ローン審査が甘い会社ってどうやって見分けるたらいい?

カードローンとか消費者金融に詳しい人って「これは審査が甘い」とか「これは審査が厳しい」というのをどういう風に見分けているものなのでしょうか。どこのサイトでも一人はそういうなんでも知っている人がいたりしますが、ローン審査が甘い会社というのを見分けられるコツというのがあるということですか?

こういうローン審査が甘い会社というのがあるなら、その甘い会社を見分けるためのコツというのを教えてもらいたいです。なんでも知っているものしりな人はどうやって見分けているのでしょうか。

いろいろな情報・口コミ・評価などを総合して判断する

ローン審査が甘い会社に関する情報を求めている人は少なく無いですね。たくさんの利用者がそういう情報が欲しいと思っているようですが、この利用者の人たちに情報を与えている人がいます。それが質問されている方の言うなんでも知っている人ということになるんじゃないでしょうか。ではこのなんでも知っている人は最初からなんでも知っていたか?というとそうではないのです。

実はいろいろな情報を長く集めていた事によって、だいたいのことを知ることが出来るようになったというのが正しい認識ではないかと思います。つまりローン審査が甘い会社というのはいくつか存在しているんですけれども、それらに関する情報というのを公式のサイトであるとか比較している人であるとかブログや口コミなど、いろいろな情報を見て集めていたのです。

そしてある程度その情報の中で正確だと思うものなどを見つけて「これなら信用できそうだ、ここは審査が甘い」というように決めることが出来たというわけです。つまりこういうなんでも知っている人というのは最近になって知ったというわけではなくて、昔から消費者金融やキャッシングに関する情報をくまなく集めることによって、総合的に判断することが出来るようになったというわけです。

なのでコツを掴んで簡単に「ここは審査が甘い」というように判断できるものではありませんから、コツコツと情報を少しずつ集めていくしかありません。情報をコツコツと集めていくことによって審査が甘い業者のことがなんとなく見てわかるようになっていくというわけです。まずは口コミサイトや評価サイト、掲示板などの情報を集めてみましょう。
(⇒ローン審査が甘い業者の探し方を教えて!

時間はかなり掛かるかと思いますが少しずつ勉強していくことで、見抜けるようになっていくと思います。最初のうちは難しいですから、そのなんでも知っている人に聞いてみるのがいいでしょう。そこから少しずつ慣れていくといいと思います。

ローン審査が甘い会社は金利の気をつけることが大事

最近は、多くの消費者金融で即日キャッシングというものが可能になっています。 即日キャッシングの魅力は、審査時間が比較的短くて、審査に通ればすぐ融資してもらえるということです。審査から融資が可能かどうかがわかって、決定するまでが早ければ30分、長くても1時間ほどだというのです。今すぐお金が必要と言う人に嬉しいメリットといえます。

消費者金融を利用するときに気になるのが、審査が通りやすいのか通りにくいのかです。それは銀行系消費者金融なのか、そうじゃないのかでこの違いが出てくるということです。銀行系の消費者金融は審査の基準がやや厳しめになっているということです。それに比べると、普通の消費者金融は少し甘くなっているのです。ローン審査が甘い会社というのが銀行系の消費者金融でないところであるといいます。

銀行系かどうかという事がわかるものが金利だということです。銀行系の消費者金融は金利が低めに設定されているところが多いのですが、普通の消費者金融はやや設定が高めになっているのです。審査が通りやすいと言われているところは、その分金利が高くなっていたり、返済総額がかさんでしまう可能性もあるということです。

平成十八年から改正された貸金業法という法律で、貸し出し額の総額に規制が果たされているということです。貸出し額の総額が、年収の三分の一を超えてはいけないということです。総額とは、全ての額という事です。一つの業者以外からの金額も含めてという意味なので、たとえば、年収で三百万稼いでいるとしても、いくつかの金融業者を利用しても借りることができる金額は百万までということです。

業者は年収の三分の一まで貸してくれるというわけではないということを覚えておくといいです。業者はギリギリまで貸して返済する余力がなくなってしまうということを避けて貸し出しをするのです。返済が滞る事がないように、自分自身でもしっかりと返済計画をたてておくことが必要です。

ちなみに、一社からの借入れ希望の金額が五十万円を超える場合は収入証明書を提出する必要があるので、用意しておくことです。

ですが、ローン審査が甘い会社というのは確かに多くの金融業者にも増えてきていますが、それだけではないのです。

大手の有名な金融業者などは、貸金業法という法律に定められた総量規制の貸し出し枠である年収の三分の一のぎりぎりまで貸し出そうとはしないということです。ときどきですが、総量規定に違反しても貸してくれるところはありますが、間違いなく高金利である可能性が高いといいます。

