銀行でなぜローン審査が通らない人が多いのか?

前々から疑問に思っていたのが銀行系カードローンの話です。銀行系カードローン審査が通らないっていう人、すごい多くないですか?いろいろな掲示板などの話を見ていたら、通らないで困っているという人の話があって、どういう風にしたら通るかをアドバイスしている人がたくさんいるというイメージが有ります。

銀行系カードローンってその割にはすごい人気が高くて、消費者金融よりも利用者が多いっていうのを聞いています。これってどういうことなんでしょうか。なぜ通りにくいのに人気が高いのか、人気が高いなら審査に通りやすくてもいいんじゃないかと思うのですが…

銀行系カードローンの条件がいいのでどうしても借りたい

銀行系カードローン審査が通らないという人は多いけれども、何故かすごい人気になっているというのはその通りだと思います。なぜここまで人気なのか、普通審査に通らないとなれば消費者金融のほうが人気が出てもおかしくはないでしょう。しかしこれは多くの人が良い条件で借りたいと思っているからだと言えます。良い条件で、それこそなんとしてでも借りたいと思っているわけです。

なんとしてでも借りたいからこそ、消費者金融ではなく銀行系カードローンの方にシフトするということです。なんとかして通るんじゃないか、業者を変えれば何かできるんじゃないか、裏技があるんじゃないかと考えながら、多くの人はチャレンジをし続けているというわけです。借入を今すぐしなければ危ないというような人にとって見れば難しいですが余裕のある人にしてみればこれでいいのです。

借金をする時には余裕のある人、とりあえず借りられるときに借りられたらいいやと思っている人が多く、即日融資をしてほしいと思っている人のほうがまだまだ少ないのでしょう。そこまで焦ってしまう人であれば、もちろん借金は早いほうがいいですから、消費者金融を使うでしょう。しかしそうではない、余裕があって条件がいいところから借りたいと言う人には銀行系カードローンの方がいいのです。
(⇒審査が甘い銀行のフリーローンってある?

銀行系カードローンが全ていいというわけではないですし、審査の甘いところを使ったほうがいいという人もいるでしょうが、基本的には一般論として条件のいい銀行系カードローンが優れていることは間違いないと思います。ですので、多くの人が使いたいと思って人気なのはおかしいことではありません。

まぁ人によっては銀行系カードローンをどれだけ受けても通らないだろうという人もいますから、そういう人はすぐに諦めて審査が甘いと言われている消費者金融を使うほうが良かったりすると思いますけどね。

銀行のローン審査が通らないのはなぜか知ろう

普通に生活している分には普段大きな出費はないでしょう。しかし急なお金が必要になることはあります。そういう時に便利なのがローンやキャッシングなのです。ローンやキャッシングは条件を満たしていて、審査にさえ通れば誰でも利用できるのが魅力です。保証人や担保は基本的には必要ありませんし、誰にも迷惑をかけずにできるのがメリットです。

審査は各会社によってチェック項目は違いますが、収入面以外でも人柄や細かい面を見られることがあります。そしてまず一番にチェックされるのは信用情報機関です。この機関には個人のお金に関する情報がいろいろと記録されています。融資を受けたことはもちろん、返済に関することや携帯電話の滞納についてもここに記録されてしまうので注意が必要です。

債務整理をした時などは5年間は記録が残りますので、それが削除されてから申し込みをするほうが無難です。滞納記録や遅延記録が残っているとやはり信用できない人物だとみなされ、審査に通らない可能性が高まってしまうからです。お金に関してはシビアなくらいに行動するほうが良いです。

融資を受ける場合、どこで借りるかによって限度額が大きく変わります。現在、融資を受ける時には総量規制という法律が関わってきます。これは年収の3分の1の金額までしか融資を受けることができないという決まりです。消費者金融会社などの場合はこれが適用されますので、例えば年収が150万円の方であれば、最高限度額は50万円までとなります。

これ以上は融資を受けることができません。ですから、これ以上高い金額を希望した場合は審査に落ちてしまう可能性があります。そしてこの総量規制の枠の影響を受けないのが銀行です。こちらは審査にさえ通ればいくらであろうと融資を受けることはできます。

しかも資金が豊富なため、どこの銀行でも限度額が高額であることが多いです。しかも利息が低めに設定されているので高額なお金が必要になった方にとっては銀行からの融資は非常に魅力的です。ただしローン審査が通らないという方もその分少なくありません。

お金を扱っている機関なだけにお金に関してはきっちりしています。そこが安心して利用できるところであり、大手の消費者金融会社よりも簡単には利用しにくい点でもあります。

審査には数日間かかるのが一般的ですから急いでいる方は消費者金融会社など即日融資をしているところで借りるのが無難でしょう。しかしもし時間がある方ならば金利が低い銀行での融資を受けるのがオススメです。審査に通らない方はなぜなのかと理由が気になるところでしょう。一番の理由は他社での借入れ数の多さという可能性があります。

