ローン審査が甘い会社ってありますか?

入社三年目のOLです。先月は生活費がピンチでした。特に無駄遣いしたわけではないのですが、給料日の前日に一万円がどうしても足りなくなって、公共料金の支払いに支障が出そうだったので、職場の友人に頭を下げて頼みこみ、なんとか金策しました。

その時とっさに「今度おごるから!」と約束したのですが、なにしろ懐の具合が不安なので、その「今度」というタイミングがいつになるのか分かりません。仲良しなので許してくれると嬉しいのですが……

大学生の頃は実家で生活していたので、はっきり言ってしまえば、お金に困った経験というものがありません。本当に必要な生活費は、黙っていても親が払ってくれます。その感覚が当たり前になりすぎて、払ってもらっているという感覚すらないというのが正直なところ。

かつてこういう暮らしをしてきた人は、私だけではないと思います。就職を機に親元を離れてから初めて、自分があきらめればそれで終わりにできる出費ばかりではないということに気が付きました。いえ、もちろん理解はしていたのですが、初めて実感できたというべきでしょうか。

何度も友人に頼るわけにはいきません。イザトいう時にはカードローンが一枚あると便利だよということを教えてもらったので、このたび、私も申請してみようかなと考えています。ただ、カードローンって審査があるんですよね。

それにどれくらいの時間を取られるのか……仕事だってそれなりに忙しいですし、第一、審査を無事にパスできるのかどうか。そういうところがどうしても不安です。できれば審査が甘めの企業に申し込みたいのですが、ローン審査が甘い会社ってありますか?

審査が甘いというより、即日で結果が分かる会社ならあります

カードローンは、いわば庶民向けの金融サービスなので、審査といってもそれほど基準が厳しいわけではありません。計画的に利用・返済することができる限り、特に問題とはならないわけです。審査の結果も、最近では即日に分かることが当たり前になりました。

例えば過去のキャッシング履歴に問題があるとか、あるいは、年収があまりにも乏しくて返済能力を認めてもらえないとか、審査に落ちるとすればそういう背景がある時ですね。

例えば、年収が二百五十万しかないのに、消費者金融に行って二百万の借り入れをしたいと考えても、そんなものは無理に決まっています。カードローンを申請する際、年収が低ければ審査に落ちるのではないかと不安になる人がいますが、まったくお金を借りることができないというのではなく、一度に借り入れられる金額の条件が低く設定されるという感覚です。

例えば、すでにほかの金融機関から借金をしているのに、その状態でさらに新しくお金を貸してくれるような機関があるとすれば、それはローンの審査が甘いのではなく、単純に悪徳な企業に足を突っ込んでいる可能性が高いのです。

ローン審査が甘い会社を上手に利用する7つのポイント

自動車を購入するには多額の購入資金を用意しなければいけません。ゼロから貯蓄を始めて購入資金を用意するには時間がかかります。また、自動車意外にも生活の中で必要とされるお金は多くありますので、自動車用に限った貯蓄を長期間行うのは難しい場合もあります。

そこで、自動車を購入しやすくする方法の1つとして、自動車ローンを利用する事ができます。自動車ローンは個人向けの融資サービスとして、様々なローン会社が提供しています。知名度が高いメガバンクや各地域の地方銀行等が色々なプランを提供していますが、どのローン会社もローン審査が厳しく、必ずしも融資を受けられるとは限りません。

一方、ローン審査の甘い会社としては自動車ディーラーと提携をしている信販会社やクレジット会社があります。銀行等の審査が厳しい会社と異なり金利が高いというデメリットもありますが、手続きが簡単で審査期間も短く、顧客にとって利用しやすい自動車ローンを提供していると言えます。

しかし、ローン審査が甘くても必ず審査に通るとは限りません。信販会社やクレジット会社に信用を得て、上手に利用するには7つのポイントがあります。

1つ目は、自動車ローンを堅実に利用する事です。例えば、200万円の自動車を購入する時は、頭金を40万円程用意して残りの160万円をローンで支払いましょう。頭金を用意した上で自動車ローンを利用すれば、月々のローン返済も無理なくできます。頭金を多めに用意すれば、審査はより通り易くなります。

200万円全額をローンで支払うのは無理があります。借入金額が大きくなれば月々のローン返済額も大きくなり、経済的に圧迫されるからです。ローン会社は無理のある返済計画を評価しません。自動車の購入代金を全てローンで支払う利用計画を立てた場合は、審査が厳しくなるでしょう。

2つ目は、ローンの利用方法を見直す事です。自動車ローン以外にもローンを利用している方は、契約件数と債務総額を調べてみましょう。どちらも少ない方がローン会社の信用を得やすくなります。

ローン契約件数が多い場合、ローン会社は顧客がこれからも別の会社とローン契約を結んでいく恐れがあると判断します。自動車ローンの利用を申し込んだ時は経済的に余裕があっても、契約を済ませた後に別のローン契約を結び続ければ、ローン返済額は大きくなるでしょう。顧客の経済に余裕が無くなれば、毎月のローン返済は滞ってしまいます。ローン会社は顧客のローン契約件数を重視するものです。

