本当に噂通り三井住友銀行フリーローン審査厳しい?

信じられないことを書いたり、信じられる物もあったりとあまりにも色んな意見がたくさんある消費者金融やカードローンですけれども、三井住友銀行フリーローン審査厳しい?というのが一番気になります。なんせ口コミ系の掲示板を見ていたら絶対に出てくる話題ですから。

日本で一番審査が厳しいんじゃないかとまで言われているカードローンですから、やっぱり使ってみると審査に落ちる人が多いのかな?と思います。私としては自信がないし落ちてしまう可能性が高そうなので受けられないのですが、真実はどうなっているんでしょうか

三井住友銀行フリーローン審査厳しい?は人による

もうこのウワサっていうのはカードローンのことを調べていたら絶対に出てきますよね。で逆にすごい審査がゆるいところとして銀行の子会社である消費者金融を紹介するというところが多いみたいですが。こういうカードローンでよくあるウワサの一つかもしれませんが、結論として言うと審査は厳し目ではあります。しかし誰にとってもというわけではなく、ひとによって違うというような感じですね。

ひとによって変わるというのはいわゆる銀行系カードローンというのはいろんな特色を持っています。あるところは専業主婦も借りられるところもありますし、パート・アルバイト向けに貸出をしているところもあります。商品をあえて分けているところもあったりします。しかし三井住友銀行フリーローンというのはそういう商品を別に作ったりしているわけではありません。

フリーローンというのはやっぱり一番厳しいものであり、その中でも三井住友になると更に厳しくなります。先ほど上げたようなあまり借り入れが簡単ではないような職業の人達、パート・アルバイトや専業主婦といった人たちにとっては厳しいでしょう。しかし正社員であれば借入をすること自体はできると言われています。人によっては正社員なら絶対通るというくらいです。

なので三井住友フリーローン審査厳しい?というのは人によるというわけです。その人がどういう職業なのか、どういう仕事をしているのかによってだいぶ違ってくるわけです。正社員の人が借りるのであれば特に問題はなく、審査は厳しかったという話もほとんどでないくらいですから本当にその人によってだいぶ印象が変わります。(こちらもご参考に→審査の甘いフリーローンは本当にある?

世の中のカードローンは三井住友以外にもたくさんありますし、フリーローンでも他にたくさんありますからあえて難しいと言われているところを使う必要性もないかなと思います。うわさで語られているところは審査に通る自身がなければ避けていいと思いますよ。

実際のところ、三井住友銀行フリーローン審査厳しい?

最近になって銀行の多くがフリーローンなどの融資を行っています。フリーローンとは目的が自由なものです。銀行といえばメガバンクと呼ばれる都市銀行がありますが、その中でも規模の大きいものとして三井住友銀行があります。メガバンクといわれるくらいですから、審査は厳しと考える人も多いようです。では、実際のところ、三井住友銀行フリーローン審査厳しい?のでしょうか。

まず、三井住友銀行のフリーローンについてある程度の知識は必要です。ローンにもいろいろなものがあるのですが、特徴を大きく分けるものとして担保や保証人があります。担保や保証人が必要なのかどうかによって、審査が大きく変わるのです。その理由は返済能力が変わるからです。

銀行がローンを提供するときには、もちろんですが返済されなければなりません。返済されることが前提としてローンを提供してくれます。これは考えれば当たり前のことで、返済され鵜かどうかわからないといった状態で、銀行はローンを提供しないのです。それを考えれば、返済能力が重要なのは当然のことだといえるでしょう。

担保も保証人についても、返済能力について影響します。まず担保の意味を把握しておきましょう。もしも返済不能になったときには、銀行は何らかの方法で回収をしなければなりません。このときに、担保を設定していれば、優先的にその担保を売却した資金を回収できます。

たとえば、1億円の不動産を持っていて、それを担保にして借り入れをした場合、もしも返済不能になって自己破産などの債務整理を行えば、1億円の不動産を売却した資金は優先的に銀行が回収できます。ですから、銀行としては回収を確実にできるというメリットがあり、そのために審査には通りやすくなるのです。

保証人も同じようなものです。借り入れをした人が保証人を付ければ、もしも返済ができなくなった時には、保証人が代わりに返済しなければなりません。銀行としては、もしも貸し付けた人が返済不能になったとしても、保証人が代わりに返済をしてくれるということなのですから、安心して貸し付けることができます。

この場合に、保証人は誰でもなれるのではありません。保証人になるためには、保証人としての能力があるかどうかの審査があります。たとえば保証人になりたいと思っていても、収入が全くなければ保証人として認められることはありません。いざというときに代わりに返済できるだけの能力は必要となるのです。これは銀行もきちんと審査します。

