池田泉州のローン審査ってどんな感じですか?

入社三年目のサラリーマンです。目下、カードローンの申請を検討しています。というのも、つい先日に冷や汗が出るような経験をしたからなのですが。実は、市税の引き落としを口座から自動で行えるように申請しているのですが、ある日、自宅の郵便受けに市からの督促状が届いていました。今まではそんなこと、本当に一度もなかったので驚いたものです。見ると、期日までに税金の支払いが完了していないという知らせでした。

これはさすがにおかしいと思った私は、すぐさま自分の銀行口座を確認しました。すると、案の定というべきか、預金の残高が空っぽで……早い目に気づいて本当によかったと思います。もう少し放置しておけばどれほど悲惨なことになったか。

給料日前に生活費が足りなくなる(市税の引き落とし未完という事態は、さすがに特殊かもしれませんが)という事態を経験したのは初めてです。親元を離れると、こういうトラブルも起こりえるんですね。大学生の頃はいかに親に頼っていたかということを痛感しました。カードローンを申請するなら、審査が手軽で、なおかつ利用者に優しいサポートサービスが充実している者がよいのですが、そんなカードローン、なにかありますか?

池田泉州は、カードローン「パッとサッと」が好評です

利用者に優しいサポートサービスが充実しているカードローンといえば、池田泉州の「パッとサッと」が好評です。公共料金の引き落としなどで万が一預金口座の残高がなくなっても、自動でお金を融資してもらえるので、たいへん助かります。もちろん、どういった原因で預金の残高が不足したのか、その事情によってはこのサービスが当てはまらない場合もあるのですが、基本的には、いざという時に大助かりのシステムです。
(⇒ローン審査がゆるい金融会社一覧

通常の利用、つまり、任意での融資を受けたいと思った際にも、提携している最寄りのATMから、限度額の範囲で何度でもお金を下ろせます。借りたお金をきちんと返済する限り、カードローンそのものに利用期限などはありません。

また、借りたお金を返済する手順も、とても手軽です。毎月の期日(十日が基本)になると、手持ちの口座から自動的にお金が引き落とされ、なにもしなくてもお金をきちんと返済したことになるのです。もちろん、これ以外にも自分の好きなタイミングで借金を返済することは可能です。

カードローン「パッとサッと」は、満二十歳以上六十五歳未満の方で、安定した収入があり、過去のキャッシング履歴に問題がなく、未返済の借金などがなく、保証会社の契約を受けられる男女であればだれでも申し込めます。審査において難解な項目は特にありません。資金の使い道は特に指定がなく、事業資金を除けばどのような用途にも利用できます。融資の限度額は十万円か三十万円の2通りです。

【参考ページはこちら】
沖縄の銀行はローン審査が甘いってホント?

ローン種類とローン審査。池田泉州銀行について

ローンは英語で「loan」と書き、意味としては「何かを貸す」という意味です。一般には、銀行や信用金庫などがお金を貸すという意味で用いられており、またそれぞれの目的に合わせた商品名として使われています。ローンといってもおおまかに分けて2つの種類があり、使用する目的を限定したローンと、使用する目的を限定しないローンがあります。

使用する目的を限定したローンは、住宅ローンやマイカーローンなどで、何らかのものを購入するさいに使用できるものです。またものを購入しないものとしては、教育ローンや医療ローンなどがあります。教育ローンは子供の入学金、学費や海外留学費用を借りられるもので、医療ローンは自由診療である先進医療を受けるさいに借りられるものです。
(⇒ピアノのローン審査ってどうなってる?

これらローン審査は個別に行われ、またローン契約である金銭貸借契約もひとつの借り入れに対してひとつずつ結ぶことになります。一方で、使用する目的を限定しないローンは、あらかじめ貸付けを受ける金額を設定しておき、いつでも自由な時にお金を借りることができるサービスです。

キャッシュカードにその機能を付与したカードローンや、フリーローンなどがあります。これらを利用するさいには貸付けを行なっても返済が確実に行われるかの審査を受ける必要があります。

貸付け審査は住所や氏名、生年月日の確認と勤務先と勤務先の住所と連絡先および勤続年数と年収、また居住実態や居住年数や他社からの借り入れの有無と借り入れがあった場合、その金額などが対象になります。

また個人情報を確認するための身分証明書や収入を示すための収入証明書などを用意する必要があります。基本的には自己申告制によるところが大きく、勤務先への在籍確認などがあるものの、在籍を確認するだけで収入まで聞かれることはありません。そのため借りる側は確実にお金を返せることを証明する必要があります。

ローン審査でもやや特殊なのが住宅ローンです。住宅ローンは、本人と家族が住むために家を購入するために利用できるローンで、家は一戸建ての建売や注文住宅、分譲マンションなどの新築のほか中古でも利用ができます。

また近年は住宅ローンの適用範囲も広がり、大規模なリフォームや増改築などにも利用できます。このさい建物に付属する形で土地も購入できるメリットがあります。これらを購入するさいには最低でも数百万円を用意する必要があり、殆どの人の場合には年収の数倍のお金を用意することになります。そのため、銀行や信用金庫などの金融機関などが提供する住宅ローンを利用することになります。

