ローン審査の簡単な方法はこんな感じ

入社6年目のサラリーマンです。昨年、かねてよりお付き合いのあった女性と結婚させていただき、彼女のお腹には子供もいます。どうやら女の子だそうです。いや、子供の性別は別にどうでもいいのですが(笑) こうなると、お金のことをきちんと考えなければいけません。なにしろ子育ては高い買い物です。前もってきっちりと、できる限りの備えはしておきたいのです。

子育てに直接関係のあるローンといえば、やはり教育ローンか住宅ローンといったところでしょう。どんどん学費が高く突くようになっていると言われる昨今、ローンはバカにできません。最低でも何百万の単位でお金を借りるとすればどうなるか。

そして、子供ができたら現在のアパートは手狭になってしまうので、もう少し環境のいいところに引っ越しをしたい。すると住宅ローンもぼちぼち考えなければいけません。

特に住宅ローンは審査が厳しいと言われています。家は子供と同等か、あるいはそれ以上に高い買い物です。金策はきちんと考えたいのですが、職場の同僚に色々と話を聞いてみると、住宅ローンの審査に落ちる人は多いのだとか。

審査に落ちるという話を聞かされると、それが直接的なものでなくとも、じゃあ自分の場合はどうなってしまうのかと不安になりますよね。厳しい審査を簡単にパスする方法などがあればいいのですが。

住宅ローンの審査を不安なくパスできる方法って、なにかありますか? どなたかお詳しい方、教えてください。

住宅ローンの審査で最も重要視されるのは、年収です

厳しい言い方をすれば、住宅ローンの審査を必ずパスできる方法はありません。融資の目的が住宅の購入資金ということで、審査が厳しくなるのは当然のことです。審査の際にはとりわけ年収(つまり個人が持つ借金の返済能力)が重要視され、はっきり言って、十分な収入が評価されればそれだけで審査をパスできると言っても過言ではありません。

簡単にローンの審査をパスする方法というのを、短い時間で審査をパスするという表現に置き換えた際には、そのための方法がいくつかあります。

通常、住宅ローンの審査には営業日換算で2~4日かかると言われていますが、融資額の返済能力を認められるだけの十分な年収があり、さらに、過去のキャッシング履歴等に問題がなく、利用者の側に何の問題もないと判断されれば、わずか一日で住宅ローンの審査を完了できる場合だってあるわけです。

審査にできるだけ時間をかけたくない場合は、審査の際に要求される書類などを、あらかじめ過不足なく揃え、年収や家族構成など、審査の際に尋ねられる項目について問題なく答えられるようにしておけばよいでしょう。

キャッシングカードローン審査の簡単な方法

キャッシングローンやカードローン審査の簡単な方法は、インターネットで申込みをして契約手続きやカード発行手続きは自動契約機で行うことです。なぜこの方法が簡単な方法かというと、お金を借りたい人の中にはどうしても緊急性に迫られており、1秒でも早く融資を受けたい人がいます。

そのような方は銀行系のカードローンであると最短で即日で融資をしてくれる会社もあることにはあるのですが、消費者金融と比べるとスピード融資をしてくれる会社はまだ少なく審査に関しても非常に厳しいものがあります。

急な出費にすぐに対応しなければならないのに銀行系のカードローンに申込みをして、その間ずっと審査結果が出るのを待っていたら融資は断りとなってしまったとなるとその時間が無駄になってしまいます。その点、消費者金融ですがスコアリングシステムという独自の自動与信システムがあるために審査結果がでるのがはやいのです。

審査結果だけであれば最短で30分程度で結果がでるのです。スコアリングは、過去の膨大な顧客データの統計に基づいており、ローン申込み者と似た属性モデルの人はどのような統計が出ているかそ瞬時に計算し最適な限度額結果を出してくれます。結果がでればあとは、契約手続きをして借りることができます。一番はやく審査が済んでキャッシングができる方法となると店頭窓口に直接申込みにいくことです。

しかし、10年前くらいまではどこの駅前にも消費者金融の店舗があり店員がいたのですが、その後に有人店舗であったお店が無人化となり、無人化とはATMと自動契約機だけが置いてあり店員がいない店舗です。無人化が増えていった影響により大手の消費者金融でも有人店舗は県にひとつかふたつ程度しかなくなってきています。店頭窓口であれば、申し込みから審査、契約手続き、カード発行すべての手続きがその場絵できます。

また、人対人ですので、もし急ぎであればそのことを店員に伝えることで至急対応もしてくれます。しかし、非常に店舗数が限られていますので、店頭窓口を利用できる人は少ないです。また、店頭窓口が近所や通勤途中にあり寄れる人でも、店頭窓口の申し込みは確かに審査がはやいのですが、自身がある場合に限られます。

