車ローン審査通らない…原因で考えられるのは?

原因を教えてもらいたいというか難しいなら考えてもらえればと思うんですが、車ローン審査通らない理由についてです。個人的にはカードローンなどで通らない理由というのは分かるんですけれども、車ローン審査通らない理由というのはあまりよくわかっていないのです。

例えばこういう人は車ローン審査通らないとか、実際に落ちたというような実例などはないでしょうか。そういった例があれば教えてもらえれば、分析に使えると思いますのでよろしくお願いします。

車ローン審査通らない理由はカードローン審査と似ている

カードローン審査についてはある程度調べて聞いたことがあるからわかる、ということみたいですけれども車ローン審査通らない理由についてはよくわからないということですね。まぁ確かに自動車ローンについての話は結構たくさんありますが、審査に落ちるとか落ちないとかそういう話はあまり出てこない用に思います。ただカードローン審査と基本はあまり変わらないと思っていいでしょう。

カードローン審査というのは落ちる・通らないという時にどこが指摘されているか?というと、たいていが収入、職業、そして他の借り入れでしょう。これらが主に見られている点で、総合的に「この人は大丈夫か?というのが見られるというわけです。で、実際に収入が大きいとか職業が安定しているということで、借金ができるようになります。(こちらもご参考に→ローン審査に通りやすい職業ランキング

同じように車ローン審査についても考えられています。車ローン審査の場合はどうしても違うような気がしますが本質は同じです。ちゃんと収入はあるか、職業は安定しているか、借金は他にどのくらいあるのかなどが見られるのです。これらを総合して見られる理由として、車ローン審査といのもまた返済可能性を見ているからなのです。

例え担保があると言っても、車を売ってまた車を取り戻したところでそれはもう中古車としての価値しかなくなるわけです。そうなるとどう考えても損するわけですから、ローン会社としてもできるだけ支払ってもらった方が得なのです。で、あるならちゃんと支払える人に貸し出しをするのは当然で、借りる人についてもカードローンと同じように審査をするわけです。

もちろん借り入れする金額が大きいですから、銀行系カードローンや消費者金融を使う時よりも圧倒的に審査としては厳しい、と思っておいてください。なかなか審査に通らないということは返済可能性が低いと見られているわけですから、収入や職業、借金を減らすということで対応するしか無いでしょう。原因は絶対にこれらの中にありますから。

車ローン審査通らない方がチェックすべき2つの項目

自動車の購入方法には様々な方法がありますが、いずれもまとまったお金が必要になります。中でも、新車や高級車を購入する際は特に多くの購入費用が必要なものです。

多額の購入費用を用意するには、自動車用に新しく貯蓄をしていく方法がありますが、この方法では自動車の価格と同額の貯蓄額になるまで貯め続ける必要があります。新しく自動車用の貯蓄を始めるのは、購入時に利子がかからないというメリットがあるものの、反面、長期の貯蓄を行い続けなければいけないデメリットがあります。

そこで、できるだけ自動車用の貯蓄をする期間を短くして、自動車を購入しやすくする方法があります。それが車ローンです。車ローンは記入サービスを行ってるローン会社が、自動車を購入する事を希望している消費者向けに販売している金融商品です。社会人から大学生まで、様々な顧客を想定して多様なプランが用意されています。

車ローンは自動車を販売しているローン会社は、自動車ディーラーと提携している信販会社やクレジット会社が代表的な企業です。その他にも大手金融企業のグループ会社や信用組合の他、大手銀行から地方銀行まで、数多くのローン会社が参入しています。車ローンを利用したい方にとっては選択の幅が広く、利用しやすい状況と言えます。

車ローンを利用したいと思うのであれば、ローン会社が用意している車ローンプランの中から、自分の需要に合ったものを選んでいく事になるでしょう。しかし、ローン会社は車ローンプランを申し込んできた顧客全てに融資をする事はありません。毎月のローン返済を、安定して持続的に行ってくれる優良な顧客として信用した方にのみ融資をします。

既に車ローンの利用申し込みをした事があるものの、ローン会社から利用を断られた方は、ローン会社から毎月のローン返済を安定して持続的に行える経済環境ではないと判断された事になります。車ローン審査通らない方は、どの様な理由で断られたのか1度冷静にチェックをして改善する事で、次の車ローン審査で有利になります。

チェックすべき項目は2つあります。1つ目は、月々の車ローン返済を堅実に行える環境です。車ローンの審査において、利用申し込みをした方の収入は多ければ多いほど有利ではあります。しかし、収入が多い事は審査が通る決定的な要因とはならないものです。

収入が多くても、それが長期間持続されている実績があっても、経済状況が悪いという状況は多くあります。例えば、多額の債務を抱えている場合です。高収入の方であっても、毎月のローン返済額が多ければ経済に余裕がありません。債務額が多額であれば、それだけ毎月のローン返済額も多くなりがちです。