また住宅を購入するというのは経済的な波及効果も大きく、国の政策として税の優遇を受けられるメリットもあります。一方で、借り入れる金額が大きいため審査もしっかりと行われるため、審査に通るまでに時間がかかります。

通常、審査に通る基準は公開されておらず、各金融機関が内部基準を定めて貸付けの可否を判断しています。そのため、多少条件が悪くても通る可能性がありますし反対に条件が揃っていても通らない時もあります。

一般的にローンは収入の2割りから3割り以内であれば、返済の負担にはならないと言われており、住宅ローンの場合には収入の2割りと返済期間で借り入れが可能な金額をシミュレートすることができます。ただし返済期間が長くなればなるほどお金を借りるための手数料である金利を多く支払うことになります。住宅ローンの返済期間に関しては一般的に最長35年が設定されていますが、これよりも早く返済でき、かつ収入の2割りを超えない程度の返済であるのが望ましいとされています。

また購入するさいに頭金を入れることも重要とされています。住宅ローンでは、万が一返済不能に陥ったさいには、その住宅を売却して弁済に充てることになりますが、このさいに頭金の有無と金額が大きく影響してきます。住宅は購入した時点から評価額は下がっており、ローンの借り入れ金額残高を下回っています。このため頭金を入れない場合には住宅の評価額がローンの借入残高を上回ることがないため、売却した時点でローンが残るリスクが高いためです。

なお、住宅の立地が良く地価が上昇などしている場合には、頭金を入れなくても評価額が上回る場合がありますが、現在の日本では地価が上昇する場所は少ないため、地価上昇によるローン相殺は期待できません。

一方で、頭金を入れておけば、数年後にはローンの残高に対して評価額が上回る可能性が高く、万が一、支払い不能になって住宅を売却しても、ローン残高が残らないまたは残ってもわずかな金額ということになります。

どちらにしても金融機関からすれば、貸したお金を必ず返してもらえることを前提に貸付けを行うため、これらの諸条件が重要になってきます。また住宅ローンを借りるさいには、基本的には団体信用生命保険への加入が義務付けられており、生命保険への加入が可能でなければローン審査に通らない場合があります。これらの条件をクリアすることで住宅ローンを借りることができます。

住宅ローンを借りるメリットは、住宅を購入するための資金が調達できるほかにも、その借りている金融機関が提供している各種ローンを1%ほど利率を割り引いて利用できる場合があります。

基本的に金融機関が提供しているローンは、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどと比べて利率が低く設定されており、それをさらに下回る金利で貸付けを行なってくれるため、住宅以外の家具や自動車、また教育などの資金調達を有利に行えます。

池田泉州銀行は、大阪府大阪市に本店を置く地方銀行で、池田銀行と泉州銀行が2010年に合併して発足したものです。池田銀行は、池田市を地盤とし、大阪府北部と兵庫県の東部を中心に営業しており、また隣接する京都府や東京都にも支店と支所を持っていました。

一方で泉州銀行は、大阪府岸和田市に本店を置き、大阪府南西部である泉州地域を地盤とした銀行でした。泉州銀行は三和銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)と関わりが深く、池田泉州銀行は三菱東京UFJ銀行系列となっており、大阪府全域と兵庫県東部を営業エリアとしています。商品は一般的な銀行業務のほか、保険や各種ローンを提供しています。

住宅ローンでは、一般的な住宅ローンのほか住宅購入の際に必要となる諸費用や、フラット35やフラット50を取り扱っていますし、住宅借り換えローンや住み替えローン、また女性専用や共働き向けに夫婦同時借入ローンなどを提供しています。(こちらもご参考に→住宅ローン審査に通れない理由は?

また目的別ローンでは、自動車やオートバイの購入や借り換えに使えるマイカーローンや教育ローン、太陽光発電やオール電化などにも対応したリフォームローン、さらに用途が明確であれば利用できる多目的ローンがあります。

多目的ローンは、結婚や旅行、趣味やレジャー、買い物、入院・治療、家具・家電、介護、楽器、エステ・美容、葬式、引っ越しなどの各種目的のあるお金の使用であれば借りられるものです。また変動金利ですが5%程度の低金利で利用することができます。

またフリーローンやカードローンも用意されており、こちらも金利が7.625%から14.7%と金利が抑えられています。また住宅ローンを借り入れている段階では、目的ローンの利率が割り引かれるメリットもあります。

またマイカーローンでも銀行ローンが有利です。ディーラーローンなどの場合には、所有権がディーラーにあるため、返済完了までは勝手に自動車の買い替えや譲渡などができませんが、銀行のマイカーローンでは、購入した時点で購入者に所有権があるため、売却や譲渡を自由に行えます。また一部繰り上げ返済も出来ますし、手数料も無料です。

また新車でも中古車でも自動車の購入であれば同じ金利で借りることができるメリットがあります。またマイカーローンでは車の購入だけでなく車検や免許取得にも利用できます。