同じ金額の融資を受けている場合でも他社に借入れしている人と一社のみで融資を受けている人とでは印象が違うのです。当然、多社で借りている人への信用度は低くなってしまいます。一般的にこの他社での借入れは1,2社くらいであれば問題なく審査に通るといわれています。3社はボーダーラインであるといえるでしょう。

だからといって嘘の申告をすることはオススメしません。嘘の申告をすれば確実に審査には落ちてしまいます。もしすでにたくさんの会社から融資を受けてしまっている場合はおまとめローンの利用をして1つにまとめてしまうのが良いです。おまとめローンをしてくれるところであれば、比較的多社での借入れには寛容なところがあります。

そして1社か2社に申し込みをしたら、次に申し込みをするのは半年ほどあけてからにするのがベストです。金融に関する情報が記録されている信用情報機関ですが、ここには融資の申し込みをしたことに関しても情報が記録されています。

つまりあまりに多くの融資の申し込みをしてしまうと、それだけ切羽詰っている状態だとみなされて、返済能力を疑われてしまうのです。信用情報機関は貸す側が損をしないように、そして借りる側が借金でどうにもならない状態にならないようにと両方の立場を考えて作られた機関ですから、この情報の開示はやはり必要なことであり、これがある限りはどんなこともごまかしようがありません。記録に残らないことといえば、個人間のお金のやりとりくらいです。

また年収の低さも審査に通らない原因になります。確かに総量規制の枠の影響は受けませんが、返済をしなければいけないのは同じです。お金を借りても返す能力がない場合はボランティアではありませんので貸してもらえません。アルバイトでもいいので、とにかく安定した収入を得られるように仕事を探すのが先決です。

カードローンであれば必要なのは本人確認書類になります。本人確認書類とは運転免許証やパスポート、健康保険証などのことをいいます。ベストなのは運転免許証ですが、もし取得していなければ健康保険証などを準備しておくといいです。

融資を受ける金額によっては収入証明の書類も必要になります。収入証明の書類は会社勤めの方であれば源泉徴収表や課税証明書、給与明細書などいずれかの写しが必要です。自営業の方は課税証明書か確定申告書の写しが必要になります。

印鑑も必要になるので忘れずに用意しておくようにしましょう。審査はほとんどの場合、数日かかりますので余裕を持って早めに申し込んでおくのが良いです。融資の仕方についても振込み式なのかカードを受け取ってからでないければ利用できないのかということも調べておくといいです。

ショッピングサイトなども展開している銀行では主婦向けのカードローンやブライダルローンなど各種目的別のローンがあるので便利です。また利用することによってショッピングなどに使えるポイントが貯まっていくというものもあります。

これでしたら融資されたお金を使える上に貯めたポイントでショッピングなどに使えてお得です。インターネットだけではなく、コンビニのATMでも利用できるのがメリットです。使い方はほとんどキャッシングと変わりませんし、比較的利用しやすいです。

現在はインターネットの普及によってインターネット環境が整っている方であれば誰でも簡単に利用することができるようになりました。家で申し込みから審査、契約、融資までをすべてできるのも良い点です。利用履歴などもマイページから見ることができます。それに審査に通ることができるか不安な方に良いのがお試し診断です。

これは消費者金融会社などのサイトでもよく見かけられる審査に通るかどうかが簡単にわかる簡易的な審査で、いくつかの項目に答えるだけでできるため、申し込みをする前にしておくと自信をもって申し込めるのでオススメです。カードローンはいろんな使い方ができるので、うまく活用していくと良いです。ただし事業用資金への利用はだめという場合もありますから、そこは最初にチェックしておきましょう。

返済に関しては期日をきちんと守って返済しなくてはいけません。遅れてしまうと利息がぐんと上がってしまい、結局最終的な返済総額が上がってしまいます。損をしないようにするにはやはり毎月きちんと返していくのが良いのです。しかも信用が落ちてしまいますので、もし次回どうしても必要になった時に利用しにくくなります。

例え直接顔をあわせる機会がなかったとしても人と人、人と会社との信頼関係は融資を受ける時にはとても重要なことなのです。どうしても事情があって返済が遅れてしまいそうな時には早めに連絡をして相談してみるといいです。事情を話すことで、返済を少し待ってもらえる可能性があります。黙って返済を遅らせることだけはしないようにしましょう。

便利なカードローンはいつでも利用者の味方ですが、使い方次第で逆に苦労を背負うことにもなるからです。住宅ローンを借りる場合はまた別に必要な書類などがあることもあるので、担当者にきちんと説明を受けてからにするのが良いでしょう。

【参考ページはこちら】
銀行のローン審査に通れない理由を教えて!