債務総額が多い場合、ローン会社は顧客が自動者ローンの返済に耐えられる経済力が無いと判断します。債務総額が多ければ毎月のローン返済額は大きく、完済までの期間も長いものです。ローン会社が顧客と自動車ローンを契約すると顧客のローン返済額が増して経済状態が悪くなり、毎月のローン返済は滞ってしまいます。ローン会社は顧客の債務総額もチェックします。

3つ目は、様々な支払いをスムーズに行う事です。クレジットカードの引き落としや携帯電話の利用料金に滞納を無くすことで、ローン会社から返済を滞納しない顧客であると判断されます。

ローン会社は信用情報機関等に照会する事で、顧客の情報を調べるものです。この時にクレジットカードの引き落とし不能や携帯電話の利用料金滞納が見つかると、ローン会社は顧客がローン返済を滞納させる恐れがあると判断するのです。ローン会社は顧客の経済力だけでなく、返済を誠実に行うかどうかも審査します。

支払いがスムーズであれば、逆に審査で有利に働きます。クレジットカードの引き落としや携帯電話の利用料金支払いがスムーズな顧客は、ローン返済も滞り無く行ってくれると判断しやすいからです。

クレジットカードを所有していない方や、所有しても使った事が無い方は、審査時間がかかる場合があります。クレジットカードを所有していないのは何故なのか、どうして所有しているのに利用しないのか等、判断をする時間が必要だからです。ただし、マイナスの要素にはなりにくい物です。

4つ目は、情報を正確に伝える事です。自動車ローンの利用申し込みをする時は、必要な書類を正確に記しましょう。ローン会社が顧客の情報を把握できますので、適切なサービスを受ける事ができます。

情報はローン会社にとって重要な物です。ローン会社は顧客の事を理解する事で、顧客が求めるサービスを適切に提供できます。顧客の満足度が高ければ、次の自動車ローン契約にも繋がるからです。

また、顧客の抱えるリスクを察知する事で、融資リスクの高い顧客との契約を避ける事ができます。ローン会社にとって、情報は営業をより良くする事にも会社を守る事にも重要です。ローン会社は正確な情報を伝えない顧客を信用しません。嘘を伝える顧客であれば、特に自動車ローンの契約は難しいでしょう。

5つ目は、十分な経済力を安定して維持する事です。一定の収入を継続して得ていれば、ローン会社は自動車ローンを毎月滞納する事なく返済する顧客であると判断します。

ローン会社が、自動車ローンを安定して利用できる目安とする年収は、150万円から200万円です。ただし、年収がより多くてもローン審査に通るとは限りません。自動車ローンは数年間の返済期間がありますから、ローン会社は顧客の収入が多くても、維持できなければ意味が無いと考えるのです。

もし、就職したばかりで勤続年数が1年未満であれば、自動車ローンの利用は難しいでしょう。顧客がまだ会社や業界に慣れきっておらず、離職のリスクがあると考えるからです。転職を行ってまだ1年未満という方や独立して自営業を始めて間もないという方の他にも、離職率の高い職業に就いている方にも同様のリスクが考えられます。

勤続年数が1年以上になれば、ローン会社も自動車ローンの契約を検討し始めてくれるでしょう。3年以上になれば、安定した経済力を持つ顧客として歓迎してくれます。

6つ目は、自動車ローンの利用申し込み先を絞る事です。多くても2社程度におさめる事で、ローン契約を締結してくれるローン会社を探しやすくなります。

顧客がローン会社へ利用申し込みをした履歴は、信用情報機関で登録されています。ローン会社はこれを照会して、顧客のローン利用申し込み頻度を調べています。短期間で多くのローン会社に利用申し込みをしている顧客は、ローン会社の信用を得いにくいものです。

ローンの利用申し込みが頻繁な顧客は、それだけお金に困っていると判断されます。また、多くのローン会社に利用申し込みが断られているという事は、その顧客は融資しにくい問題を持っていると考えるのです。ローン会社は情報共有を活用してリスクを避けています。

7つ目は、同居する方を選ぶ事です。ローン会社は、顧客の同居人がローン返済やクレジットカードの引き落とし等がスムーズであれば、経済的なトラブルに巻き込まれるリスクが少ないと考えるからです。

もし、経済的なトラブルを起こす同居人が居る場合は、別居をする事で問題が解消されるものです。自分が別の場所で居住するのでも、同居人が別の場所へ移住するのでも、とちらでも構いません。ローン会社は同居をしていない限り問題と考えないものです。

ローン会社は顧客の同居人も信用情報機関に照会して調べています。もし、同居している家族の中にローン返済を滞らせた方が居た場合は、その情報がローン会社に伝わるのです。経済的なトラブルを起こしやすい同居人がいる顧客は、ローン会社から信用されにくいものです。

ローン審査が甘い会社でも、7つのポイントを押さえなければ審査に通るのは難しいものです。自動車ローンを上手に利用する事で自動車は購入しやすくなりますから、利用を申し込む前にローン会社の印象が良くなるように改善を行っておくと良いでしょう。ローン会社から信用を得やすくなり、自動車ローンの審査に通り易くなります。

【参考ページはこちら】
車のローン審査に落ちた理由は何?