがクレジットカードのキャッシング枠になります。

クレジットカードに付いているキャッシング枠はATMで簡単に使用ができるものがありますので、金融機関によっては、その状態がすでに借りているものだと、見なされてしまうことがあるのです。

ですのでキャッシング枠が付いているクレジットカードをたくさん持っているだけで、審査に通らなくなってしまう可能性がありますので注意してください。

このような状態になっている場合には、クレジットカードのキャッシング枠を解約してしまえばよく、方法も電話一本で解約することができますので、使用していないキャッシング枠は解約をするようにしておきましょう。

健康状態も審査に通るか通らないかの分かれ目になることがあります。先ほどもお伝えした通り、ローンを組む際には安定した収入が見込めることが最大の条件となりますが、健康状態が悪いとそれが継続されない可能性が高くなることから、審査に通らないことがあります。
(⇒ダメな場合はローン審査結果が出るの早い?

また家を買う際にローンを組もうと考えている方の場合には、ほとんどの住宅ローンは団体信用生命保険に加入していることが条件としてあります。健康状態が悪い場合には団体信用生命保険に加入することができませんので、当然受託ローンを組むこともできなくなります。

この団体信用生命保険とは、どのようなものなのか見ていきましょう。これは住宅ローンの借り主が事故や病気などで万が一死亡した場合、もしくは高度障害などになった場合には住宅ローンの支払いを免除するという制度になります。

多くの住宅ローンでは、この団体信用生命保険に加入することが条件としてありますので、健康状態が悪いことで、この団体信用生命保険に加入することができず、その結果住宅ローンの審査に通らないという事になるのです。

この住宅ローンを組む際に、唯一フラット35だけは団体信用生命保険に加入しなくてむくむことができる住宅ローンになります。しかしこれですと保障がないこととなりますので、注意してください。

もし持病などがあり、保険に加入できないのであれば保障がない状態でも良いのですが、そうでない場合にはしっかりと健康管理をして団体信用生命保険に加入して住宅ローンを組む方が良いでしょう。

このようにローン審査が通らない時にチェックすべきポイントを見てきましたが、まとめると安定した収入が見込めることと、今現在支払わなくてはならない金額をしっかりと支払っていること、住居を転々とせずに、しっかりと連絡が取れること、そして健康でいることが審査に通ることとしては重要だという事になります。

このようなことに自分が当てはまっていないかチェックをしていき申し込みをしてみて下さい。ただし注意しておきたいことがありますので最後にお伝えします。

ローンの申し込みに通るか不安になり、短期間で複数の業者に申し込みをしてしまう方がいますが、これをしてしまうと審査に落ちてしまいます。

理由はローンなどの申し込みをした時には、そのことが信用情報機関に登録され、全国の金融機関で共有されます。短期間で複数もの申し込みをしていると、業者は不審に感じてしまい審査に落ちてしまいます。審査に通るか不安だからといって、たくさん申し込むのは止めるようにしてください。