マイカーローン審査がダメたったらキャッシュをどう用意する?

自動車を買うときに一番いいのはなにもお金を借りなくて自分のお金、キャッシュを用意して一括で購入することだと思います。車を購入するときに一括だからと安売りしてくれるところもあるくらいですから、現金での支払いが一番でしょう。

しかし誰もがお金を持っているわけではないからこそ、自動車ローンというのがあるわけです。そんな普通の人がマイカーローン審査がダメだったらキャッシュをどういう風に用意すべきなのでしょうか?ここはもう、諦めるしか無いということですか?

マイカーローン審査がダメだったらキャッシュは他で調達

どうしても自動車がほしい、何としてでもほしいと言う人向けということになりますが、マイカーローン審査がダメだったらキャッシュをどうしたらいいのか?という点は迷いがあるかもしれません。しかしマイカーローン審査がダメでも、現金をどこか他のところから調達するという方法もあります。これはあまりおすすめできるものではありませんが、どうしてもというなら使えるでしょう。

どうしてオススメが出来ないかというと一般的に自動車ローン、マイカーローンと言われているものの金利というのは御存知の通りかなり低めです。一桁は当たり前ですし、それ以上になると高すぎて払えません。5年や場合によっては10年くらいまで分割して支払いをさせてもらえるところもありますから、かなり便利です。しかし使えないとなれば、さらに金利の高いところに頼るしかなくなるというわけです。

自動車ローンのために消費者金融で借りる、という方法もあります。この場合業者にはよりますが、自動車ローンだからということで借り入れをするときに担保に入れることを求めてくるところもあります。担保に入れることで、一般的な貸金業法での総量規制を外れるようで、車のお金を全額貸し出せるというわけです。しかしそれでも金利は高めになってしまいますが。

金利は高めでもイイ、担保に取られたとしてもいいというのであれば、こういう方法も業者によっては使ってくれるところがあるというわけです。ただ、マイカーローン審査がダメだったらキャッシュを他から用意するなら、できれば他のマイカーローンを選ぶほうがいいでしょう。そうすれば通る可能性というのが出てくるのです。マイカーローンにも審査の厳しさ・甘さというのがありますから。

マイカーローン審査がダメだったらキャッシュを他から用意するとなると、金利も高いし結構損をしてしまうということが考えられるのです。それでも車がほしいという人は、別に方法がないわけではないので使ってみるといいでしょう。

【参考ページはこちら】
すでに借金があるのに車のローン審査に通れる?

マイカーローン審査がダメだったらキャッシュ

普段の買い物は現金で支払うことは多いですが、やはり現金で一括で支払うのは難しい買い物もあります。家を購入するときは住宅ローンを組んで長期に少しずつ返済していくことが多いですが、自動車もそこまで高くはないとはいえ、新車で購入となるとかなりの出費となります。

自動車を持っていると通勤やレジャー、普段の買い物への利用など生活にとても役立ってくれますし、交通が発達していない地方の場合では自動車は必需品となっている場合もあり、贅沢ではなく、どうしても必要という場合もあるものです。

自動車は新車なら安いものでも100万円以上しますし、200万円、300万円、あるいはそれ以上の車もたくさん存在します。

そして中古の場合でも数十万円は必要ですし、グレードの高い車の場合はやはり中古でも何百万円もすることもあり、そうした車を選んだ場合は、支払いは簡単なことではありません。

新車の場合も中古の場合も、現金一括ということは難しい場合もあり、一括で支払うのが難しい場合はマイカーローンを組み、無理のない範囲で支払っていくこととなります。ローンを組めば、3年や5年など、それぞれの収入に合わせて支払っていくことができますので、一括で購入が難しいクラスの車も購入できるようになります。

この場合は目的別のローンとなっていますので、借りたお金は自動車の購入費以外には使えなくなっています。

すぐに全額支払える現金を用意できないという場合難しいという場合はローンを申し込むことも検討してみましょう。ローンを組めば車の購入費を立替払いしてもらえることとなり、その後は毎月、その金融機関に返済していくこととなります。

そして、便利なマイカーローンも誰もが利用できるというわけではなく、やはり審査はあります。審査に無事クリアすることができれば、ローンで支払っていくことができますが、中にはローンの審査に落ちてしまう場合もあり、そうなると自動車の購入は難しくなってしまいます。

マイカーローンが利用できない場合も様々な理由がありますが、勤続年数がまだ少ない若い世代などは審査にクリアすることが難しくなる場合もあります。

そして他に借金があり、その支払いが滞納している場合なども審査に影響する場合もありますし、逆にまったくクレジットカードの利用がなどの場合もローンの審査を見送られる場合があります。

