ローン審査が厳しいと思うのですが

先日、銀行のローン審査に落ちてしまいました。特に理由も思い当たらないので不思議でならず、悩んでいます。どうせまた申し込んでも、落ちるのだろうなどとも考えてしまうのです。ローンの審査は厳しいと思うのですが、そういうものであって、特に厳しいということではないのでしょうか?

利息が安いということで審査が厳しくなります

確かに、銀行ローンの審査は厳しいわね。これは、利息が安いということがあるからなのよね。利息が安いと、返済していく額も少なくて済むということよね。借りる人がちゃんと返していけるかどうかということが、じっくりと調査されるのよ。

銀行ローンの中でも、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどの種類もあるから、その種類によっても厳しさの度合いは変わってくるわね。共通している審査基準というのは、20歳以上で66歳未満であることや、最後の返済時が71歳未満であること、それに加えて勤務年数や前の年度の年収も関わってくるわ。

この年収は、最低でも200万以上で、これからもお給料をもらえるということが必要ね。この審査というのは、銀行側がしているのではないのよ。専門にしている保証協会がしてくれるの。だから、審査が厳しかったりするのは、保証協会から返済していけるかどうかを調査されるということね。返せるということを口でアピールしても、それだけでは根拠がないということなの。通過できるか待つ間にも不安にもなるでしょうから、心にも多少の負担はあるわね。

ちなみに、この銀行ローンを申請する時には、他社の借金やクレジットの返済は済ませておいた方がいいわよ。特に、消費者金融から借りているとするならば、今後のあなたの返す力を疑問視されてしまいかねないから、返済し終えておいてね。

さて、銀行ローンを個別に見ていきましょう。まずは住宅ローンよ。これは借りる人の個人情報と一緒に、融資の比率と返済の比率を考えて審査されるの。融資比率というのは、買おうとしている家の額と、銀行からこれから受ける融資額の割合のことよ。

返済比率は、借りる人の収入に対しての、ローンの年間での返済の割合のことを言うの。どちらも割合が高いと審査に通るのは厳しいわね。車の購入検討中ならば、金利が低くて安心もできるのが、銀行のマイカーローンね。(こちらもご参考に→オートローンの審査に通らないのはなぜ?

審査が厳しくて審査に時間もかかるから、時間に余裕を持って準備をする必要があるわ。購入した時点で自分のものにできるということもあるわよ。しっかりと教育を受けさせたい、受けたいという人の為の教育ローンは、審査基準が銀行によって異なるわ。基本としては、借りる人が20歳以上で、完済する時に70歳になっていないこと。

2年以上の勤続年数で、150万以上の年収が最低でもあるという基準になっているわ。以上に挙げた内容などとご自分の状況を照らし合わせて、もう一度考えてみてね。

ローン審査が厳しい理由は金融機関には無い可能性

ローンを新しく始める場合には、審査が必要になりますし、複数のローンを利用する場合は、審査の手続きは理解された状態になります。手続きに慣れていればローンの審査を受ける事は難しくありませんが、ローン審査が厳しいと感じる状況は発生しますし、金融機関の基準が厳しく設定されている可能性を疑います。審査が厳しくなる理由は金融機関にあるとは限りませんし、利用者にも原因はあります。

金融機関の審査条件は、内部で管理されていますし、外部に公表される事はないので、一般的に知る事は難しくなっています。内部で審査基準が変更される可能性はありますが、現実的には利用者側に原因が有る可能性を考える事で、審査の通り難さに対する行動が起こせますし、再びローン利用に繋げる事が出来ます。利用者側に問題があるならば、対処は行い易くなりますから、原因の究明が最初の段階になります。

ローンの審査に影響を与える要素としては、過去の利用状況による金融機関からの不信ですし、信用度が減少する理由は様々ですから、それぞれを対処する事によって、新規に希望するローン利用の可能性が得られます。既に利用されているローンがある場合は、返済を完了して清算を行う事が大切ですし、金融機関からの信用を失わない状況を実現する事が必要ですから、新しく問題を発生させない為にも、綺麗に完済を行う事が大切です。

ローン審査が厳しいと感じる場合は、新規のローン審査に原因があるとは限りませんし、複数のローンを利用している事で、審査の結果に影響を与える可能性があります。返済の滞りを発生させた事がなくても、融資の総額が大きくなると収入に対する返済額が膨らみますし、毎月の支出が多くなりますから、金融機関にとってはリスクが大きくなります。返済の実現性を重視する金融機関ですし、短期の遅延に対しても厳しいですから、審査段階で返済能力の確認を十分に把握します。

返済が遅れる事は約束を破る事になりますが、理由があれば相談を行う事が出来ますし、理解される理由であれば納得が得られますから、正直に話を行い返済計画を見直す事で、利用が行い易く返済が現実的になります。新規のローンを利用する場合は、過去の利用を清算する事は大切な手段ですが、急に全ての返済を終わらせる事は出来ませんし、収入を増やす事も現実的には難しくなります。