毎月のローン返済額が毎月の収入額に近づくほど、その方の経済状態は悪い事になります。こうした顧客と車ローン契約を締結してしまうと、車ローンが新しく債務として加わりますので、顧客の経済状態はより悪化します。この為、顧客はローン完済をするまでに返済が滞ってしまう事が想定されます。焦げ付きのリスクはとても高いものとなるでしょう。

ローン会社は、顧客と契約したローンを毎月安定して返済してもらう事で利益を得ています。返済が途中で滞れば、利益どころか融資した分のお金も戻らない事になります。

こうした事情や理由から、ローン会社は顧客の収入の良し悪しだけでなく、経済的な状況も考えて審査を行います。ローン会社が顧客として信用できないと判断する方には、長年正社員として勤務し続けている、収入の多い方も居るものなのです。

また、ローン会社が月々の車ローンを堅実に行えない環境として判断するポイントとして、ローン契約件数があります。あまりにも多くのローン契約を結んでいる顧客は、ローン会社から信用を得にくいものです。

顧客のローン契約件数が多い事は、まず、債務が重なって経済状態が悪いという状態が考えられます。個々のローン返済額は小さくても、それらが多数重なっていれば、毎月のローン返済額は膨大なものになります。こうした顧客にローン会社が車ローンを新しく締結する事は、顧客の経済状況を悪化させるだけです。返済が途中で滞り、焼け付くリスクが高いと言えます。

ローン件数が多くても債務総額が少ない場合もあります。しかし、その様な顧客でもローン会社にとって歓迎できる存在ではありません。ローン件数が多い顧客は、ローン会社と車ローンを締結した後も、別のローン契約を続々と締結していく恐れがあります。顧客が新しいローン締結を止められないのであれば、月々の債務はどんどん膨れ上がっていくでしょう。それが続いていけば、やがて月々のローン返済は滞るようになります。

ローン会社が締結する車ローンが、最後のローン締結となるとは限りません。また、ローン会社には顧客にこれ以上のローン締結をしないように強制する権利はありません。顧客が経済状態をコントロールする能力が乏しいと判断される以上、ローン会社は車ローンを締結するのを見合わせるしかないのです。

ローン会社は車ローンの審査時に、顧客がローンを完済してくれるかどうかや、返済を安定して持続的に行ってくれるかを厳しくチェックするものです。顧客自身にとっては巧みにやりくりをしているつもりでも、ローン会社にとって信用できるだけの安定性が無いのであれば、車ローン締結は難しくなります。

2つ目は、これまでの支払いを誠実に行ってきたかです。たとえ高収入を維持し続けてきた社会的地位の高い方や、ローン件数が少なく債務がほとんど無い方でも、ローン会社にとって信用できない顧客の行動があります。

例えば、クレジットカードの利用履歴です。顧客のクレジットカード利用履歴の中に、引き落とし不能の経歴があるのであれば、これはローン会社にとって信用できない顧客と判断する目安の1つとなります。また、携帯電話の利用料金滞納等もローン会社の審査対象となるものです。

ローン会社は、顧客の経済状態の良し悪しだけでなく、ちゃんと支払いをしてきたかも調査します。クレジットカードの使用履歴に引き落とし不能があったり、携帯電話の利用料金を滞納していたりと、支払いトラブルを起こしている顧客は、経済状態が良くてもそれをローン会社との相互利益の為に使ってくれるとは限りません。

ローン会社の車ローンを利用する以上、顧客にはローン返済をする義務があります。しかし、過去に支払いトラブルを起こしている顧客は、義務があるにも関わらず何らかの理由で支払いをしない事が想定されます。ローン会社にとって、過去に支払いトラブルのある顧客は、相互信用の関係を築きにくい存在なのです。

金融というシステムは、融資をした相手が誠実に返済を行う事で成り立っています。この金融のシステムが成り立たない顧客であれば、ローン会社にとっては融資をする事が不可能な存在になります。

顧客自身が故意にやった事ではない事であったとしても、ローン会社にとってはリスク要因である事は変わりありません。本人に悪気が無いとしても、月々のローン返済を滞らせるものは、それが何であれローン会社にとってのリスクなのです。

金融サービスは営利活動であり、人道支援を目的として融資を行っている訳ではありません。この為、顧客にとっては色々な事情や理由があったとしても、それでローン会社にとってのリスクを解消できるとは限らないものです。車ローンを契約したいのであれば、支払いは誠実に行っていなければなりません。

2つの項目の中で、自分に思い当たる所がないかをチェックする事で、車ローン審査が通らなかった方も理由を探しやすくなります。車ローン利用に有利な要素は様々な所で指摘をされていますが、有利な要素が多くてもローン会社との信頼関係を築けないのであれば、ローン審査には通りません。

車ローン審査に通らない事で悩んでいる方は、ローン会社から信用される融資先になれるように経済状態やお金の意識を改善していくと良いでしょう。

【参考ページはこちら】
クレジットカードを持っていない人は車のローン審査に不利?