ブラックですが、おまとめローンの審査が受かる所ありますか?

佐々木と申します。30歳、独身の一般的なサラリーマンです。実は、かなり借金があります。今、働いているのは、ほぼ借金を返す為と言う状態になっています。

情けない話ですが、一時期FXにハマってしまいまして。勝ってた時は良かったのですが、そして、勝っていた時にかなりの買い物をしたのが、地獄の始まりでした。クレジットやネットでバンバンと好きな物を買い、「俺は今最高に勝ち組だ!」などと思っていた自分が本当に恥ずかしいです。

その次の月には、軽く1000万のお金を溶かしてしまいました。それで、目が覚めました。不幸中の幸いは、その1000万円は、前の月の勝ち分だったので、その分の借金はしなくて済みました。今思うと、借金とかしてまで、勝ちを得ようとしなくて本当に良かったです。

結局、その後は、かなりの高額の買い物の支払いに追われる毎日になりました。正確には、支払いはいきなり出来ないので、支払いの分のお金を消費者金融で借りてきて、それも複数の会社から借りて、何とかとりあえずの支払いを済ませて、一部の支払いは、ちょっとだけ待って貰ったりするなどの、色々な策を講じて、何とか買い物の支払い自体は全て終わりました。でも、その後はひたすら消費者金融のお金の返済だけの生活になりました。

ご飯ともやしだけの食事も普通にありましたし、ふりかけだけの日とかもありました。この半年ぐらいで、軽く5キロぐらいは痩せましたね。

しかし、それだけ切り詰めても、消費者金融の返済はどうしても期日を守る事は出来ませんでした。いくつかの会社では、3ヶ月ほど遅れた事があり、本当に困りました。一度、その状態で、また他の消費者金融からお金を借りようとも思いましたが、当たり前ですが、審査には受かりませんでした。

どうやら、私はブラックになってしまった様でした。そんな私ですが、友人からおまとめローンの話を聞きました。もし、これの審査に受かれば、また少しは人間らしい生活が出来る事になります。

しかし、ブラックの私に審査に受かるおまとめローンがあるのでしょうか?どうか、その辺の事を教えてください。よろしくお願い致します。

おまとめローンの審査はブラックの方にも寛容です

佐々木さん、ご質問ありがとうございます。借金を返すだけの生活、本当に大変だったでしょうね。お気の毒様です。

何とか、この苦しみを解放する為にも、質問にお答え致します。ブラックでも、おまとめローン、実は審査受かります。ただ、複数の消費者金融に申込んでいるのが、ちょっとだけネックです。5社以上から借りていると、おまとめローンでも、審査に通るのが難しくなる、と言われているからです。
(⇒ブラックの人の場合のおまとめローン審査

佐々木さんの借りている消費者金融会社の数が、5社以下であるならば、十分におまとめローンの審査に受かる可能性はありますので、特に銀行系のおまとめローンを是非、利用してみてください。

同じ消費者金融のおまとめローンもありますが、佐々木さんが融資を受けたのが、消費者金融からなので、同業種のおまとめローンは審査が通りにくい、と言われているのです。(こちらもご参考に→借金だらけの人がおまとめローン審査に通るには

以上の事を踏まえて、何とか、今のキツい状況を打破してみてくださいね!

おまとめローン審査ブラックで落ちた場合の申し込み

個人向けのローンは、銀行を初め消費者金融、そしてクレジットカード会社が用意しているキャッシング商品などが有ります。

ローンの申し込みを行う時には必ず審査が行われることになりますが、この審査基準というのは、お金を借りる銀行や消費者金融、クレジットカード会社などの基準が有りますので、これを満たしていなければならないと言う事は言い難いものです。また、返済能力を満たしていても、審査に通らない事も有るのが特徴なのです。

返済能力を満たしていても審査に通らないと言うのは、申し込みブラックの状態であったり、ブラックリストに掲載されている状態などであり、お金を貸す事でリスクとなる申し込み者に対しての審査は却下するのが一般的なのです。

おまとめローンと呼ばれているローン商品を用意している銀行や消費者金融は多くあります。おまとめローンと言うのは、他の金融機関から借りているお金を1本化させる目的で利用する事が出来る個人向けのローン商品です。

幾つかの金融機関を利用してお金を借りている場合、返済を行う期日が異なる事で、うっかり返済日を忘れてしまうと言う事もあります。

また、返済を自動引き落としにしている時などは、返済できるお金が口座に在れば自動引き落としで返済が進められて行きますが、口座にお金が無い場合には、引き落としが出来なくなりますので、返済が行われずに遅延と言った形になってしまいます。

返済日にはきちんと一定額のお金を支払う事がお金を借りる人の義務になるわけですが、うっかり返済日を忘れてしまったり、返済できるお金が口座に入っていなくて返済が出来なかったと言ったことが複数の金融機関からお金を借りている事で起きる可能性を高めてしまうのです。

おまとめローンは、他社債務の返済用の資金として利用出来るローンで、このローンを利用して2社や3社などから借りている借金を全て返済する事が出来るようになっているのです。

因みに、ローンには利用使途と言うものが有りますが、住宅ローンであればマイホームの購入資金としての利用使途が有りますし、教育ローンであれば塾や学校などの教育費用として利用が可能です。

