おまとめローン審査は他の融資審査に通らない人でも大丈夫?

高い物が欲しいからとローンを組み、手持ちが足りないからとカードローンを使う…そんな日々を繰り返していたら、ある日さらにお金を借りようとしても審査に通りませんでした。やっぱり、たくさん借りすぎたら融資を受ける事はできないんですね…当たり前の事ですが、借金が膨れあがるまで気付けませんでした。反省です。

しかし、この複数の借金もおまとめローンをすれば楽になるという事で、次に借りる融資はこちらにしようと思います。おまとめローンは複数の借り入れがあって大変な人が使うという事なので、例えば私みたいに他の融資審査にはもう通らないような人でも、確実に借りられますよね?そうじゃ無いとおまとめローンとしての需要が満たせないと思うのですが、おまとめローンでも意外と普通の審査をされるという話も聞きましたので、念のために確認しておきたいのです。

おまとめローン審査は他の融資審査に通らない人でも大丈夫か、それをどうか教えて下さい。よろしくお願いします、今からは真面目に返済していきますので。

他の融資審査に通らないとなると楽とは言えません

余計なお世話かもしれないけれど、質問内容を見る限りこれから先大丈夫かどうかイマイチ心配なのだけど…知らず知らずのうちに借金が重なっていたっていうのなら、今後は融資を出来るだけ使わないのをお勧めするわよ。融資を際限なくあったらあっただけ使ってしまう人というのは、簡単に生活態度を改められないとも言うからね。

おまとめローンっていうのは、あなたが言うように借金に苦しむ人の救済措置になっているのは事実ね。だけども、おまとめローンっていうのは苦しむ人を救う以前に、金融業者側の利益になるように立ち回らないといけないのよ。つまるところ、おまとめローンをしてあげても返済が出来なさそうな人の場合、融資をしてくれないって事もあり得てしまうのよね。
(⇒どうしてもおまとめローン審査に受かるには

で、普通の融資審査でもそれは同じで、返済が期待できない人には融資を行わない方針なのは一緒なのよね。じゃあおまとめローンと同じという事は、普通の融資審査で厳しいと判断されてしまうのなら、おまとめローンでも同じように思われてしまう可能性が高いのよね。つまり、あなたの現状はおまとめローンを楽に受けられるとは言えないってわけなのよ。

最も、おまとめローンは総量規制も無いから今現在の融資総額で規制される事も無いのだけど、たくさんまとめるほど貸し付ける上でのリスクは大きくなっていき、おまとめローンでも少額なら簡単に通過できるという都合を考えると、現状は楽観視は難しいでしょう。今すぐおまとめしたい気持ちも分かるけど、普段使っている銀行みたいな借りやすいところで相談してみてはどうかしら?

【参考ページはこちら】
おまとめローン審査に通りやすいところはどこ?

ローン審査に通らない人にはどのような特徴があるか

住宅ローンにしても車のローンにしてもローン審査に通ることが出来なければローンを組むことが出来ません。ローンを利用する際には申し込み時に審査があります。これはローンによって前借りするということは、返済も後で必ず行うことになり、返済が出来る人であるかどうかを判断するために審査が行われます。

ですので、ローン審査に通らない人というのは、何らかの原因があることになりますが、審査では返済の支払能力があるという適切な判断が下されなかったがために、審査に通ることが出来なかったと言えます。では審査に通らない人というのはどのような特徴があるのでしょうか。

審査に通らなかった理由はこれであるという断定は出来ません。これはローン審査を行う会社によって審査の判断基準が違うためであります。このような事由があれば審査に通ることが難しくなるという傾向として、よくある理由のひとつには携帯電話の通話料金を未納にしている人の場合です。

携帯電話は機種変更をすると機種代がかかるものもあり、機種代の支払は分割払いにすることが出来ます。こうして支払うことはローンを組むことになり、普段の携帯電話の使用にあたる通話料などと合わせた料金で請求が来ることになっています。口座振替で支払う方法を設定していた場合、口座内の残高が不足していると、口座引き落としが出来なくなります。この料金の支払いの滞納はローンを組む際に審査に通らない要因としてみなされることがあります。

また借入れの経験がある人で金融事故を起こした人もローンの審査には通らなくなります。借入れを行い返済が滞ることがあっても遅滞が3か月以上続くと金融事故としてみなされます。また自己破産をした場合は10年の間はローンの利用が出来なくなってしまいます。

借入れの支払の遅滞も一度のみならず何度もあるような場合でも、ローン審査では返済能力のない人と判断され、審査に通るのが難しくなります。またキャッシングのような借入れ以外にも、クレジットカードを利用して返済が遅れてしまったり、返済が出来なくなってしまうなどの状況にある人の場合でも、ローンを組む際の審査では信用に欠けると判断され審査に通りにくくなります。
(⇒ローン審査、一度落ちたところで再チャレンジできる?