総返済額が少なくて済むように、と低金利のところで借りればいいと考えている人もいますが、実はそうとは言い切れないことがあります。最低返済額というものがあるのですが、月々に決められている最低でも返さなくてはならない金額をいいます。

その最低返済額を毎月、支払い続けるとします。毎月の支払い金額は少なくてすむのですが、そのぶん返済期間は長くなってしまうのです。つまり、返済額は結果として増えているということなのです。

簡単に言えば、最低返済額で支払って、毎月の返済する金額を少なくするのか、それとも総返済額を少なくするために毎月の返済する額を多めにするのかということです。利率という元金に対する利子の割合を考えると、単純な返済額の基準にはならないということになるのです。

また、ときどきどこで借りても金利は同じだという人もいますが、それは違います。低い金利の業者もいますし、ATMなどを使わなくてもお得な方法があります。しっかりと考えて利用することが大切です。

無利息期間というものを各金融業者ではサービスとして行っていることが多いのですが、その無利息期間はお得に利用することができます。

たとえば、給料日まで少しだけお金が足りない人の場合です。給料日までの数日間を何とかしのぐために、お給料日までの数日分をキャッシングしておくというものです。無利息期間の間に返済できるようにしておくことで、お得になるということです。少額の金額をキャッシングし、その金額を毎月少なくするようにできれば、賢い方法だといえます。

また、あまり利用しない人にはわからないこともあります。たとえば、即日審査だけれど、即日融資してもらえるとは限らないということです。即日融資と即日審査では、融資までの早さがまったく違う場合があるのです。

即日融資というのは、文字通り申し込んだその日に融資ができるということです。即日融資が可能なところは、ほとんどが消費者金融系であるといいます。銀行カードローンは例外的なものを除いて即日融資というのはないということです。

リボルビング払いというものもあります。通称でリボ払いといわれています。簡単にいうと、リボルビング払いとは、返済するお金の残高が減っていくにつれて、それに対する利息が変わっていくもののことです。利息が減っていくのと同じように、返済額も少なくなるようになっているということなのです。

つまり、最低返済額通りで返済を続けていると、なかなか完済すことができないということになるのです。残高スライドを取り入れている業者は全て同じだと考えていいです。一言で言えば、総返済額がどんどん増えていってしまうということです。

早く返済を終えたい、と思っていたり、返済総額を抑えたいというのなら、業者の定めた最低返済額よりも多くの金額の返済をしていくようにしておくことです。各金融業者はいろいろなサービスを行っていますが、それらをうまく利用すればお得になるし、うっかりしていると損をしてしまうということになるのです。

銀行カードローンは五百万円以上の高額の融資も可能になっており、それぞれの返済能力に合わせて利用可能な金額が決済されるということです。利用可能な金額の範囲内であるのなら、ATMなどから何度でもお金を引き出すことが可能です。また、返済もATMから行うことができます。

最近はキャッシングとカードローンはほとんど同じだと考えてもいいということです。銀行カードローンにも、それぞれでいろいろな特徴があります。なので、もし利用するというときにはそれぞれのカードローンの特徴をよく比較し検討することが大切なのです。

また、銀行カードローンよりは消費者金融の方が通りやすいとしか考えていない人もいますが、最近は少し違うといいます。消費者金融は一定の収入があれば誰でも申し込みすることが可能であり、カードローン会社の中で最も審査に甘いといわれています。最近はパートやアルバイト、学生でも気軽に申し込むことができるものも増えてきています。

カードローンには、消費者金融と提携して消費者金融のノウハウを利用している銀行のものもあります。即日審査で即日回答にも対応しているということで、消費者金融と同じような感覚で申し込むことができるということです。

銀行カードローンは総量規制の対象外になっています。なので、無職の人や専業主婦の方でも審査に申し込むことが可能になっているといいます。

銀行は審査が厳しいというイメージがあり、収入証明書の提出などを求められるのではないかと考えている人もいますが、収入に関していえば、消費者金融よりも自己申告で通ってしまう可能性が高いということなのです。収入証明書の提出は、100万円などの借り入れを希望しないかぎり、求められることがないといいます。

審査基準が低いのは消費者金融です。ですが、銀行カードローンは消費者金融系よりも金利が低く設定されており、融資できる金額も大きいというメリットがあります。安定した一定の収入のある人は、はじめに銀行カードローンに申し込んでみるのもいいということです。

ただ、在籍確認などで融通の利かない部分があるので、職場に電話確認などをして欲しくない、という人には向いていないといいます。そのような場合は消費者金融を検討した方がいいかもしれないということです。

【参考ページはこちら】
ローン審査がやさしいところはどこ?