また、マイカーローンは自動車を購入するための資金や、車の修理、車検と言った目的で利用する事が出来るようになっているもので、これらのローンと言うのはそれぞれ利用使途が決められているのが特徴なのです。

おまとめローンも同様に、他社債務の一本化や借換えとして利用出来る以外の使い道では利用する事は出来ません。
しかし、個人向けローンの中には利用使途が自由で、尚且つおまとめローンとして利用する事も出来るようなローンも有ります。

おまとめローンは、金利が低いローンを利用する事でメリットが出て来ると言います。
これは返済期日を忘れてしまう事や、口座に返済用の現金が無い事に気が付かないと言ったものではなく、金利が低いおまとめローンを使う事で得られるメリットなのです。

このメリットがどのようなことなのかなのですが、現在の借金の貸し付け金利が年利15.0%だとします。おまとめローンの貸付金利が13.5%だとしますと、貸し付け金利の差というのは1.5%になるわけです。

貸し付け金利は月々の支払額に含まれる利息に対応していますので、金利が低いおまとめローンを利用する事で月々の返済額に含まれる利息を減らす事が出来ます。また、月々の返済額が減る事で返済における余裕と言う事が起きることになりますし、利息が少ない分、早く返済を行えると言う事も出来るのです。

2社や3社などからお金を借りている場合などでは、それぞれ金利が異なりますので、おまとめローンを利用してローンを一本化させることで、返済額が減ると言ったメリットが生まれてくるわけです。

所で、おまとめローン審査ブラックでは審査に通る事は出来ません。おまとめローンは他社債務の借り換えやローンの1本化のためのローンですが、金融ブラックや申し込みブラックの場合では審査に通らないのです。

ブラックと言うのは大きく分けて2つの種類が有ります。1つは金融の中での事故を起こした場合のブラックと、短期間に複数の金融機関に申し込みを行い、審査に落ちてしまうと言う申し込みブラックの2つがあるのです。

しかし、ブラックの状態と言うのは特別なリストが有るのではないのです。良く、ブラックリストと言う言葉を耳にしますが、ブラックリストと言うリストがあるのではないのです。

お金を貸す金融機関、金融業者などは信用情報機関と呼ばれる企業に加盟をしているのです。この信用情報機関というのは、国内には3つの機関があり、消費者金融、クレジットカード会社、そして銀行はそれぞれ個別の信用情報機関に加盟をしているのです。

信用情報機関は、個人を特定することが出来る個人信用情報を管理している機関であり、消費者金融、クレジットカード会社、そして銀行はそれぞれ信用情報機関が管理を行っている個人信用情報を照会することが出来るようになっているのです。

審査では必ず個人信用情報を照会する事になりますので、個人信用情報に問題があれば審査に通る事が難しくなるのです。

因みに、銀行などは全国銀行個人信用情報センターと呼ばれている信用情報機関に加盟をしています。
銀行での申し込みや照会の記録などが個人信用情報に記録が行われています。

また、銀行でお金を借りて遅延をしてしまったり、延滞をしている場合には個人信用情報に記録が残されることになります。遅延は1度程度であれば審査に通る事も有りますが、延滞はブラックリストに掲載されている状態と言う事になりますので、審査に通る事は無いのです。

因みに、消費者金融や信販会社などでも信用情報機関が管理をしている個人信用情報を照会しますが、消費者金融や信販会社などは銀行が加盟をしている信用情報機関の個人信用情報を照会する事は出来ませんので、銀行で遅延をしてしまったと言う情報は入手する事が出来ないのです。

しかし、銀行の個人向けローンの保証会社などは、消費者金融会社や信販会社が行っている場合が多くあります。審査は、銀行だけではなく保証会社も行う事になりますので、銀行が照会出来る個人信用情報に問題が無くても、消費者金融会社や信販会社が照会出来る個人信用情報に問題があれば、審査に通る事が出来なかったり、審査に時間がかかる事もあるのです。

延滞と言うのは、返済期日を過ぎても返済を行うことなく、数か月間そのままの状態にしてあることを意味しており、返済能力が有るかどうかなど関係なく、返済を行わないでいたことを意味していますので、審査において不利な状態になるのです。

また、延滞はブラックリストに掲載されている状態でもあり、審査の時に照会される個人信用情報に延滞の記録が有る事で審査に通る事は出来なくなるのです。

更に、自己破産もブラックリストに掲載されると言われているものであり、自己破産の手続きを行った人はブラックの状態になっていますので、審査を通る事は出来ないと言う事なのです。

おまとめローン審査ブラックは、ブラックの状態でもおまとめローンの審査に通ることが出来るのかと言う事になるのですが、ブラックの状態では審査に通る事は難しいのです。因みに、申し込みブラックと言うのは、短期間に複数の会社に対して申し込みをしている事を意味しています。

信販会社、銀行、そして消費者金融はそれぞれ申込みに来た人の個人信用情報を照会していきますので、この照会の記録が短期間に複数掲載されることで申し込みブラックになってしまうのです。

銀行で初めて申し込みをした時、銀行が照会出来る個人信用情報に何ら問題が無くても、銀行が保証会社として選んでいる消費者金融などが照会出来る個人信用情報に複数の申込み履歴や照会の記録が残されている事で銀行でのおまとめローン審査も通らなくなってしまうと言う事なのです。

【参考ページはこちら】
おまとめローン審査は甘い?厳しい?