税金の滞納に関しても、ローン審査では審査に通らない判断基準となります。税金の滞納も消費者金融からの借金やクレジットカードの遅滞などと同じく、支払の遅滞として信頼が出来ないと判断されることになります。年金保険料についても未払いの期間があれば、ローンを組む際に審査に影響します。たとえば学生の時に年金保険料の支払いをしていなかった期間がある場合、あたらしくローンを組むことが難しくなります。

クレジットカードに関してはキャッシング枠があるものは、ATMでカードを入れるだけで簡単にお金を借りることが出来るので、金融機関ではこれが借金であるとみなされることがあります。こうしたキャッシング枠のついているクレジットカードを沢山持っているとローンの審査に通ることが難しくなってきます。

ローンを組む際には持っているクレジットカードを見直し、使用していないクレジットカードがあれば解約するのが良いでしょう。またよく利用しているクレジットカードでも利用していないキャッシング枠があったら、キャッシング枠を外す手続きも出来ます。各クレジットカード会社で電話による受付などで、このような手続きが可能です。

金融機関が審査のために使う指定情報信用機関では、ローンなどの申し込みを行った人の信用情報や返済の支払の状況を確認出来るようになっています。ここでの情報から客観的に判断され、返済能力がない人であると判断された場合はローンの利用が出来なくなります。

住宅ローンのように長期にわたる返済を行う場合、返済を行っている本人が死亡したり、高度な障害が残るような状況になった場合には、その本人に代わり団体信用生命保険によるローン残務の支払が出来ます。ローンを取り扱いほとんどの記入機関はこの団体信用生命保険の加入をローンの審査の通過の条件としています。

団体信用生命保険とは住宅ローンの借主が死亡や病気などで支払いが出来なくなってしまった時に、住宅ローンの支払を免除するという保険です。ほとんどの住宅ローンではこの保険の加入が融資を受ける条件にもなっています。

これは保険になりますので加入の際には健康状態を問われることになります。
これは生命保険の申し込みをした時と同じく病院に行って診察を受けたり、健康状態を告知する必要があります。この加入の際に思い病気にかかっていたりすると団体信用生命保険に入れなくなりますので融資が出来ないことになり、ローンを組む際にも審査に通らなくなってしまいます。

ただし住宅金融支援機構のフラット35や一部の金融機関では、団体信用生命保険に加入しなくても借入を行うことが出来ます。ローンの申し込みをして審査に通らなかった結果が来たとしても、金融機関によってはローンの利用が出来る審査に通ることがあるかも知れないので、一社に限らず数社でローンの申し込みを行うことが安全でしょう。

ローンを申し込んで審査に通りやすくするためには、現在の自分自身に借金がある場合、すぐに清算することです。ローンを組むために頭金の貯蓄をしていても、借金がある場合には審査に通りませんので、その貯蓄を借金の返済にまわすなどして、先に借金の返済を行った方がローンを組みやすくなります。

また夫婦で収入がある場合でしたら、夫婦の年収を合算してローンの申し込みをするという方法もあります。物件の評価額に対して収入が少ないために審査に通らないということもあります。その場合どちらか一人の収入よりも夫婦二人分の収入の方が大きくなるので、夫婦で収入があったら二人の収入を申告する申し込みが審査に通りやすくなると言えます。

住宅ローンに関してはその額はとても大きなものとなり、返済期間も長い間で設定をして分割で返済することが出来ますが、物件の価格に関しては自分たちの家庭でローンを組んでの返済が可能であるかを考えてみる必要もあります。つまり設定した返済期間で支払いの出来る額の物件を購入することが望ましく、返済期間も計画を立てて自分自身が払うことの出来る期間と支払額を考えて設定することが望ましいでしょう。

住宅ローンに関しては誰でも借りられるものではありません。返済にあたり何の問題もない人場合は心配は必要ないですが、借入れ要件を満たしていないと考えられる人は出来るだけ審査に通りやすくするための事前準備をしておくことも重要です。車のローンが残っている場合でも、清算を行なえば審査には問題なくなるでしょう。

他に借入があるからと言って、必ず審査で断られるとも限りません。しかし他での借り入れはローンで利用出来る額に影響を及ぼすことがあります。ですので可能な限り他の借入があった場合に完済をしておく方が良いでしょう。

また金融機関は審査の際に必ず他での借入の情報を確認します。借入がある場合はローンの申し込みの際に隠さずに申し出をしましょう。これらの経歴を隠して申し込みを行った場合は審査に通りません。借入れに関してはキャッシング以外にもクレジットカードの利用の残高がある場合もこれらの借入に含みます。

審査には安定した収入があれば通りやすくなりますが、定収入があるにしてもその働き方と勤続年数も審査の際には重視されるところです。収入の額が良くてもその安定性が注目され継続性に不安があると判断されがちな契約社員などの非正規雇用の場合、金融機関によってはローンの審査に通りにくい場合があります。

勤続年数も収入の安定性を問うために最低でも3年の勤続年数は必要になると言われています。これが転職により同じ業種や業界に就職した場合は、勤続年数が短くても審査に通ることがあります。