ローンの審査に落ちてしまった場合は、すぐに別のローンに申し込むのではなく、まずはその原因を理解しておくことも大切です。

マイカーローンを組めなければ、自動車は購入できないのかとなりますが、そういうことではなく、現金で支払うことができれば、問題なく自動車を購入することができますし、名義もすぐに本人のものとなります。

マイカーローンを組む場合は、自動車は普通に手元に置き、利用できるものの、この時点ではまだ名義は本人のものではありません。

ローンを組んで返済中という場合は自動車の名義がローン会社となっており、完済するまでは車を売りたいと考えることがあっても自由に売ることもできません。売る場合でも名義変更をしたり、様々な手続きが必要となりますが、すでに本人の名義になっていれば、売却も自由に行えるようになります。

では、次にどのようにお金を用意していくのかも考えていきます。

マイカーローン審査がダメだったらキャッシュで支払う方法としては、当初予定していたグレードの車より、ややグレードを落とし、無理のない範囲で購入できる車に選び直すという方法もあります。

グレードを落とすことで借入せずとも返済できるのであれば、自動車をもう一度選び直してみるのも良いでしょう。

とはいえ、自動車は一度購入したら、簡単に買い替えるというわけにはいきませんので、グレードを下げて後悔しないかはよく考えておく必要があります。

そのほかでは現金を用意する方法としては、カードローンを利用するという方法もあります。カードローンは消費者金融が提供しているもの、銀行が提供しているものがありますが、どちらも保証人や担保は必要なく、安定した収入のある方なら申し込むことができます。

そして、カードローンの場合は原則としてその用途は自由となっていますので、自動車の購入費にも利用することができます。

消費者金融の場合は総量規制があり借入できる金額は年収の3分の1までの金額ですが、銀行のカードローンの場合は総量規制の対象ではなく、まとまった資金を用意したい場合に向いています。さらに消費者金融よりも低金利ということもあり返済も楽に行うことができます。

カードローンの良いところは、他のローンと比べて手続きが比較的簡単に行えることにあります。用意する書類も少なくて済みますし、手続きも来店なしでも行うことができ、さらに審査の結果も短時間で知ることができます。

できるだけ急いでお金を用意したいという場合にも向いている仮入れ方法です。

カードローンの審査にも不安を感じる場合もありますが、自動車ローンの審査に落ちたからといって、カードローンが利用できないというわけではありません。

審査の基準は業者により差がありますので、マイカーローンに落ちた場合でもカードローンは問題なく利用できる場合もあります。

ほとんどの場合は即日審査に対応しており、その日のうちにも審査結果を知ることができます。多くの金融業者では公式サイトで簡易審査が用意されていますので、こうした機能を利用すれば簡単な入力ですぐに借入可能かどうかを知ることができます。

この結果がすべてというわけではありませんが、借入可能と判断されたら、手続きを進めていきましょう。

そして無事審査に受かることができたら、早ければその日のうちにも融資を受けることができますので、自動車の購入資金を用意することができます。

カードローンの利用方法としては、まずは業者選びが大切ですので、融資限度額や金利はよく比較しておきましょう。

申し込みは来店、自動契約機、電話、郵送、インターネットなどで行えますが、このときには身分証明ができる書類が必要ですので、運転免許証などの書類を用意しておきましょう。

小額の利用であればこれだけの準備で手続きを進めていくことができますが、100万円以上など借りる金額によっては収入を証明できる書類も必要となりますので、こちらも用意しておきます。

どうしても車を購入する必要がある場合にも便利ですし、カードローンで借入ができれば、自動車のグレードを下げなくても本当に欲しい車を選ぶこともできます。

そしてカードローン以外にもフリーローンというローンもあり、こちらもその利用の目的は自由となっており、カーローンと同じぐらい低金利で利用できるサービスもあります。

フリーローンもカードローンもその用途が自由ですので、同じものというイメージがありますが、カードローンが限度額の範囲内で何度でも借入ができるのに対し、フリーローンの場合は返済を続けて利用枠に余裕ができても、新たに借入をすることができません。

例えば、100万円を借りる場合も、フリーローンは一括で100万円を借りることができますが、あとは返済していくだけとなります。

自動車の購入費用以外の借入が必要ない、ローンを組むのは1回切りという場合はこうしたローンを選んでおくと良いでしょう。残高も確実に減らすことができますし一定の期間で確実に返済したいという場合にも向いています。

そして、他の用途でもお金が必要になるという場合は何度でも利用できるカードローンが便利となります。他の用途でも借入をする場合は返済期間が長引く場合もありますので、事前に返済シミュレーションも利用し、無理のない範囲で返済できるかはよく確かめ、計画性を持って利用していきましょう。

どちらも似ているものの、その特徴は違いがありますので、自動車の購入で利用する場合もそれぞれの目的に合ったローンを選んでいきましょう。