せっかく店頭窓口に足を運んで申込みをしても審査結果が断りであった場合は、その時間が無駄になってしまいますし、人前で隣にのカウンター席に別のお客さんがいる状況で融資を断られてしまいますので、断られて退店するとどういう顔をして退店していいか困ったり悔しさや恥ずかしさなどがありますので、店頭窓口での申込みは余程お金に困っている人でなければ勇気のいることなのです。そのため一番効率の良い方法がインターネットで申込みをすることなのです。

インターネットであればパソコン、携帯電話、スマートフォンから24時間365日どこでも申し込みができます。自分の都合のよい時間外に申込みができるのです。インターネットであれば非対面申し込みですので、気軽に申し込むことができます。

また、審査結果もメールで受け取れます。審査結果を確認してから、あとは自動契約機に来店して契約手続きをするだけです。インターネットで申込をしてインターネットで契約手続きもできるローンの商品もありますが、結局のところ融資は銀行振り込みになります。

そのため、融資金額を銀行振り込み依頼するとなると銀行ATMに行かなけらばならなくなります。その点、自動契約機でカード発行手続きすれば、契約完了後にすぐに併設してあるATMで融資を受けることができますので、すぐに現金を手元にすることができます。

このような理由から、効率よくスピーディーに融資を受けるには、まずインターネットでカードローンの申込みをして、その審査結果をメールで受け取り融資可能であれば自動契約機で契約手続きをすることです。

しかし、至急融資はしてほしいけれどどうしもて来店契約することができない、忙しすぎてそういった暇がない場合ですが、その場合はやはりインターネットで手続きをすることです。インターネットで契約手続きしても即日で銀行振り込み融資を受けることができます。だたし、インターネットで申込みをして確実に即日融資を受けるにはいくつか注意点があります。

まずは、申し込みをする時間帯です。インターネットだからといっていつでも申し込みはできるのですが、審査時間帯があります。どこの金融業者もほとんど同じ時間帯なのですが、審査時間帯は朝9時30分から夜21時00分までの間となっています。

そのため結果連絡が来る時間帯もこの間になります。即日融資を受けたいのに深夜の時間帯に申込みをしてもすぐに結果連絡はこないです。翌日の午前中になってしまうのです。なぜかというと、審査では個人信用情報機関が利用されます。

この信用情報機関から信用情報が取得できる営業時間帯、情報提供時間帯がありますので、信用情報機関が営業時間を終了すれば情報を取得することができないので審査をすることができないのです。

また、インターネット契約をして即日融資を希望する場合には銀行振り込みでの融資となるのですが、振り込み可能時間帯があります。多くの金融業者の場合は即日振込対応時間帯は14時前後までの契約完了分となっています。

そのため、審査時間が14時を過ぎてしまったばあには即日融資対応できず翌営業日の融資金額振込となってしまうのです。そのため即日融資を希望する場合には、午前中の内には申込み手続きは完了させておくことです。そして、土日や祝日の申込みです。土日や祝日であっても消費者金融のコールセンターや自動契約機は稼働していますので申し込みができます。

しかし、ネックになるのは在籍確認の審査です。会社が休みの日に時間があるから申込みをしたといっても、自分が勤めている会社も休みでは在籍確認の審査で電話をしても誰も電話に出る人がいませんので、確認をとることができないのです。急いでいない場合は、休み明けに再度会社に電話をして確認がとれれば融資をすることができますが、即日融資を希望している場合は休み明けでは遅いのです。

これはカードローン会社によって異なるのですが、消費者金融では独立系の消費者金融と銀行系の消費者金融の2つの経営形態があります。銀行系の消費者金融は、親会社が銀行になっていて、ローン申込み者に貸し出す融資金の調達も親銀行から行います。

そこで、カードローンの審査が通って融資ができると決まったら、その親会社の銀行口座を持っている場合に、その口座を振込先に指定すると24時間振込対応している場合があります。他銀行を振込口座にした場合は時間制限があります。そのため、申し込みをする前に銀行口座が24時間振込対応かどうかも調べてから申し込みをすることです。

また、もっとローン審査の簡単な方法としては電話連絡や書類郵送をしてこないカードローンを申し込むことです。これはインターネットでカードローン申込みをして、インターネットで手続きして電話連絡や契約書類といった書類の郵送手続きもなく契約できる商品もあるのです。これであれば、自宅に書類が送られてくると困る方や会社に在籍確認で電話されるのも困るという方でも安心して申込みをすることができるのです。

ではどのようにして、在籍確認をするのかというと保険証の提出です。保険証の種類が、社会保険証や組合員保険証、共済保険証であると企業に勤めていない限り発行されない保険証になります。つまりそれを写真撮影して画像を提出することで在籍確認となり働いてることの証明となります。

残念ながら国民健康保険証の方は保険証を提出しても在籍確認となりませんので、申込には対応できないです。インターネットで完結する申し込みはカード発行がないので銀行口座のやりとりでの取引となります。

【参考ページはこちら】
ローン審査結果、即日で分かる?