十分な収入があれば融資の対象として見られますし、金融機関にとって大切な顧客になる可能性を持ちますが、転職や投資にはリスクがあるので、収入アップを実現する事は難しいのです。転職直後は審査の段階で注意が行われる状態ですし、転職前の収入によって融資が認められる事はありますが、多くの場合は新しい環境での評価を行います。収入がアップする事も転職の効果ですし、雇用状況が改善する事もありますが、評価を行うには一定の収入継続が必要です。

投資はリターンを求める行為で、種類によっては大きな収入を得る事が出来ますが、十分な資金が必要になりますし、融資を受ける場合には審査が必要です。投資の結果が大きな収入であれば、ローンを利用する必要は無くなりますし、ローンが必要な状況でもお金の余裕が生まれるので、お金を持つ事による自由度は高まります。気持ちに余裕を持ち仕事が行えれば、無駄な出費を避けた生活が行えますから、審査を受ける段階で有利になります。

気持ちに余裕が生まれれば、ローン審査が厳しい状況で審査を通らなくても、諦めずに再び審査を受ける気持ちは維持出来ますし、原因を特定する為に必要な時間を持てるので、無理なく原因を特定して改善出来ます。状況を良い状態に変える事が出来れば、審査の厳しさを乗り越える事が出来ますし、融資が実現して返済を行う段階でも、無理なく毎月の返済が行えます。気持ちに余裕を生み出す収入アップや投資の効果は、必ずしも実現出来るとは限らないのです。

リスクを分散した投資は大切で、将来的なお金の余裕に繋がりますし、複数の対処法を考え実行する事により、生活の余裕やお金の自由を実現出来ます。ローン審査が厳しい現実はありますし、繰り返し審査を受けても通らない事もありますが、焦りや諦めは可能性を閉じますから、生活を維持する方法を考えて、ローン審査に向けた準備が役立ちます。前向きな生活を行う事により、審査通過と基準を満たし融資が実現する日は近くなります。

信用の大きなマイナスがなければ、ローンが実現する未来は近付きますし、ローンの返済が終わっていない段階であれば、支払いの継続で完済される日は訪れます。ローンや借金が綺麗にない状態を実現出来れば、再びローン審査を受ける場合に余裕がありますし、ローン審査が厳しい経験を行っていても、将来的には状況が変化する可能性は十分にあります。状況が変化する事で顧客に対する対応も変わりますから、過去の清算を行い返済能力を取り戻す事で、新規の利用を考える事が出来ます。

金融機関には顧客が欠かせ無い存在ですから、失う事は避ける必要があり、大きな問題が無ければ利用は認められるので、ブラックや無職でなければ利用は可能です。ブラックリストの登録は削除が難しいですから、最も避ける必要がある状況ですし、大きな問題を繰り返さなければ、登録される心配はなくなります。油断はブラックリスト登録に繋がるので、毎月の返済は必ず行う必要があります。

無職がローンの利用を考える事は現実的ではありませんし、返済能力や収入源はありませんから、金融機関から認められる事はないので、一般的には利用が考え難くなります。クレジットカードであれば無職を対象とした金融機関はあるので、高い金利に納得する事が出来れば、返済能力が小さくても、融資を受けられる可能性は残されます。ローンサービスは大手の金融機関が主に提供していますから、無職で利用出来る可能性は低く実現するには不利になります。

収入の保証がある主婦は夫の収入次第で認められ、収入の余裕に対する限度額が定められるので、認められた範囲内で利用する事が出来ますし、お金の自由を手にする事に繋がります。パート収入が収入源として利用出来れば、金融機関から融資額の増額は考えられますし、限度額が引き上げられる事によって、更に利便性が向上します。便利に活用出来る状況は役立ちますが、返済計画が必要な事には違いがありませんし、無計画な利用は家族に迷惑を掛けます。

家族がローンの利用を知っている場合は、利用状況が確認されますし、無理な利用が行われていれば注意されますから、返済が滞るリスクは減らす事が出来ます。家族に対して秘密のローンを利用する事もありますし、自立して融資を受ける事はありますから、責任を自覚して利用する事と共に、無理なく返済出来る範囲で収入を考えた利用が必要ですし、返済が難しくなると家族に知られる原因となります。

収入が不安定な場合は利用が難しくなりますが、利用が認められる事はありますから、限度額を最大限に活用するよりも、余裕を持って使う事が大切です。利用金額を抑える事が出来れば、収入が減少した場合にも対応出来ますし、他の支出に対する割合とのバランスが取れるので、困った状況で余裕を持てます。余裕を持つ事はローン以外にも大切で、生活の中で気持ちを楽に出来ますから、責任を背負う必要がある場合は、余分な重さを感じない事が大切です。

大人には責任がありますし、社会的な責任感と行動が求められるので、お金の利用場面では特に大切ですし、信用を担保に融資を受ける場合には、約束を守り信頼に応える事が欠かせ無いのです。信頼関係は友情や家族の間で強まりますが、ビジネスの場面でも影響がありますし、金融機関と顧客の関係でも信頼が強まる事はあるので、返済能力を活かし継続的に支払いを行う事により、長期的な返済の継続が信用と信頼関係に結び付きます。

【参考ページはこちら】
ローン審査が厳しい銀行ランキング