担保の場合にも保証人の場合にも、どちらの場合にも銀行としては回収できなくなる可能性は低くなります。そのために、審査には通りやすくなります。ですから、多くのローンでは担保や保証人を必要としているのです。たとえば、住宅ローンなら、購入する住宅を担保に設定するのが普通ですし、配偶者を保証人にすることも多いです。

では、三井住友銀行のフリーローンはどうなのかと申しますと、担保も保証人も必要ありません。担保も保証人も必要なければ、その分だけ審査は厳しくなると考えるのが妥当です。ここまでのことを考えれば、担保も保証人も必要なければ審査は厳しくなるというのは事実なのですが、三井住友銀行のフリーローンは、実はそれほど審査は厳しくありません。その理由が保証会社です。

保証会社とは、保証人になってくれる会社だと考えればわかりやすいです。三井住友銀行のフリーローンを利用するためには、SMBCコンシューマーファイナンスという会社が保証会社となります。SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行の子会社です。この会社が保証会社となり、保証会社の保証会社を受けることができれば、保証人を付けているのと同じなのです。

三井住友銀行のフリーローンで借り入れをして、そして返済ができなくなれば、まずSMBCコンシューマーファイナンスが三井住友銀行へ返済をします。そして、借り入れをした人から回収する権利、つまり債権は三井住友銀行からSMBCコンシューマーファイナンスへと移ります。ですから、借り入れた人は三井住友銀行に返済をするのではなくて、SMBCコンシューマーファイナンスに返済します。

この仕組みがありますから、SMBCコンシューマーファイナンスは審査を行います。保証しなければならないということを考えれば、もちろんですが最終的に回収できるのかどうかを判断して保証するかどうかを判断するのです。三井住友銀行自体も審査を行いますが、どちらの比重が大きいかと申しますと、明らかにSMBCコンシューマーファイナンスのほうが大きいのです。

では、SMBCコンシューマーファイナンスの審査はどのようなものなのでしょうか。SMBCコンシューマーファイナンスというと、三井住友銀行の系列会社ということは知っていても、具体的にどのようなサービスが提供されているのかは知らない人も多いのではないでしょうか。しかし、ブランド名を聞けばおそらく多くの人が知っていると思います。

SMBCコンシューマーファイナンスのブランド名はプロミスです。プロミスは現在でも消費者金融として営業をしていて、三井住友銀行の系列会社となっています。かつては独立した資本を持って独立した経営を行っていました。それが現在のところは子会社となって、三井住友銀行のローンの保証を行っています。

ですから、三井住友銀行のフリーローンの審査は、大半はプロミスが行っていると考えればよいでしょう。消費者金融から借りるための審査だと考えれば、三井住友銀行のフリーローンの審査はそれほど難しいものではないともいうのもわかるでしょう。ですから、担保や保証人が必要ないといっても、それほど審査が厳しくなるということはないのです。

ただ、それが必ずしもメリットであるとは考えるべきではないでしょう。メリットがあればデメリットも共存するというのがすべてにおいて成り立つことで、三井住友銀行のフリーローンにもデメリットはあります。そのデメリットについても把握しておく必要はあるでしょう。

そのデメリットとは保証料を支払わなければならないことです。実際には直接的に保証料という名目で支払うのではなくて、金利に上乗せされているという形で支払います。ですから、その分だけ利息の支払金額は増えると考えておかなければなりません。

もしも不動産などの資産を持っている場合、その不動産を担保として設定したほうが有利です。不動産を担保として設定した場合には、金利を低くすることができて、利息の支払金額も大きくなります。どうせ借りるのなら金利は低いほうがよいでしょう。

ただ、不動産を担保に設定しようと思えば、不動産の価値がどれくらいあるのかを調べなければなりません。そのためにコストがかかるのも事実です。大きな資金を借りるのなら担保に設定するほうが有利になるケースは多いですが、そうではなくて少額の資金を借りる場合には、担保を設定しないほうがよい場合も多いのです。

このように考えれば、三井住友銀行のフリーローンは、どちらかというと少額の借入に適していることが分かります。数十万円くらいの資金を借りるのに適したサービスなのです。数十万円くらいの借入であれば、審査はかなり緩いというのが一般的な傾向で、三井住友銀行のフリーローンも基本的には同じ事なのです。このようなことを考えれば審査があまり厳しくないことはわかるでしょう。

審査はそれほど厳しくはありませんが、誰でも借りられるわけではありません。たとえば過去に債務整理をしたことのある人や、ほかにも借り入れをして延滞をしている人などの場合には、まず借りることはできないでしょう。このようなことがない人の場合には、審査に落ちる可能性は低いと考えられます。銀行だからと言って厳しいというイメージを持つべきではなくて、必要なら申し込んでみましょう。

【参考ページはこちら】
名古屋銀行のローン審査はどのくらいの時間がかかる?